« 千葉ちゃん祭中 | トップページ | 東京大地震M8.1(前ふり) »

2014/06/28

チバちゃん祭中ですよ!

 さてそんなわけで、渋谷シネマヴェーラのチバちゃん祭(こちら)、この1週間で「新幹線大爆破」「赤穂城断絶」「宇宙からのメッセージ」「東京大地震マグニチュード8.1」と4本見て終了のはずだったんですが(そしてポレポレのドキュメンタリーの方へ戻るはずだったんですが)、「チバちゃん、もっとみたいよう! 時代劇のチバちゃんがみたいよう ヾ(*`Д´*)ノ"!」になってしもた……。やっぱり来週の魔界転生に行こうかなあ、ウルフガイに行けばよかったなあ……ぶつぶつ。

 いつ頃からチバちゃんを見てたのか、遡ってもよくわからないんだけど、多分「柳生一族の陰謀」(TVの方)か「戦国自衛隊」かなんだよねえ。「柳生一族」も「戦国自衛隊」も、映画館ではなくてTV放映しか見てないから、時期的には多分TVの「柳生一族」の方。ばあちゃん子で小さい頃から時代劇好きだったし、母親がヤクザものとか空手もの、刑事ものは見せてくれなかったから(まあ小学生でヤクザものは……)、入り口は時代劇だわな。

 年齢的に真田広之よりもちょっと下だから、千葉・志穂美・真田の3点セットで売り出し始め、JACがスタントというより「アクション俳優集団」としてわーっと盛り上がった頃に高校生で、そりゃもう夢中で見ましたともさ。コマ劇のミュージカルにも行ったしね。黒崎くん、春田さんのファンで、晴海(当時)ではダイナブラックやって。黒崎くんの役が「完璧に脇」から「メインの脇」になり、山本さんとか崎津さんとか、どんどんクレジットに名前が出てレギュラーの役がついて……っていうのが嬉しかったなあ(←高校生なのに生意気であるが、高校生だから生意気である、とも)。

 ……今思うと、東バの若手を見るのとちょっと似てるかもね。上がっていく過程を楽しむっていうか。

 ま、そんな感じで。

 「赤穂城断絶」はテレビでみてるけど、あとは初見。「東京大地震……」は映画ではなく、木曜ゴールデン劇場(1980)で作られたテレビドラマだけど、2時間ドラマとは思えないお金のかかりようと特撮でした。うんまあ、テレビドラマっぽいところも確かにあるんだけどな。あとの3本、シネスコだし。そして3本とも丹波哲郎が出てるし( ̄▽ ̄)。いやー、出演映画は300本以上ってWikipediaにあったけど、そりゃ何見ても出てるって時代があるわけだよねえ。「宇宙からの……」は多分、3シーンしか出てないと思うけど、出た瞬間に笑いが起こるという( ̄▽ ̄)。いや、ぢぶんも笑いましたけど。「また出てるよ!」ってな具合で。大体、前のダンナと最初に行った映画が「丹波哲郎の大霊界」だよ……。なんでそんなことになったんだろう(←多分、新聞屋にチケットもらったんだと思うんだけども)。

 ま、それはともかく。

 「宇宙からの……」はまさしくその「3点セット」+成田三樹夫という鉄板だし、「東京大地震……」はアクションなしでもチバちゃん全開、ってこともあって、……やっぱりなんやかんや言って好きなんだよねえ、と、あらためて思いましたよ。てか、ちょっと惚れ直しました( ̄▽ ̄)。チバちゃんの「映画バカ」っぷりがガンガンくるのよ。そゆのが、好きなんだよな、きっと。

|

« 千葉ちゃん祭中 | トップページ | 東京大地震M8.1(前ふり) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉ちゃん祭中 | トップページ | 東京大地震M8.1(前ふり) »