« ダイナマイトどんどん! | トップページ | 連休は。 »

2014/05/04

ダイナマイトどんどんどん

 続きです。

 いやー、そんなわけで面白かったですよ「ダイナマイトどんどん」。ヤクザ映画と野球映画の両方のパロともオマージュともつかぬ感じの。ほかのチームはそれなりの野球のユニフォームなのに岡源ダイナマイツだけ白のステテコに腹巻きだったりね。

 よその論評で「北大路欣也がいちばんクセがない」的なことが書かれてましたが、まさにそうなってしまうくらいにほかのメンツが曲者だらけ( ̄▽ ̄)。
 とにかく菅原文太がよく動くわ−。顔も身体も忙しい。常にケンカしてるか野球してるかみたいなもんで。「野球なんて子供の遊び」とかタンカ切っちゃったものの、みんな野球に夢中でだあれも相手にしてくれなくなっちゃったときの拗ね拗ねっぷりがたまらんかったりして( ̄▽ ̄)。
 で、出入りに行くのに一張羅を大量のナフタリンとともに箪笥から出して、水垢離して、仏壇に挨拶して出かけると、兄弟分というか、組では加助と五分の留吉が、加助の心情を察して待ってるわけですよ。加助の家の直ぐ近くでね。で、「ナフタリン臭ぇ」って。そういう映画。

 そういう映画ってどういう映画だよってことなんだけど、でもなんか「そういう映画」なんですよ。一所懸命なのにどこかオカシイ。歯車がずれたとかではなくてね。人生ってなんかいつも可笑しいよね、っていう。「可笑しい」と「悲しい」は同じ事かもしれないな、って。

 三下の石橋正次が若いよ! 実年齢はそれほどでもないような気がするけど、もう高校球児でも通用しそうなくらい(笑)。殴られてばっかりの役だけど、なにやってもカワイイ。
 アル中のピッチャー役の田中邦衛はもう、出てるだけでギャグ。存在がギャグ。すごいわー。アラカンの岡源は、脳梗塞か何かで言語障害がある役なんだけど、それが何かにつけて「にんきょー!!(任侠)」って叫ぶのがね。もうさすがアラカンとしかいいようのないおかしさで。で、その通訳をする側近が中谷一郎。決勝戦の主審に大前均、それがデッドボール(審判にだからそうは言わないのか)で退場した後には草野大悟とくれば、もう可笑しくないわけがない。スコアボード裏、橋伝側の野球賭博チームにはクールなのにピンクのスーツの岸田森、三下のイデこと二瓶正也がハイテンションに盛り上げる。がっちりついたMPなんぞはモノともしないあまりの乱闘ぶりに、GHQの司令官が「第七艦隊を出動させる」といえば、所長の藤岡琢也が「第七艦隊でんなんでんもってこい!」と怒鳴り返す。「パンパン」たちはヤクザにむかってタンカを切り、ダグアウトの上でブラジャーを振り回しながら応援合戦だ。

 このエネルギーは何なんだろうなあ。スクリーンからはみ出して、ダダ漏れどころか洪水を起こさんばかりの。78年という時代、(舞台となった)50年という時代、それぞれあるかもしれないけど、喜八監督の描く人々は、みんなどこかエネルギッシュでアナーキーだ。喜八監督は「民衆」を信じてるんだなあ、と思うよね。時に応じて、それは「民衆」だったり、もっとミニマムな「人」だったりするんだろうけど、根本的なところで「生きる」ということを信じてる人の映画だな、と思うんだよな。

 ちょっとだけ気になったのは、GHQ側の脅し文句の「オキナワで強制労働させるぞ!」ってヤツで、実際にラストは岡源・橋本両組まとめてオキナワ行きなんだけども。もちろん50年は軍政下だし、78年は復帰以降なんだけどもね。ある意味「アラスカ」「シベリア」と同じように扱われているのが興味深くはあるっつうか。

 そして50年といえば、戦争の影のまだ濃い時分。GHQの存在自体がそうだし、「どうせ特攻帰りだ−」という台詞も出てくるけども、何よりその影を背負ってるのはフランキー堺の五味監督。最後の大乱闘の最中に橋伝組の撃った弾が監督に! と思ったら、何のことはない義足貫通なんてネタもありつつ(←そもそも監督も松葉杖で散々人を殴ってるわけだが)、銀次がかつて詰めた指で投げる球が魔球(ドロップとかだけど)になると知った石橋正次が決勝戦前に自ら指を詰めたのがわかったときには、「戦争でもないのにこのバカが」と降板させたり。もみ合う中で、手袋の中のかつての「黄金の右手」がやけどで失われていることがわかるのもこの場面。そしてラスト前、出征前の最後の公式戦でのライバルとの対決をしみじみと語り……。

 思えばこの翌年の79年に、「最後の早慶戦」を撮るんだよなあ(←これは公開時に見た)。

 円陣組んで「ダイナマイツ〜」「どんどん!」(←足を鳴らす)。原作の「新遊侠伝」からタイトルを「ダイナマイトどんどん」にしちゃう、そのセンスには脱帽だあ( ̄▽ ̄)。

|

« ダイナマイトどんどん! | トップページ | 連休は。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダイナマイトどんどん! | トップページ | 連休は。 »