« じゅえるずふろむ | トップページ | とりあえずばや 1 »

2014/12/01

じゅえるずふろむ 2

 水香ちゃんガラの続きです。

 座長の水香ちゃんはプティの「ジムノペディ」「シャブリエダンス」「チークトゥチーク」の3本と、ドンキのディベルティスマン。
 プティのうち、2本は弾くんがパートナーで、「チーク……」はボニーノと。「シャブリエ」は牧の初演の時にTV放映されたのを見て以来じゃないかな……全然覚えてなかったけども。ちなみに「ジムノペディ」だけはピアノの生演奏(舞台上)で、あとはテープでした。

 基本的に水香ちゃんは、デコラティブなチュチュよりも、シンプルなスリップドレスやロマンティックチュチュに近いような(あるいはオペラ型の)衣装の方が似合うことが多いと思うんですが、「ジムノペディ」の白と黒の衣装がとても似合ってました。今回は、弾くんが初役(というか初プティか?)、水香ちゃんはしばらく踊っていないけれども持ち役ということもあって、2本とも……というかまあドンキもなんだけど、水香ちゃんがリードして弾くんを引っ張ってる感じ。水香ちゃんは3本のプティのどれも生き生きとして、楽しんで踊ってるのがよく伝わってきて、それがプティだからなのか、本公演から離れてちょっと解放感的なものもあったのかはわかりませんが、とにかく魅力的でした。弾くんがいっぱいいっぱいなのはしょうがないな……というか、むしろよくこなしてるよな、これだけ。持続して踊っていく機会があればいいねえ。

 「シャブリエ」には途中で木村さんと奈良さんのペアが参加。出番はそう多くはないけど、この二人もプティは初めてでは。白のレオタードってこともあって、ビミョーにベジャールっぽく見えるようなそうでもないような。最後の方に、木村さんと水香ちゃんが短く抱き合う場面があるんですが、こういうときにきちんと(というかなんというか)抱いちゃうのが木村さんなので、「ホントのカップルはこっちでしたかーー( ̄▽ ̄)」というように見えちゃって、その後の弾くんとはナンなんだ状態に。あはは。

 で、そうかいつも弾くんになにかひと味足りないような(技術的にではなく)気がしていたのは、ある種のプランというか、踊る側の性格付けみたいなものかもしれないなあ、と、そんなことに気づいてみたりした。まあ、いわゆる物語バレエではないので、そういうものは不要だという見方もあるし、まだそこまで余裕がないかもしれないし、あっても出し切れてないのかも知れないし、いろいろと。短い場面でそこまでするのはそりゃベテランのベテランたるとこだしな。

 最ベテランたるボニーノまでくると、もうそこはぽんぽこぽんぽこ。前回フェスだったかしらね? 見たときよりも、水香ちゃんもぐっとリラックスしてキュートだったし、ボニーノのリードもダンディで無駄なく、いやもう楽しい楽しい( ̄▽ ̄)。プログラムを見たときは、大人数参加のドンキガラが最後の方が盛り上がるんじゃ? って思ったけど、見てみたら「アンコールの洒落た小品」みたいでとても自然で面白かった。水香ちゃんは速替えで大変だったと思うけど。しかも、ドンキのGPDD一通り踊ってすぐさままるまる1曲踊るんだから、結構な体力だよねえ。

|

« じゅえるずふろむ | トップページ | とりあえずばや 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« じゅえるずふろむ | トップページ | とりあえずばや 1 »