« 昇進とか | トップページ | さかのぼりましては »

2015/04/05

つづき。

 ええと。そんでですね(←まだ話が続いている)。

 今出てる「クララ」に二瓶さんのインタビューが出てまして。「バレエと勉強の両立」についてなんですが、留学→高校復帰→大学、てのを、みんなに励ましてもらってがんまりました! とまあ、こう書いてしまうと身も蓋もない感じなんですが、よかったねえ、と。以前は公式ブログできゃいきゃいと仲のいい感じが出てたりして、そういうの割に嫌いじゃないなあ、って見てたんですが。
 今回のジゼルで言うと、初役の大役を終えた伝田さんが、カテコでも口をしっかり「へ」にしているところへ、となりの川島さんがぎゅっと手を握って笑いかけたりしてまして、ああまみさん先輩だなあ、「マミ先輩」はアレだけどな、とか余計なことも考えつつ、ほんわりしたり。

 伝田さんのミルタはオーソドックスな作り。ちょっと緊張してたのか、捌けるときに早足になっちゃったりしてましたが、堂々としたものでした。「へ」の口がカワイイよ〜( ̄▽ ̄)。東バのアルブレヒトは例のとこがアントルシャが主流なのに加え、今回はボッレもアントルシャだったので(後藤さんはどうだったかな)、弾くんがブリゼで来たのは「おおっ」だったのですが、そういえばマラーホフはブリゼ派であったなあ、と。で、そのブリゼで下手奥から来て、上手手前のミルタのところで折り返すんですが、伝ちゃんのミルタがちゃんと「はい、来て〜〜、はい、帰って〜〜」と、アルブレヒトの往来を操っておりまして、なかなかに楽しかったんですよ。アントルシャだと見てるだけだもんね。

 で、そのマラーホフの薫陶を受けた弾くんでありますが、最後は百合をこぼしながら下がっていって倒れるパターン(墓の方へ手をさしのべてちょっとじたばたする感じの)。
 そういえば、マラーホフのアルブレヒトの時に、うっかり下手のA席とっちゃって、お墓に泣き崩れたマラーホフのつま先しか見えずに終わったことがあったっけなあ、とか思い出したりしまして(ノ_-。)。

 まあそんなこんなでありましたが、直近というわけでもないけど、昨年秋に見た渡辺さんとK村さんのPDD、そのチョイ前の早川バレエでの全幕、てのは、どうしてもちょこちょこと出ては消え、出ては消えしつつ、身体に残った音楽のせいで、その後ずっと尾を引いたりしちゃてたりしまして、ええ。

 岸本君のウィルフリードが、全然記憶にないんですよ( ̄▽ ̄)。多分、オーソドックスに「困った主人をもって気の毒だなあ」というウィルフリードだったと思う。あ、最終日の例の場面では、相当やばいながらもちゃんとボッレを止めてました。アレは確かにふっとばされますな。森川くんあたりもってこないと。
 松野くんのウィルはいつ見ても困ってて、なんというか、あれはあれでえらい破壊力があったような。なんだろう。なんであんなに真面目にやってるのに素で可笑しいのか。

|

« 昇進とか | トップページ | さかのぼりましては »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昇進とか | トップページ | さかのぼりましては »