« ドンキホーテの夢 その1 | トップページ | ドンキホーテの夢 その3 »

2015/09/20

ドン・キホーテの夢その2

 ええと、いろいろすみません。1場の頭からっすね。そろそろ記憶もおぼろげですが。

 1場、キトリの出の後に続いてバジル登場。キトリの出のソロがデュエットに変更されていたかと思います。で、バジル登場のギターの踊りがなしで、いきなりバジルがキトリの脚をつかまえようとする例のとこ。地元目黒ということで、子役さん(街の子とロレンツォの宿屋の児童労働)はそこそこ出演。ガマーシュとのやりとりは普通にあったと記憶してますが、おつきは初役の竹本くんに(上瀧くんが馬だからね)。ゼギディリアは1列少なかったような気がするけど、プログラムのキャストは12組出てるな……。中村(ゆ)くん、虎ちゃん、のじりんと、ここは手堅く。中村くんとかねー、もうこういう作品だとフリーダムで楽しくてね−。ムードメーカーとして引っ張ってってるとこもあって、いつのまにか「いると安心」みたいなポジションになったなあ(でもサンチョも見たいよね←ちょっとした個人的野望)。

 闘牛士は、プログラムの配役から岸本・原田が「子眠り」主演で抜けた6人編成。いつも二人が担当してた、キトリの友人二人との絡みは杉山・入戸野の担当(はっ、横浜の杉山くんの「取られたーーー゜゜(´□`。)°゜。」となだめる入戸野くんの芝居はこれの引っかけか? ←今頃)。

 メルセデスが役そのものごとなくなっちゃったので、エスパーダの最初のソロは酒場のソロが挿入されてました。……これがねえ。なんというか、テクニカルにはあまり見えないんだけど、ちゃんと見せるには難しいソロなんだよねえ。昔は木村さんもちょっと踊りあぐねてるみたいな時もあって、2回目くらいに見た時に「目からウロコッΣ( ̄ロ ̄lll)!」ってなった記憶が。要は「コイツはこう踊るんだッ」て確信? みたいなものがないとサマにならないとこがあって。弾くんはむしろ天性の陽気さで踊れちゃうんだけど。いや、久しぶりにワタクシの

 森川、チェーーンジッ!!!!!ヽ(`Д´)ノウワァァァン

が出ましたよ。とほほ。今回は連発だったわぃ。踊れてなくても後藤さんは愛してたんだけどなあ。

 メルセデスがないので、闘牛士のナイフの踊りもありませんでした。踊るところ、ほとんどなかったなあ( ̄▽ ̄)。まあ杉山くんがかっこよかったからいいよ。

 で、キホーテ登場。もちろん馬つき(さすがに乗らない)。ここでも馬、大人気です。到着を告げる角笛は、サンチョが馬の口に突っ込んで吹かせてました( ̄▽ ̄)。で、馬がいったん退場して、普通にサンチョ投げ、キトリの友人二人の踊りからの……と、ここいらは普通に流れてますが、前述の友人と闘牛士の2組のからみのとこ、ゆっくりめのところがなくて、向き合ったと思ったらいきなりアレグロになったので、一体何が起こったかとΣ( ̄ロ ̄lll)! マジでレコードの針が飛んだかと思ったよ! そこはケチらないでいれようよ!

 そんなさくさく進行なので、宮廷舞踊風のシスはなし。友人二人が黒い布を使ってガマーシュを振り回したり振り回されたりしつつ、バジルのソロ、キトリのソロときて、普通に1場の最後まで行ったかと思います。

 ……どうでもいいけど、横浜の方のそのガマーシュを振り回す場面、木村バジルのガマーシュのからかい方が半端なかった気が( ̄▽ ̄)。キトリもって「ほうれ、ほうれ( ̄▽ ̄)」っていう。相変わらず意地が悪いなあ。

 

 

|

« ドンキホーテの夢 その1 | トップページ | ドンキホーテの夢 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドンキホーテの夢 その1 | トップページ | ドンキホーテの夢 その3 »