« ダイナマイトどんどんどん | トップページ | 喜八監督の「斬る」 »

2014/05/05

連休は。

Ca3k1109

 連休ももう1日で終わりだし、と思って、冷蔵庫に残ってたワインをクラブソーダで割って飲んだら、ブログ書けんようになってしまったよわははははは( ̄▽ ̄)。

 ええと、そんなわけで3日に「ダイナマイトどんどん」を見て、4日に同じシネマヴェーラの岸田森特集で岡本喜八監督の「斬る」を見て、今日は松山の「シンデレラ」(山川・刑部組)を見ました。大変よい連休でした。6日は家の仕事をする。衣替えとか、トイレ掃除とか。あとクリーニングに出しに行かなくちゃ。なにせ、この一ヶ月、ほとんどうっちゃらかしでしたからねえ。そう、今日で捻挫してからちょうど一ヶ月なのですよ。はー。片足ふんばれないというだけで、できない/しづらいことってたくさんあるんだなあ。ぢぶんは長くても一ヶ月というのがわかっていたので、治るまでやらない、という選択をしたわけですけど、これが半年とか一生とかになれば、それでもなんとかやる工夫をしなくちゃならないってことなんだなあ。

 シネマヴェーラは、結局会員になってしもうた( ̄▽ ̄)。400円引きになるので、チラシ送付1400円会員になっても、4回みれば元が取れます。もう2回見たw。そして来週からは野村芳太郎特集で、できれば2本見たいし、その次には千葉真一特集が待っています。「沖縄やくざ戦争」やらないかなあ。あと「新幹線大爆破」。

 東バの夏の日程もいろいろ出てます。海外公演の中にK村さんの名前がないのに気を取られて、杉山くんの「舞楽」デビューを見落としましたっΣ( ̄ロ ̄lll)! ごめんなさいごめんなさい。小品とはいえ初主演なのにっ! 見たいよう、見たいよう。杉山くんが真ん中を踊る日が来るとは(←ヒドイ)。持ち前の繊細さが上手く出るといいなあ。

|

« ダイナマイトどんどんどん | トップページ | 喜八監督の「斬る」 »

コメント

大変だったですね。改めて健康のありがたみを感じます。例えば指一本痛めても、作業しづらいことこの上ないですからね。車椅子など補助具つけている方を見ない日はもはや無いというくらい当たり前な日常となってここ数十年ですが、果たして我々が幼い日からどれくらいバリアフリーになったかと言うと、はなはだ疑問ですからね。自分の行動にも気をつけて行きたいです。

投稿: おロシア人 | 2014/05/08 13:13

え!Σ( ̄□ ̄;)
松葉杖2本で、買い物カゴに品物を上から落下させてる?
すみません、大笑いしてしまいました。

骨折は~危険な習い事をしてるのでね~足指とか肩とかあるけど、
中央線は健康でも日々試練なわけで
特に足指の骨折時はいつ踏まれるか怖くてたまらなかったです。
どうせ?靴もはけないので、下駄で行ってた。
下駄だと高さがあるので踏まれないし、目立つので骨折してることがわかるしね。

あと最も(横並びの思い込み)と思うのが、上るよりも下りが大変なのにってことです。
登山だと登る人が足をとめて下ってくる人を通すのが礼儀じゃない?下るほうが大変だからなのよね。
エスカレーター、下りがない駅はすごく多くて
でも、足元がよく見えなかったり、足に負担がかかり、滑ったりするのは下りなんですよね。
上るほうがらくなのよねー。

お大事に!冷やすと治りが遅くなるから冷えに気をつけてくださいませ(≧人≦)

投稿: 矢羽 | 2014/05/08 14:09

おロシア人さん、どうもです〜。
短期だったのでいろいろネタに使ってますが
長期だとそれどころじゃないですねえ。
ぢぶんは患側の足がつま先だけは使えたのもあって
(常にドゥミポワントみたいな状態にw)、
段差やエスカレータは割と平気で、
立ってる時に手が使えないのがいちばん難儀でした。
もちろん、してもらって嬉しかったこともいろいろあったので
それについても書いておくつもりです。
やっぱりなってみないとわからない事は多いですね。

投稿: 綾瀬川 | 2014/05/09 02:54

矢羽ちゃん、どうもです〜。
だから、やってないって>品物落下。
落としたの喰うの自分だもんよ(笑)。

でもねえ「横並びの思い込み」は逆もあって、
最初のギックリ腰(骨盤落とし)の時は、
下りの方が圧倒的にラクだったんだよね。
とにかく腰が曲げられない(前屈みになると激痛)ので、
トイレも和式の方がラクだったという(←2番プリエで座れる)。
逆に上体を起こせないときもあって、
やっちゃった時の具合によって、ホントいろいろ。
下りが大変な人だけでは絶対になくて、下れるけど上れない人もいて、
だから両方必要なのよ。

投稿: 綾瀬川 | 2014/05/09 03:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダイナマイトどんどんどん | トップページ | 喜八監督の「斬る」 »