« バヤ最終日 | トップページ | バヤバヤパパヤ 2 »

2015/06/14

バヤバヤパパヤ 1

 なんでも途中で書く間がなくなっちゃうことを考えたら、僧正様の話だけ延々と書いた方がいいんじゃないだろうか、と思わないでもないな( ̄▽ ̄)。

 一つ訂正。川島さんのジャンベは初日だけだと思ってたのですが、というのは2日めは影のヴァリを踊ると記憶してたので、初日=ジャンベ、2日め=影、3日め=ガムザッティだと思ったわけですよ。が、2日めはジャンベと影と両方でした。すんません。初日はマチネでガムザッティも踊ってるわけで、えらい働き具合だなあ……。

 川島さんのガムザッティは、初役とは思えないほど練り上げられてました。踊りで言うと、たとえば最終幕のソロなんかは、印度風のというよりは東南アジア風の腕の形やムーブメントのなめらかさなどは、さすがに奈良さんがぐっとよかったけれども、奈良さんや、その前の田中さん、高木さんともちがった解釈で面白かったです。悪女系も似合う美人さんなので、ガムザッティは適役と思ったけど、ニキヤもいけるんじゃないかなあ。ニキヤだって、相当に我の強いタイプだもんね( ̄▽ ̄)。

 パパに溺愛されて育った姫、というのはパパを見てれば一目瞭然ですが(なんか日本語が変だぞ)、婚約式までは割とオーソドックスなガムザッティだったように思います。チェスの場面はもうちらちらとしか見てませんでしたが、弾くんのソロルが聡明さに惹かれていくようなところもあったんじゃないかな。アヤの「大僧正さまがいらっさいました」という知らせに、弾くんが「やっべー……」って顔になったのが可笑しかったです。2場最後の「殺してやる」のマイムはパパゆずり。ヘビの場面ではパパの共犯者(ないし知ってて黙認)。

 ちょっと意外だったのが2幕の最後で、赤の婚礼衣装でソロルにじりじりと迫っていく場面、「私にここまでさせたのはあなたなのよ」という感じでした。そこからまっすぐにつながる3幕のソロは、二度と愛されないことを悟っているガムザッティの悲しみが踊られることが多いと思いますが(今回は奈良さんがそれを極めた)、川島さんは最後に笑ったように思います。「ニキヤさえいなくなれば、きっと私の方を向いてくれる」と思い続けている。それは浅はかではあるんですけど。それが打ち砕かれるのはキャンドルダンスの最後で、自分はマカロワ版の中でもこの場面は秀逸だと思っているんだけども、ただ立っているだけのソロルとガムザッティの心の内が吐露されていくのが観ている側も苦しくて切なくなってしまう。それでも手に入れようとするのは、プライドというよりは執着というか、もはや「業」だったりするんだろうな。

 ラストについてはまとめて。

 

|

« バヤ最終日 | トップページ | バヤバヤパパヤ 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バヤ最終日 | トップページ | バヤバヤパパヤ 2 »