« バヤバヤパパヤ 4 | トップページ | フェスAプロ、半分だけ。 »

2015/07/24

バヤバヤパパヤ 5

 水曜のドンキのキャストが出ました−。大体予想どおり。レジェンド・ワシリーエフが降板になって、木村さんがキホーテ。レジェンドの代わりにキューバの人が1幕だけメルセデスを踊り、2幕は川島さんが初役。ううむ。エスパーダは弾くんだけど、本来はやっぱりレジェンドがキホーテだったのかな。したら木村さんが出ないはずだったのかしらん。川島さんのメルセデスは嬉しい! ゲストなくてもいいから通しで見たかったけどなあ。でも酒場とファンダンゴ、2つ大きな踊りがあるもんね。奈良さんがメルセデスなら、前回初役だった矢島さんのジプシーが見られるかなと思ったけど、奈良さんがジプシーだった。サンチョがヒムロックじゃなくてザッキーだったのが意外。

 ということで、ええと、バヤのつづきをちょこっとだけ。

 ヘビの話の辺りはちょっとおいといて、最終幕ですね。ブロンズは梅ちゃんと岸本くん。梅ちゃんがなんというか、梅ちゃんらしい( ̄▽ ̄)。それにしても最近の梅ちゃんはよく回るねえ。岸本くんが舞台で焦ったのを初めてみたような気がする。幕冒頭にブロンズがくるこの演出は好きなんだよな。青と金のコントラストもきれいだし、大僧正がそっと式神(じゃなくて仏像)をしまっちゃうのもなんか好き( ̄▽ ̄)。

 今回フラワーガールは河合さんと沖さんで固定。ガムザッティにニキヤのと同じ花かごを「ほうれ、ほうれ」と執拗に差し出す方が沖さんで、こ、これは……( ̄▽ ̄)と思ったのですが。ええ、ここはほれ、高村さんの持ち役ですからね。初日は、さすがにあの怖さにはまだまだやなあ、でしたが、回を追うごとに怖くなっていって、今後が楽しみ。いや、次は違う人かもわかりませんが。

 そして娘のためならなりふり構わぬパパ……(ノ_-。)。今回もその溺愛ぶりにおおわら……じゃなくてえーと。この最終場はランチベリーの編曲の巧さがよく表れてると思うんだけど、ややヒロイックなメロディー(それまでのモチーフに多分ない)でソロルが「目を覚まし」てから、ニキヤを追うソロルに動揺しつつ、最後に最大に「じゃーんじゃーんじゃじゃーん」と大僧正のモチーフとともに、キャンドルガール含めた全員が、パパによって繰り出されるわけですな。……ええ、モチーフは大僧正の変形だと思うんですけど、そこはパパが強ければパパがもってっちゃうし、パパが弱いと何となく最後に勢揃い、みたいになっちゃうわけで、これがまたかっこよくはまるんだよなあ( ̄▽ ̄)。

 で、最後の寺院崩し。今回も毎回、見事なまでに崩れました。仕掛けはわかってるけど、すごいよなあ。岩なんか紗幕に貼ってあるだけなのにすごい立体感あるし。実際、この場の主役は立川監督じゃねぃか、と思ってみたり。
 ……そんで最終日のパパは、まっすぐに「むすめーーーっっ!!」って、娘に駆け寄って行ってましたのよ。

 パパって永遠に片思いなんだなあ(ノ_-。)。

|

« バヤバヤパパヤ 4 | トップページ | フェスAプロ、半分だけ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バヤバヤパパヤ 4 | トップページ | フェスAプロ、半分だけ。 »