« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015/09/30

ドン・キホーテの夢 その4

 いろいろ滞っている間に神奈川のドンキのキャストも出ました〜。秋元さんのお披露目はここだろうと思っていたのがどんぴしゃ。川島さんのメルセデスは、夏の全幕プロでは2幕だけ、ベイサイドでは1場だけ、と細切れだったのが、ようやく通しで見られます。楽しみ〜。ソリストで入った宮川さんも多分ここで闘牛士辺りに入ってくると思うので、そこいらのポジション争いが今後……って、争いになってくれるといいんですけどな、むしろ( ̄▽ ̄)。ガンガレ、ミンナ。友人の河谷+二瓶さんは、この組み合わせでは珍しいかな? K村さんはやはりキホーテですが、とにかくもうフルで出てくれるだけでありがたい……。

 ついでに前回の訂正。闘牛士+ジプシーは和田くんがこの日まで入っていて、翌日の子眠りとベイサイドを降板したのでありました(ベイサイドは発表されてないので「降板」はアレですが)。短期間にいろいろ見てたら混ざった……だから混ざらないうちになんとかしないといけないんですけどねー。

 で、人形芝居のところからですな。ガマーシュとロレンツォが芝居の幕に絡まっちゃうところは通常版と同じですが、肩車なしでそのまま、すここここ、と風車の後を通って退場(通常版と逆方向)。風車の方へ抜けることで、キホーテが風車と怪物を誤認する視線が自然になってよい変更だと思いました。あれ、肩車するとゴヤのエッチングのオバケっぽくて好きなんだけど、肩車であそこを抜けるのは危険なのかなあ。日ごとサンチョがどうしてたのかの記憶があんまりないんですが、今回は「あれはちがいますよう、ちがいますよう」と必死に止めていたので、このあたりもわかりやすくなったな。
 キホーテは、羽根にひっかけられて落下するのではなく、なぜか袖からいきなり投げ込まれてました( ̄▽ ̄)。しかも初回はずいぶんぞんざいな扱いだったよ……2回目はかなりマシだったけど。unoさんも書かれてたけど、あれなら木村さんがスライディングしてきた方が楽しい( ̄▽ ̄)。

 ここで、通常版通り暗幕が降りて、サンチョの状況説明。その後、サンチョとキホーテと馬で幕前芝居。背中の荷物からデカイ体温計(何かと思った……)取り出して計ると確か39.8度だったか38.9度だったか( ̄▽ ̄)。馬……馬、前の場面でいなかったんだったかな。サンチョが人を呼びに行き、馬が水をくみにいくことに。

 ……馬、どうやって水汲むんだよヽ(#゚Д゚)ノ┌┛

 そしてなかなかハーレムにたどり着けないワタクシでありました。

| | コメント (4)

2015/09/23

ドンキホーテの夢 その3

 1場終わって幕前芝居。「大人のためのドンキホーテ」(あ、なんか違う物売ってる)だと、駆け落ちしたキトリとバジルのPDDが入りますが、ここはサンチョと馬のコント。サンチョがロレンツォのところからくすねてきた鶏の……なんだあれは。丸焼きになってるのかただ身ぐるみ剥いだ奴なのか良くわかんないけど(多分前者)を立たせようとして転ばれる、みたいな軽いギャグがあって(←遠目だとちょっとわかりづらい)、馬がキャンプセット(たき火+火あぶり用のなんていうんだあれは)をええと、脚でどついて持ってきたのか(実際には棒で袖から出し入れ)、で、足踏み式のふいごで火をおこして、脚を4本とも前に投げ出して座る、と(←いやー、可愛い。可愛いけど馬の座り方じゃねぇぞ)。で、氷室ックがフライパンで鳥を焼いて、串に刺した魚を手に「サンマは目黒に限る」のご当地ギャグを一発( ̄▽ ̄)。で、馬に魚喰われちゃう(馬の口に魚を突っ込むと骨だけ出てくる)……

 ……馬、魚くわねえだろ ( ・`ω・´)キリッ!

 ↑ 脚投げだしよりむしろ気になる。

 キャンプセットを片付けて幕が上がると野営地。ジプシーの踊りとそれにからんだエスパーダのソロは普通にあり
 ……森川……orz。1回目もアレだったが、2回目1度もタンバリンのヒットなしってのはどうよ……(←本日2度目の「チェンジ!」コール)。後ろのジプシーたちが気合いたっぷりだった分、目立つ……。
 ええとそうだ、ジプシーと闘牛士は和田くんが降板して宮崎くんとチェンジだった。ジプシーの娘の踊りはカット。ついでにプログラムの「あらすじ」だと、「旅回りのジプシーの人形劇団」ということになっていて、なにやらプークあたりを思い出すような( ̄▽ ̄)。まあお子さんにわかりやすいという意味では。
 「大人のための」では、キトリたちが人形に着替えるのは袖に入ってだったようにと思いますが、今回はわかりやすく、芝居の幕を舞台に対して垂直にして、幕の裏側で3人が人形に化けるところを見せてました。メルセデスがいないので、エスパーダ大臣が自ら王子さまを殺してたけどな( ̄▽ ̄)。あと、ガマーシュ達が追いかけてきたところのギャグシーンはカットになってたと記憶。

 で、全然無関係にツボったのが、キホーテ達の座るベンチで、ちゃんとはしっこに槍を立てる用の穴があるんですよこれがまた(* ̄▽ ̄*)ノ"! コンビニの入口にある傘立てみたいになってると推測。いつもどうしてたのかな、サンチョが袖に持ってってたんだっけか。今回、サンチョが幕前コントなんかやってたもんだからキホーテ様が一人で徘徊してたんだけど、ちゃんと槍をそこへ立てて片付けてから座ってたのがなんかすごいツボだった。木村さんが可愛すぎる( ̄▽ ̄)。

 あとは夢の場と込みで〜。

| | コメント (0)

2015/09/20

ドン・キホーテの夢その2

 ええと、いろいろすみません。1場の頭からっすね。そろそろ記憶もおぼろげですが。

 1場、キトリの出の後に続いてバジル登場。キトリの出のソロがデュエットに変更されていたかと思います。で、バジル登場のギターの踊りがなしで、いきなりバジルがキトリの脚をつかまえようとする例のとこ。地元目黒ということで、子役さん(街の子とロレンツォの宿屋の児童労働)はそこそこ出演。ガマーシュとのやりとりは普通にあったと記憶してますが、おつきは初役の竹本くんに(上瀧くんが馬だからね)。ゼギディリアは1列少なかったような気がするけど、プログラムのキャストは12組出てるな……。中村(ゆ)くん、虎ちゃん、のじりんと、ここは手堅く。中村くんとかねー、もうこういう作品だとフリーダムで楽しくてね−。ムードメーカーとして引っ張ってってるとこもあって、いつのまにか「いると安心」みたいなポジションになったなあ(でもサンチョも見たいよね←ちょっとした個人的野望)。

 闘牛士は、プログラムの配役から岸本・原田が「子眠り」主演で抜けた6人編成。いつも二人が担当してた、キトリの友人二人との絡みは杉山・入戸野の担当(はっ、横浜の杉山くんの「取られたーーー゜゜(´□`。)°゜。」となだめる入戸野くんの芝居はこれの引っかけか? ←今頃)。

 メルセデスが役そのものごとなくなっちゃったので、エスパーダの最初のソロは酒場のソロが挿入されてました。……これがねえ。なんというか、テクニカルにはあまり見えないんだけど、ちゃんと見せるには難しいソロなんだよねえ。昔は木村さんもちょっと踊りあぐねてるみたいな時もあって、2回目くらいに見た時に「目からウロコッΣ( ̄ロ ̄lll)!」ってなった記憶が。要は「コイツはこう踊るんだッ」て確信? みたいなものがないとサマにならないとこがあって。弾くんはむしろ天性の陽気さで踊れちゃうんだけど。いや、久しぶりにワタクシの

 森川、チェーーンジッ!!!!!ヽ(`Д´)ノウワァァァン

が出ましたよ。とほほ。今回は連発だったわぃ。踊れてなくても後藤さんは愛してたんだけどなあ。

 メルセデスがないので、闘牛士のナイフの踊りもありませんでした。踊るところ、ほとんどなかったなあ( ̄▽ ̄)。まあ杉山くんがかっこよかったからいいよ。

 で、キホーテ登場。もちろん馬つき(さすがに乗らない)。ここでも馬、大人気です。到着を告げる角笛は、サンチョが馬の口に突っ込んで吹かせてました( ̄▽ ̄)。で、馬がいったん退場して、普通にサンチョ投げ、キトリの友人二人の踊りからの……と、ここいらは普通に流れてますが、前述の友人と闘牛士の2組のからみのとこ、ゆっくりめのところがなくて、向き合ったと思ったらいきなりアレグロになったので、一体何が起こったかとΣ( ̄ロ ̄lll)! マジでレコードの針が飛んだかと思ったよ! そこはケチらないでいれようよ!

 そんなさくさく進行なので、宮廷舞踊風のシスはなし。友人二人が黒い布を使ってガマーシュを振り回したり振り回されたりしつつ、バジルのソロ、キトリのソロときて、普通に1場の最後まで行ったかと思います。

 ……どうでもいいけど、横浜の方のそのガマーシュを振り回す場面、木村バジルのガマーシュのからかい方が半端なかった気が( ̄▽ ̄)。キトリもって「ほうれ、ほうれ( ̄▽ ̄)」っていう。相変わらず意地が悪いなあ。

 

 

| | コメント (0)

2015/09/09

ドンキホーテの夢 その1

 「子ドンキ」こと「子どものためのバレエドンキホーテの夢」(長い)の方、一応新制作ということで、流れだけでもちょこっと残しておこうかと。細かい所は記憶があいまいなので、適宜修正を入れていただけると助かります。
 小道具などの新調はありましたが、衣装とセットは概ねワシリーエフ版をそのまま使ってました。若干簡略になってたかな。馬2頭は新調(笑)。あと、野営地の前の幕間の「たき火セット」とか、キホーテの熱を計る巨大体温計とか。

 全体的にサンチョにしゃべらせすぎかな−、という印象はあります。眠りに比べて、ストーリー自体がポピュラーでないのと、あちこちつまんだ分、場面転換(とダンサーの着替え)が忙しくなってツナギが必要なのと、だとは思うんですが。というか、すべるとコワイひとりコントが多すぎないか。

 オープニングは、下手の客席中程の扉からサンチョがロシナンテを連れて登場。幕が開いて、暗幕を背に登場人物にスポットを当てながら、キホーテ、バジルとキトリ、ロレンツォ、ガマーシュの紹介。
 ここでいきなりヅラなしの木村キホーテですよΣ( ̄ロ ̄lll)! いや、カッコイイからいいです。びっくりしたけど。机の上に本を積み上げて「ぬおおおお」とかやってるのがいやもう笑えるくらいかっこよかったりしてだな(このところずっとヅラだったからなあ)。で、騎士に入れ込んだあまり、髪型まで騎士に……というのであのヅラをかぶるというw。いや待て。それはどういうw。キホーテの本名とか、どうでもいいネタまで入ってたけどな。

 ええと、この「旅」が上手く終わったら小さな島をもらって領主にしてもらうんだ、お前にもなにかいいことがあるかもしれないぞ、とサンチョがロシナンテを言いくるめて、舞台前の真ん中にしつらえてあった坂からサンチョとロシナンテが舞台に上がって、プロローグおしまい……だったかな。

 馬2頭は、前脚と後ろ脚に一人ずつ。ロシナンテは前に山田くん、後ろに上瀧くんが入ってました(カテコでは二人とも馬を脱いで登場)。あれ、普通は首の辺りにのぞき窓がついてると思うんだけど、特に確認できるほど大きくはなかったような……。視界が悪い割に登場頻度も高く、サンチョとのコントやら、ステップやらもあって(というかコントが主だったような)、大変だったと思います。しかもすげえ可愛いの。脚を前に投げ出して座る馬は初めて見たよ( ̄▽ ̄)。

 短いけどとりあえず。

| | コメント (0)

2015/09/07

横浜かんわきゅうだい

 遠絡を初めて以来納まっていた「超弩級ずつーさん」が久しぶりにやって来たので、帰宅してから二度寝( ̄▽ ̄)。つことで、今回はお休みがてら、ベイサイドの横浜で。

Ca3k1742

 象の鼻パークは自転車止めも象さん。誰かの「自主的なアート」らしく、一頭ずつ全部、柄が違いましてん( ̄▽ ̄)。そんなとこも公園らしいやね。


Ca3k1740

 ぶれちゃってますけど、県庁近くの街路樹の銀杏。もうギンナンがなってました。まだやわらかそうだったけど、すぐにギンナンの季節……って、早いなあ。


Ca3k1744

 パーク入ってすぐに、「こ、このケツは……Σ( ̄ロ ̄lll)!」 長船の岸壁で見たあのケツではっ!

 つことでダイヤモンド・プリンセス号が来てましてんよ! 三菱の長崎造船所でまだ艤装中に見まして……って、もちろん外からですけども。まだ現役だった長船のUさんが、すっごい嬉しそうに説明してくれたよなあ……。進水式のときがいちばん嬉しいって。Uさんももう亡くなったけど、長崎に行くとUさんとFさんがいつでもニコニコ迎えてくれて、何でも教えてくれたよなあ、Uさんの船をバックに今日は踊るんだ嬉しいなあ……。

 ……と感慨にふけってたら、開演前に出航しちゃいましたけどね( ̄▽ ̄)。しかもダイヤモンドは艤装中に火災出したおかげで(←このときはびっくらこいたよ!)、サファイヤ・プリンセスと入れ替えになってるんで、こっちはダイヤモンドだけどサファイヤなんだよな、でもどうせ両方やってんだろUさん……。あはは。

 
 ちなみに「超弩級」の「ど」は、英海軍のドレッドノートのことだそうですよ。

| | コメント (4)

2015/09/05

ベイサイドドンキ

 「ドン・キホーテ」は「1幕より」となってましたが、プロローグ抜きで1場通しでありました。夢の場まで「1幕」だから、「より」でもまあ合ってるよね。「夢の場」をやったらきれいだろうなあ、とも思うけど、ドリアードじゃなくてオンディーヌかなんかになるわな( ̄▽ ̄)。

 初日の梅かな組は、安定したペア。梅さんもだいぶ手慣れてきたなー。2日目の木村水香ペアは、本来的には木村さんに水香ちゃんはちょっと大きいんだろうなあと思いつつ。
 木村さんのバジル全幕は、仙台で見たきり(←周くんがエスパーダという辺りで何年かを察してw)ですが、ガマーシュが出てきてすぐに、友人二人に「あの気障野郎からかっちまえよ」と耳打ちしたり、キトリにもやっつけるようにそそのかしたり、って辺りはあの頃と変わりなく、それに加えてちょいと怒りっぽくなっていたような。ぷんすかバジルをキトリが追っかけてってなだめるみたいな面白いペアになってたけど、なんとなく二人に似合ってたなあ( ̄▽ ̄)。「あー、そーですか、いーですよ(`へ´)フンッ」っていうバジルを「やーん」って追っかける水香ちゃんが可愛かったりして。
 リフトはところどころ安全策を入れつつでしたが、最初の登場で片手を挙げた瞬間に、その前のタムタムが全部ふっとびましたからねぃ……。はあああ。見られてよかった。お天気ありがとう。

 闘牛士は和田くんが子ドンキに引き続き抜けて、安楽くんと古道くんがイン。2日目は、中頃の友人二人が踊るところで杉山くんがなぜかハートを撃ち抜かれたあげく、原田・岸本と踊る二人(のうちどっちか)にΣ( ̄ロ ̄lll)!!!ってなっていて、なんだ何を始めたんだ的な。
 折角入戸野くんが入ったことなんだし、キトリのタンバリンのソロの最後は、ムレタでガマーシュ引っぱたく演出に戻して欲しいなー、と(いや、入戸野くんならやりそうな気がw)。

 エスパーダは森川くん……(´・_・`)。うーん。でも子ドンキの時よりはよかったと思わなくもないのね。というか、子ドンキはメルセデスをカットした関係でだと思うんだけど、1場にエスパーダの酒場のソロを持ってきてて、これは単純な振りのようでホントに難しいな……としみじみ呑めばしみじみと思い出だけが行き過ぎたりしたりして。それに比べると「ムレタの扱いがんばろう」ですんじゃうなー、みたいな。

 しかし今回のΣ( ̄ロ ̄lll)!は、なんといっても安田キホーテですよ! 目黒の方でもプログラムには名前が挙がってるし、リハ写真出てるしでびっくらこいたんですけど、まさか安田くんがキホーテをやる日が来るとは思ってなかったよ! 実際、ザッキーのサンチョだとちょっと背が足りないんじゃないかって気はするんだけど、ヒムロック相手ならなんとか。
 なんというか、なんなんだあの老人くささは( ̄▽ ̄)。ビジュアルがすごい老人っぽいのに、動きがロボットだよ!(←2日めは多少こなれてきてた) なんかもう、最初から最後まで腹抱えて笑ったよ! なんだったんだあれ( ̄▽ ̄)。

 いやでも、ドンキが意外と野外に合う、というのは発見でありました。夜の暗さにカラフルな衣装が映えるし、解放感もある(そして木村さんの大きな手が映えるのだ−)。舞台がバルセロナなんだから、背景が港で全然オッケーなのね(時代が違うけど)。そういえば、マールイの昔のドンキは背景画に船があったなあ。

| | コメント (4)

2015/09/02

ベイサイドタムタム

 つことで、ベイサイドバレエ、幕開け(幕ないけど)はタムタム。去年の海外公演でやったんだったかな? 日本では多分、45周年のガラでやったきりだと思う。そんときは木村さんとまっつんがソロで、クニくんと西村さんがPDDだったかな。佐伯さんに女性群舞の衣装が異様に似合ってたなーみたいなことをつらつら思い出したりしておりました。

 初日のソロは入戸野くん。初日、幕なしの幕開けに一人で真ん中に出て行っていきなりコレは結構なプレッシャーという気がしますが、実際最初のソロはちょっと緊張してたのかな。木村さんのイメージからするとちょっとお上品なというか、野性味に欠ける感じはありましたが、ていねいな踊り。後半の、群舞の後から出てくるところからはノってきたというか、入戸野くんらしいアグレッシブな感じもあって、すごくいい具合にガンガン行ってました。

 PDDは渡辺さんと松野くん。白のタイツスーツの渡辺さんと言えばやはり「海上の月」を思い出すんだけど(またやらないかなー)、やっぱり美しさが際立つな。特にアラベスクが美しい〜♪ 初日はぶつぶつ言っておったように、かなり上手側が切れてしまったので、特にこのPDDのときは残念だったんだけど(ノ_-。)。松野くんは、渡辺さんとのバランスは悪くないんだけど(最近お口ぽかーんも目立たなくなってきたみたいだし)、ちょっと存在感が薄めだったかも。
 で、PDDの終わりに、真ん中のパーカッションから下手前の定位置まで小走りに移動する奏者のおぢさまがちょっとツボるという( ̄▽ ̄)。

 2日めのソロは岸本くん。こういうときに、思ったことがきちんとできる、というのが彼の強みだなあ。目力も充分に発揮した、力強いソロ。パーカッションの人とアイコンタクトを取りながらの踊りだったように思うけど、そういうところも行き届いている。
 PDDは吉川さんと梅さん。この組み合わせは久しぶりのような気がするけど、透明感もあって結構好きです。最近の梅さんの印象でもあるけど、こうしたアブストラクトな振付の時でも梅さんなりのコンセプトを吉川さんと二人で組み立てて踊っているのがわかる。二人の間に通い合うものがあるというか。こういうのが好きなんだよな〜♪

 群舞は概ね2日固定だったみたい。松野くんと梅さんが交替勤務だったのかな? これはもうひたすら楽しくて、背景の横浜港にもぴったりで(2日めにしか見えなかったけど)、この演目をベイサイドに持ってきたのは本当に偉い( ̄▽ ̄)! なんで前回やらなかったんだ、っていうくらい(ギリシャもよかったけどね)。いやもうホントに楽しかったんだけど、男女3人組んで行き来するところの原田くんの「にっ!」のインパクトが相当に強かったりしてな……。

 唯一残念だったのは、2日とも、最後のソロの発声でのアンコールがなかったこと。まあ最初の演目なんだけど、折角だからあそこまででセットだよーん、ってやっちゃえばよかったのに( ̄▽ ̄)。

| | コメント (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »