« 手塚治虫のオキナワ | トップページ | 松葉杖vs自動改札 »

2014/04/21

松葉杖ライフ

 さて、捻挫をしたのが5日、かかりつけの接骨に見せて「整形でレントゲン撮れーヽ(#゚Д゚)ノ!」となったのが7日、総合病院でレントゲン撮って「中〜重症の捻挫」の診断で人生初のギプス+松葉杖となったのが8日。それから2週間、本日ギプス+松葉杖ライフに別れを告げることができましたーヽ(´▽`)/。予定通りとはいえ、やれやれでございますです。

 ぢぶんは元々足首の向きがちょっと明後日についていて、正座ができない以外はそんなに困らないんですが、よく転ばない程度に内反しまして。それでも元が頑丈なのか、ここまで盛大にやったのは初めてでした。ま、せっかくなので、初の松葉杖ライフで気づいたことなどをちょこっと書いておこうかと思います。「転んでもただじゃ起きない」って奴ですな。それとまあ、身の回りで松葉杖体験者というのが意外と少なかったので、参考までに。

 というわけで、今回は「やってみて気づいた、これは困った&やめてくれ」的なことから。

 多少の時差出勤は自主的にやってましたが(←上と交渉中だけど今のところはただの「遅刻」扱い)、とにかくいちばん怖かったのはカートです。特に後ろに引くタイプ。あれ、ちょうど足首辺りを直撃するんですよ。しかも引いてる本人は自分のカートがどこにあるかわかってないし、順調に引いてるようでも、どこで跳ねて向きが変わったり倒れたりするかわからない。

 あと歩きスマホ/携帯。2週目に入る頃になると、こちらも多少機敏になってきますが、初心者のうちは、正直、そんなに前見てられないんですよ。1メートル先の地面見るのでいっぱいいっぱいな感じ。
 で、最悪なのが、カート引きながらのスマホ/携帯。結構多いんだよ、これが……。

 子供がふざけてるのも怖いですけど(実際ぶつかられましたけど)、向こうが機敏なだけに(年齢によるけど)回避率もそこそこあるので……いや、親御さん止めてください。道路はまだいいんですが、スーパーの中とか、エレベータの回りとか、回避しようがない場所は特に。
 一度、通勤路であったんですが、子供が「あの人なあに?」みたいに親御さんに聞いたり、じろじろ見たりするのは、個人的には構わないので、むしろそういうチャンスに「ああいう杖を持った人を見たら、回りで走ったりふざけたりしたらダメ。ぶつかったらケガがもっとひどくなるかもしれないし、避けられると思っても避けられないこともあるから」と教えてほしい。もっとも、ぢぶんは短期使用なのがわかっているのでそういう余裕もあるんであって、長く使っている人が長年教材にされ続けてたら、イラっとくるのは当たり前だとも思います。

 あとびっくりしたのはエスカレータ。松葉杖は基本A型の体勢(頭を頂点とした二等辺三角形)で使いますから、意外と幅を取ります。だって杖の間に身体が入ってるんだからさ(笑)。ぢぶんも実際にやってみるまでは実感はなかったんですが、2人が並べるタイプのエスカレータだと、大体2/3近い幅を使います(杖がなければちゃんと1/2で収まりますよ−)。

 その狭い隙間をまあ人が通るわ通るわ( ̄▽ ̄)。熟若男女問わず通る通る(「老」の人はそもそも歩かない)。もちろんスマホに集中しながら通り抜けていく人もいるけど(←杖で転ばしたろかと思うぞ)、前が松葉杖だろうが、脇がどんなに狭かろうか突き抜けていきます。ぢぶんはギックリ腰がくせになってた頃、エスカレータで上り下りする人の、鉄下駄でも履いてるんかいっていう「ガンガンガン!」って振動に苦しめられていたので(そっと歩いてくれりゃまだしも)、極力エスカレータでは歩かないですけど、それにしたって。

 でもまあ、そこまではまだ想定内としてもだな。乗り降りの瞬間に脇をすり抜ける、あれはどういう了見なのか。ぢぶんは割に要領がよかったらしくて、初回から乗り降りはスムーズにできたんですけど、それでもそれなりに集中して杖を突く場所やタイミングを計っているわけで。で、杖を出したところを足で払われそうになるわけですよ、その後ろからすり抜けようって人に。足踏み2回してる間に体勢保持できるんだから待たんかー!ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・; 
 エレベータのあるとこばっかりじゃないんだよーー。特に乗り替え通路や地下鉄は。

 (正しい松葉杖の持ち方

|

« 手塚治虫のオキナワ | トップページ | 松葉杖vs自動改札 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手塚治虫のオキナワ | トップページ | 松葉杖vs自動改札 »