« なんてこったい…… | トップページ | ロビー模様替え »

2014/07/05

東京大地震M8.1

 千葉ちゃんの見過ぎで何が何だかわからんようになってきた( ̄▽ ̄)。短期にこれだけ集中して映画館で見たのは初めてかもしれないなあ。学生の頃は大井武蔵野館で3本立てとか普通に見てたけど、そこは学生とて行ける回数はたかが知れてるし、実家から大井まで1時間半じゃきかないくらいだったしね(←そもそも最寄り駅まで3キロ近いというゲゲゲの里……orz)。これもある種の「大人買い」的な。
 「空手バカ一代」が意外に面白かったな。50年代の沖縄が舞台で、どこの沖縄だよおい、みたいな気もするんだけども、「かっこよくて、やさしくて、でもただのバカ」という千葉ちゃんの魅力満開でありました。

 でもとにかく「東京大地震」の方をがんばろう。

 80年当時で1億5000万円の製作費、というのが、テレフィーチャーとしてどれくらいのものなのかよくわからないんですが、とにかく特撮シーンの派手さといったらもうたまらん( ̄▽ ̄)。バンバンバンバン、爆発しまくり、火ぃ噴きまくり。もちろんミニチュアがほとんどですが(←これだって製作費スゴイ)、映画館のロビーに貼ってあった当時の新聞(雑誌?)記事によると、作り直しがきかない「一発撮り」しかできないために、カメラ3台で撮ったとありました。そりゃそうだよなあ。ファイヤースタントはいうまでもなく、カースタントも結構あったのでは。

 まあテレビドラマですんで、CMをはさんで使い回し、とか多少はありましたけども。

 阪神淡路・東日本のふたつの震災と、その間の中越をはじめいくつかの「大地震」を経た今となっては、いやまあそこまでは……的なところもないわけでもないですが、80年当時に直下でM8があったらわからないかもなあ、とも思います。首都高がバンバン落ちてる場面もありますが、実際阪神では高速が落ちたしね……。実際、ぢぶんがマンションを買おうとした時にも(買わなかったんですけど)、「オイルショック前か阪神以降にしろ」と言われたくらい、地震災害に対する備えって変わったと思うんですよ。それ以前の無防備さってあると思うわけで。ぢぶんも311の時は会社のキャビネットに殺されかけたし。

 ええと、直下じゃなくて相模トラフか、映画の地震は。閣議でも判定会でも、東海にばかり目を奪われて相模トラフ=東京を中心とした南関東については無防備だったと反省(?)する場面はありますが、確かにあのころって基本「東海大地震」ばかりが言われてたよなあ。東海、東海言ってるうちに阪神が来た、みたいな印象がある。
 閣議での「すぐに発表するとパニックになるから、自治体にすべての備えができたら発表しよう」っていうような取り決めだの、その取り決めにもかかわらず自分の娘だけはアメリカに逃がそうとする大臣とか、今となっては妙なリアリティもあったりするんだけども。

 今の目で見ると、自衛隊のヘリが運んで来た物資の奪い合いで、高木一尉が殺される場面はNGなんだろうな。「みんな、秩序正しく並んで待ちますよ」的な感じで。あれも、きっかけは機動隊の発砲なんだけども。自衛隊と機動隊(しかも乱闘服)が渾然一体みたいにその場にいて(自衛隊が運んできたところで機動隊が群衆を整理するはずだったのか?)、押しかけてきた人たちに動揺した機動隊の1人が催涙弾(多分)を上に向けて威嚇発砲しちゃうんだけど、それに「撃ったな!」と憤る人たちと「撃つな!」という高木一尉だの配給をもらった千葉ちゃんだのとでもみ合いになって、さらにもう一発撃っちゃったもんだから収集つかなくなるという。80年だと、「機動隊」(しかも乱闘服)に対するリアリティって今と違うと思うし、催涙弾も水平撃ち直撃で死者が出たわけだから。
 ……警察、嫌われてるな( ̄▽ ̄)。

 他方、自衛隊に関しては「がんばりました」的な感じというか。高木一尉は新婚さんで、妻の方は団地で家具の下敷きになったりしてましたが(←でも意外と軽傷)、「心配じゃないですか」という後輩のコ・パイとの「心配したところで任務から離れられないだろ」的な会話も。航空部隊は、練馬と木更津が東京、相馬原が神奈川の救援、という分担になっていたような(←ナレーションがあったんだけどうろ覚え)。新宿は壊滅してるけど、池袋サンシャインはそれなりに無事だったらしく、孤立した人の救援要請の通信が入ったりしてましたな。ヘリから高木一尉たちが見る東京の惨状は阪神の時の光景を彷彿とさせるもの。力の入った撮影になってたけど、一部空襲後の写真もあったようななかったような……。

 新宿であれだけの道路被害(地割れと車両火災含む)が出る地震で、練馬から陸路代々木公園に部隊展開するのは無理でないかなー、と思うけど、まあそこはドラマだし。類焼が懸念される中野の桃園小に救援に向かったはずの高木一尉がなぜか、千葉ちゃんたちのいる屋外の避難所(河川敷だったような?)に降りたりとか、ええまあ、それもドラマだし。

 今から見て「ない」のは「津波」ですね。湾岸のコンビナートはバンバン爆発してますが、主な舞台が新宿ということもあって、水害はない。今は銀座辺りも津波の被害が、と言われてるけど、当時はそういう意識はなかったような気がするなあ。

 あと1回で終わります。

|

« なんてこったい…… | トップページ | ロビー模様替え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんてこったい…… | トップページ | ロビー模様替え »