« めぐろバレエ祭り白鳥&ボレロ | トップページ | めぐろの眠り »

2014/08/11

パーシモンホールのアクリル板ヽ(`Д´)ノウワァァァン

 前回パーシモン・ホールを使ったときのメモはこちらなんですが。

 渋谷がダンジョン化して、二度と渋谷から東横線に乗るかいっ(正確には乗れるかいっ)になりまして。ジョルダン先生にご託宣をお願いすると、「埼京線渋谷駅から東横線乗り替え」などという無理難題を言いつけられて半泣きになったりするのでありますが、よくしたもので、池袋から副都心線に乗れば割合スムーズに都立大まで行けるのですな。ちょっと遠いけどな、副都心線(でも迷子にはならない)。

 パーシモンは、全幕(というか大道具の大きい演目)をやるにはちょっと狭いし、全体にこじんまりしてるけど、割に見やすいいいホール……と思っていたのですがですねえ。前回の時はなかったと思うんですが(あったけど気づかない席だったのか)、2階の手すり、縦の通路のどんづまりのところに、大きなアクリルの転落防止板がついてるんですよ。こちらの座席表でいうと、13番と14番の間、26番と27番の間、ですね。通路を歩いてきた人がうっかりつまづいたり、走って降りてきたりした時に危ないという理由だと思うんですが、こうした通路間のところだけ手すりを高く作っているホールはいくつかあって、作りによっては本当に邪魔なんですが、アクリル板はさすがに初めて見ました。

 で、ボレロの時はセンターの席を取ってたので問題なかったんですが、眠りのときに、2階前方のサイドブロックのセンター寄りを取っていたら、もろにこのアクリル板にかぶりました。舞台の1/3くらいが、アクリル板越しにしか見えない゜゜(´□`。)°゜。! 透明のアクリル板ですから、「見えない」わけじゃないですよ。でもアクリル板越し。もちろん、アクリル板の縁は(枠はついてないとはいえ)がっつり見えますから、そこだけ文字通り「切り取り」になります。ひどいーーヽ(`Д´)ノウワァァァン!
 こういうことって、座席表じゃわからないじゃないですか。しかも、ホールのサイトだってわからない。今回は2階はA席でしたが、2階の前方ってS席になるときもあるでしょう(自分も結構好きでよく取るし)。S席がアクリル板越しだったら暴れていいよねえ? 手すりだったらもう少し諦めもつくけどさ……。いやむしろ、手すりだと見づらいという理由でアクリル板にしたのかもしれないけど。

 手すりも、壁と手すりの間から舞台が見える、よりもむしろただの「高めの壁」の方がストレス少ないように感じるんですよね。なまじ、間から見えるからストレスひどい、ような気がする。

 まあ、オペグラを使ってしまえば、アクリル板の縁もレンズぶれで目立たないので、かなりがっつりオペグラで観てましたが(なんのための2階席……orz)。

 せめてアクリル板磨けーーー!! 曇ってて汚すぎるぞーーーヽ(`Д´)ノウワァァァン!!!

 マジで自分で磨こうかと思いましたよ、アクリル板……。
 

|

« めぐろバレエ祭り白鳥&ボレロ | トップページ | めぐろの眠り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« めぐろバレエ祭り白鳥&ボレロ | トップページ | めぐろの眠り »