« ダンススクエアさんに写真 | トップページ | タイトルロールは……(る) »

2014/10/30

ダンスパステル

 とりあえず、こちらから。

 早川バレエの公演は、ダンス・パステルとジゼルの二本立て。ダンス・パステルは初めてでしたが、衣装などからもう少し社交に近い感じかな? と思っていましたが、それほどでもないというか。スタジオ主催の早川姉妹と足川欽也さん、坂本登喜彦さんの4人が、初演から踊り続けているそうです。初演の95年でしたか、「今の自分たちに踊れる作品を」とのことで作られたと読んだ記憶があるのですが、それから20年。スクエアさんのレポで年齢を知ってびっくりですがなΣ( ̄ロ ̄lll)! 順に69、67、54、56。初演の「今の私たち」段階ですでに50近いという。プログラムの略歴を見ながら、坂本氏も還暦近いのかな? と思ったのですが、もっちょい若かった(プロフ写真、いつの……)。

 女性は白のドレスに足元はグレーの足首まであるシューズ。男性は白のシャツにベージュかな? のベストとズボン。坂本氏の方は胸ポケットに花、足川氏は胸ポケットから眼鏡を出して、最初の方でそれをかけて踊ってました。装置などは特になく、背のない白い小さな椅子がそれぞれにあって、途中脇に寄せたりまた出したりさせながら(←なぜか坂本氏が頻繁に運搬していたような)。

 足川氏と坂本氏は、佐多達枝さんの公演で拝見してた気がするんですが。坂本さん、好きなんですけども、もう札幌まで行かないと見られないかなあと思っていたので、今回見られて本当によかったです。足川氏は、直近で見たのがしばらく前の日バ協の「卒業舞踏会」で、女学校の校長の方(ちなみに士官学校の校長は桝竹氏)だったかと。なので、自分の中でなんとなく女形のいめーじが引きずられておりましたことに気づいたり。
 坂本氏のダンディさと、足川氏のゆったりおっとりした組み合わせが最高です。足川氏、本当に上手いんだなあ(←あらためてしみじみ)。ポール・ド・ブラが大きくて美しい。途中からノってきて、ちょっとヤンチャな感じになってくるのも楽しい。坂本氏の方は、大人のダンディズムたあこういうもんだぜ! という。かっちょええわあ、かっちょええわあヽ(´▽`)/。足川氏の坂本氏リフトがあったりしつつ。さすがに、足川氏がリフトした女性(すみません、姉妹の見分けがついてません)を下で坂本氏がキャッチする、ちょいアクロバティックなところは、「お、おう」「よ、よし」みたくなってはいましたが。

 女性は、最初のソロを踊った方が恵美子さん(姉)でしょうか。お二人とも、多少動きの固い部分はなくはなかったですが、おっとりというよりもなんだろうなあ、踊りとはまた別のところの「余裕」みたいなもの。関係性の余裕みたいなもの? まあいろいろありましたけど今は充分満たされてますよ、とでもいうような。

 で、測っていたわけではないんですが、そこそこ長いんですよ。どれくらいだったんだろう。4人での踊りですから、まあ座ってる時間もあることはありまし、激しい踊りでもないですが、結構な運動量だろうなあ。今回で最後、とプログラムにはありましたが、本当に駆け込みになってしまったけれど、見ることができて本当によかったです。

 まあ森下さんのことにばかり目が行くところはありますが、シャンブルの川口さんだってまだポワントで主役踊りますし、この世代も残ってる人は伊達じゃないなと。K村さんもあと10年いけますわよ?

|

« ダンススクエアさんに写真 | トップページ | タイトルロールは……(る) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダンススクエアさんに写真 | トップページ | タイトルロールは……(る) »