« 人事とかタッチキンとか | トップページ | わだつみの声(旧作) »

2015/08/13

Tomorrow/明日 ちょっとだけ

 広島へ3泊4日で旅をして、何かちょっと飽和状態になったような気がして、このかんのTVドキュメントの類いも録画しっぱなしだったのですが、岩波の「黒木和雄戦争レクイエム」特集上映の「Tomorrow/明日」へ行ってきました。88年の封切りの時に見たきりで、だいぶ忘れてることも多かったけど、やっぱりこの映画好きだな。前売り買っちゃってたんで、割に無理無理な感じで行ったんだけど、見て良かった。原作、井上光晴だったんだな(←初めて知ったような)。

 1945年8月8日午後。長崎市内に住む、三浦家の次女で看護婦のヤエ(南果歩)と、病気持ちで兵役免除になった工員の中川(佐野史郎)の祝言が、三浦家で行われる。その祝言に集まった人たちの、9日11時02分までの24時間を描いたもの。でも「主役」はやっぱりヤエの姉のツル子(桃井かおり)だろうなあ。クレジットも最初だし。

 とにかく、キャストが全部いいんですよ(こちら)。田中邦衛にはずれなし! はもちろんのこと、臨月で、9日の夜明けに出産する桃井かおりも、三姉妹の母の馬渕晴子も、伊佐山ひろ子も入江若葉ももちろん佐野史郎もいいんだなあ( ̄▽ ̄)。仙道敦子や南果歩もまだ初々しいというか。ちょこっとだけの殿山泰司とかね。

 まだもうちょっとやってるので、ぜひぜひ、というわけで、予告編を貼っておく。

 岩波ホールの記事はこちら。18:30の回には、短編「ぼくのいる街」が付きます。「10分映画!運動」が作った23分の映画( ̄▽ ̄)。写真集「戦争と銀座」を元に、1月の銀座の空襲で死んだ男の子が現在の(89年。つまり昭和天皇の死んだばかりの)銀座を行く。これはこれで。

|

« 人事とかタッチキンとか | トップページ | わだつみの声(旧作) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人事とかタッチキンとか | トップページ | わだつみの声(旧作) »