« ポスター&キャスト | トップページ | タイトルロール改題ドンキ話(ほ) »

2014/10/05

タイトルロール改題ドンキ話(に)

 さて、そろそろ気を入れて書かんことにはほかのことが書けん。東京・岩国問わず、ごちょごちょ行きます。

 梅さんについては、もうあれもこれも特筆すべきだとは思うんですが( ̄▽ ̄)、ともかくも東京でのガマーシュについては本当に素晴らしいというかなんというか。初役ですからね。初役であの完成度。かれこれ長いこと梅さんを見てるわけですが(特に初演の「子ども眠り」の4人の王子/青い鳥/フォーチュン以降は……って、「子ども眠り」の初演からまだ2年なのかΣ( ̄ロ ̄lll)! もう5年くらい見てる気がする←ワンシーズンに見過ぎw)、芝居もちゃんとやってるんだけど、なんかわけわかんないことになってますよ? なイメージだったんですが、「役を踊る」ということについてはフェリックスあたりがひとつのポイントだったのかなあ。

 東バのガマーシュといえば、古川→平野→松下→ナガセ、と見てきたわけですが(吉田さんはDVDで)、「ナチュラル」なガマーシュというのは初めて見た。よそのガマーシュを入れても初めてかもなあ。そもそもガマーシュという役自体が「ナチュラル」には演じられないものであるような気がするし。公式に載ったリハしゃしんの「人形芝居」の場面の、「まあっ!」っていうのがめちゃくちゃ可愛くてですね、もう特殊メイクするのもったいないなあと思ったんだけど、あのメイクでもナチュラルだったという。だってああた、人差し指立てて「だ・め・よ?」って振るあの仕草がですね、二人のキューピットよりも可愛いガマーシュってどこにいるの( ̄▽ ̄)って。アレに勝てるのは高村さんしかおるまいな。

 ええと、「ナチュラル」というのは今回の舞台全体のキーワードでもあったと思うんだけど、それはさておいて。

 ひとつにはテンポと音取りがいいんですね。あと軽さ。永田くんのロレンツォがさらにいいテンポで芝居を受けていて、大仰ではなく、軽快なコントになってる。それが木村さんのキホーテといい対称になってたんじゃないかな。日曜のカーテンコールで、真ん中から歩いてきて、ぴろぴろって手(というより指)を振りながらすっと袖に入っちゃって、後ろから永田くんが引っ張り戻すみたいな遊びとか、GPDDのキトリのヴァリエーションの最後に椅子に立ち上がって前のめりに拍手するのを後ろから永田くんがサポートして二人でV字になるとか(さらに木村さんがいきなり立ち上がって、肩つかんで椅子に突き落とす@土曜とか)。1場で、用意されたテーブルにつくなり寝ちゃうとかも好きだったなあ。あの「ぴろぴろっ」て手(というより指)を振る仕草がすごい板についてるんだよなあ。あれはびっくり。
 自分の見た日のおつきは二階とも氷室ックだったので、上瀧くんとの組み合わせも見たかったところ……どういう惨事……もとい珍事があったのかなかったのか。

 岩国のガマーシュは岡崎くんでしたが、梅さんの後だと「普通」感がぬぐえないという……。悪くはないんだよな。ちょっと古川さん的な感じかなあ。「鼻持ちならない」とか「イヤなヤツ」っぽさはザッキーの方があったような気がします。つまり従来のガマーシュ像にのっとったような。
 しかし、どちらのガマーシュもハッピーに終わるこの版はいいですなあ。

|

« ポスター&キャスト | トップページ | タイトルロール改題ドンキ話(ほ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポスター&キャスト | トップページ | タイトルロール改題ドンキ話(ほ) »