« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015/10/25

静岡子眠り2

 すっかり週刊化しておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。僕もますます元気です……とはならんのだな、これが。はあ。

 ええと、もう本命の方からいっちゃいますよ。

 午前の主役が川島さん+岸本くん。川島さんは1幕のピンクの衣装が意外に(失礼な)似合ってたなー。今回はちょっとローズアダージョでのミスがあって、マラーホフ版の時はちゃんとできてたのにもったいなかったなあと。2幕のGPDDはもうきらきらで、こちらは文句付け所なし、の素敵なオーロラでした。岸本くんの「どんとこい!」なサポートもよかった。岸本くんは、目黒のときとあまり印象は変わらなかったけど、「どんとこい!」度が高かったかな……。目黒の時は、原田くん→岸本くんの順序で観たので、今回の方が頼りがいがあるように見えたかも……。

 と、思っていたらだな( ̄▽ ̄)。

 まー、水香ちゃんの堂々としたキラキラっぷりとでもいいますか。オーロラとキトリに関してはもう「お手の物」ってヤツですね。いい意味で自信もあるんだろうし、何よりご本人がすごく楽しんでるのが伝わってきて、こちらも顔がほころぶ。深層のおひいさまにしてはちょいとハツラツ系ですが、16歳なんだからいいじゃあないか( ̄▽ ̄)。ローズアダージョはアレですね、こう、「ああ、水香ちゃんはうっちゃっといても踊ってくれるんだなあ……」という。それを思うと、川島さんはまだまだサポートに左右されるところもあるというか、まあ普通そうなんだろうと思うけど。ちっちゃいところですが、個人的には、カラボスから花束を受け取って、両親が「渡しなさい」っていうのを「いやいや」ってするとこの水香ちゃんが好きだったりします。なんか「らしい」感じがして。
 (……それはそうと、入戸野くんのバラは2回とも落ちたんですかねぃ?)

 いやー、やっぱり真打ちって違うもんだなっていうか、水香ちゃんが真打ちになったんだなー、と思いつつ2幕に入りましてね。岸本くんがなかなか好調で好デジレでしたし、よそでデジレ踊ってるのは見たことあるけど、どうかなダイジョブかな……とかちょっと思ったりしてたんですけど。

 ええ、ラスボスはラスボスでした。格が違いすぎるよ!

 というとこで力尽きました……。明日は講座で遅いのに……。

| | コメント (2)

2015/10/18

静岡子眠り1

 ええと1週間経っちゃいましたけど、静岡の子眠りですね。キャストは格納庫にしまってあります(こちら)。夏の目黒の時と概ね同じですが、ザッキーのカタラビュットや政本さんのリラの精はじめ、間の取り方やマイムなどに少しずつ手が入って、「わかりやすさ」が重視されてきたように思います。この辺は友佳理さんの傾向なのかな。

 例えばマイムの「お話しする」ってヤツ。劇中(というのか)だと、リラの精とカラボスがそれぞれ「私の言うことをお聞きなさい」という風に使うんですが、ここでしっかりと口を大きく開けて、「言葉」が出て行くのを見せたり。妖精の言葉は「言霊」的な魔法であったり呪いであったりするので、こういうのはよいかもな〜。あと、オーロラが針で手を刺してというところも、リラの精の方は「ちょんっ!」って感じに跳ね返らせて「たいしたことないのよ〜」っていうニュアンスをつけたり。幕前の「成長するオーロラ」の場面や、デジレの決闘の場面なんかでも、カラボスが操ってるさまが以前よりも大きくはっきりわかるようにつけられていたかと思います。個人的には、政本さんがみんなを眠らせるときの「ぽんぽんぽんぽんぽんぽん!」てのがすごいツボった( ̄▽ ̄)。増量されてたよね、あれ。あと白雪姫でカタラビュットが乗る脚立は、出てくる時に開いたまま固定、にされたようです。安全第一。

 キャストで注目なのは、なんといっても新しくソリストで入った宮川さんですね。新大と書いて「あらた」と読む。島根から4人の王子に入ったようですが、今回はフォーチュン王子も。つか、いきなり赤提灯ですよ( ̄▽ ̄)! その辺り、和田くんのピンチヒッターだったのかなあ。いや、あの赤提灯を着こなせるのは永田くんくらいかと思ってましたが、なんかこう、なんだ、えーと、とにかく着こなしてました。帽子があるのではっきりとはしませんが、森川くんと安田くんの間くらいの身長じゃないかな……というと、杉山くんくらいですかねぃ。とにかく柔らかい。いろんな意味で柔らかい。そしてエスコート慣れしている。なんというか、こう、「場慣れ」とでもいいますか。経験値が違うーーーΣ( ̄ロ ̄lll)! みたいな感じ。脇に森川・入戸野という自己主張の強い二人がいながら(安田くんの立場は……orz)、「押し出しが強い」わけじゃないのに、すっと目が行くんですね。メインのサポート(つことは最後のサポートもなんですが)は森川くんなのに、両脇からオーロラの手を取ってレベランスに出る時に、どう見ても宮川さんの方がサポートしてたように見えるという(・_・)! あははは。いろいろ伊達じゃねえな( ̄▽ ̄)。
 フォーチュン王子の方は、技の精度はよっぽどしっかりしてましたが、もう一つ何か欲しい感じも。初役だったようだし、カンパニーに慣れてくれば、もっといろんなものが出てくるかもですね。

 とりあえず。

 

| | コメント (0)

2015/10/16

あさがお

Ca3k1788

 ブログのイラストは夕顔ですが、うちの近所はまだ朝顔が満開だったりしますのよ……。

 (す、すみません、静岡めちゃくちゃ楽しかったし、K村さんはめちゃくちゃかっこよかったんですが、ちょっとほかのことが滞ってましてん……orz。あ、杉山くんの七三分けはツボでした)。


| | コメント (0)

2015/10/07

ドン・キホーテの夢 その6

 さて、ここまでくれば……。

 ええと2幕ですね。通常通り居酒屋からです。メルセデスはいないし、エスパーダのソロは1場でやっちゃったしで、ホントにさくっと。エスパーダがモテモテの設定になっていて、キトリの友人達含めて「きゃー、きゃー、くらっ、くらっ」と、ここは登場からえらい騒ぎに( ̄▽ ̄)。政本さんの「あたし、もうだめーーー」に大笑いだったよ!
 メルセデスがスカーフ(?)をかぶってキトリのふりをして、その間にエスパーダがキトリを連れ出そうとするシチュエーションはなくなってですね、友人二人とキトリの三人が並んでベンチに座って扇で顔を隠し、ロレンツォがひとりずつ検分していって、最後にキトリが「みつかっちゃった〜」ってなったかと思います。その後の狂言自殺は普通にあったけれども、なんと、舞台の前の方でガマーシュだのロレンツォだのがわあわあやってる間に、後ろでカンパ袋を回して結納金(?)を集めるという∑ヾ( ̄0 ̄;ノ。そいつあ気がつかなかったなあ……っていうか、最初からそうしとけよ! と思わないでもない。
 もちろんキホーテの脅しもあるんだけど、カンパ袋を受け取ったロレンツォが「これならオッケー╭( ・ㅂ・)و グッ !」となるので、キホーテの役割がちょっと曖昧になっちゃった感じだなあ。

 喜びの舞は短めだったかな。暗幕が降りて、幕前を登場人物達が下手から上手に走って行きます。ロレンツォは真ん中で、カンパ袋を持ってにんまり、で、全体に「お金大好き」な演出に。リハ写真であがったキホーテが跳んでるのはこの場面でした。槍を構えてスローモーションのジュテで横切って行きました……ええ、「スローモーションのジュテ」ですよ( ̄▽ ̄)! そうくるとはなあ……。

 結婚式の場面は、キューピッドなしのほかはほぼ通常通り。侯爵たちが出ないので、観客席が上手(キホーテとサンチョ)、下手(ロレンツォとガマーシュ)に別れてたかな。
 ファンダンゴは、くどいけどメルセデスがいないので、闘牛士+女性達(6組)に、エスパーダのソロ。これは新しく振付直しだったけど、正直よろしくないです。酒場のソロをアレンジしたような印象の「ぴしっ」系ではあるんですが、振付もよろしくないし、森川くんもよろしくなかった。メルセデスでなくてもいいから、ここだけ女性を入れて、いつも通りの振付でやった方が全然いいよ……orz。
 ヴァリエーションは通常通り友人二人が踊りますが、着替えの時間がないので、衣装は元のままです。ここも仕方ないのかも知れないけど、やっぱり晴れ着(というかチュチュ)で出て欲しいところ。元の衣装で入場で、ファンダンゴの間に着替えるんじゃダメなのかなあ。衣装が違うとわかりづらいとかいうことなのかしらん。

 最後は暗幕が降りて、再び幕前。キホーテ一行のほかになぜかガマーシュも幕前に取り残されますが、キホーテがガマーシュに意気を感じて(なのか)、二人ですっかり意気投合し、肩を組みつつ次なる旅へ出発します。それはアレですか、スポンサーゲット╭( ・ㅂ・)و グッ ! ってことですか( ̄▽ ̄)? そしてサンチョの「旦那様の夢はみんなを幸せにする夢だなあ〜」的なナレーションで、めでたしめでたし。

 幕が開いてのフィナーレは、ファンダンゴ一行が1階、ゼギティリア一行が2階での例に寄っての客席サービスがありました。虎ちゃんがすぐ近くに来てくれて嬉しかったよ( ̄▽ ̄)! 
 馬2頭は、移動式の台に本体を置いて、中の人二人ずつが外に出てカテコ。群舞が客席に行ってしまってちょっと空きのできた舞台では、居酒屋の場の最後の喜びの舞の音楽で、指ぱっちんダンス大会でしたが、踊り足りなかったのか何かしないといけないと思ったのか、木村さんがモンキーダンスやらなにやらガンガンに踊りまくってて、なんかわかんないけど面白いもんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! に。で、ここははめ外してもオッケーだな╭( ・ㅂ・)و グッ ! と、馬(前)の山田くんが踊りまくり、馬(後ろ)の上瀧くんが満面の笑顔で控えめ(対山田比)に踊る、というどんちゃん騒ぎ。やっぱり最後の最後で「主役はタイトルロール」が持って行って、無事に初演2回の幕が閉じたのでありました……。

 はあ、静岡の前に終わってよかったw。

| | コメント (2)

2015/10/03

ドン・キホーテの夢 その5

 ぐずぐずしてるうちに、ダンマガの最新号にレポが出ました。馬の写真もあるから見てー♪

 で、夢の場です。幕が開いたところで、キトリ(の衣装を着た影武者)とドルシネアが背中合わせだったか向かい合ってだったか、回転して入れ替わって、「キトリが変身してドルシネアになった」のを見せる場面があります。これはちょっと新しいかも。マールイの「くるみ」の旧版(ボヤルチコフ版)での、王子とくるみ割り人形の入れ替わりがもちょっとスムーズになった感じ、かも(←覚えてる人は少ないのかなあ……orz)。

 そしてなんと、ドリアードの女王をばっさりカットという大胆なことに。ドリアードの3+4も抜いて、その部分は子役のキューピッドさんたちが埋める感じ。振付はドリアードの群舞とキューピッドさんたちで分け合う感じかなあ。そういえばバリシニコフ版だと、キューピッドとドリアードの女王がそこを踊ってたような記憶が。まあ、目黒は東バの地元で学校もあるからってことで、もし地方公演をやったら普通にドリアードの3+4になるのかも(通常版の地方公演でもキューピッドの子役は出ないので)。

 ドルシネアのヴァリといえば、後方でのキホーテの「うっとり〜♪」ですが、今回はなんとなんと、アチチュードでキホーテがそっとドルシネアの手をとってサポートする「ビミョーにPDD」な演出にヽ(´▽`)/! 手をとってはうっとり、手をとってはうっとり、じーさん血圧上がりすぎじゃないのかダイジョブか〜♪ 子ドンキでは酒はないしねーちゃんは少ないし、になっちゃうのかしらんと思っていたらここで思わぬボーナスだったねえ……。いや、これは一本とられた。いい演出だったわ〜♪

 そして最後の総踊りとなって、キホーテの幸せも最高潮に……というタイミングで、ですよ、ああた( ̄ー ̄)ニヤリ。夢の世界でドルシネアならぬ純白の「お嫁さん馬」を見つけた馬が、ステップ踏みながら舞台を横切っていくという、シュールな光景がそこに。
 やや下手で「うっとり〜」と上手方向のドルシネアたちを眺めていたキホーテが「はっ」と振り向くとそこには馬が(・_・)!
 「う、馬!?Σ( ̄ロ ̄lll)!」と驚愕するキホーテが上手を見れば、そこには変わらぬハーレム……じゃなくて夢の世界。そして振り向けば、馬。上手に姫、下手に馬。さっきまでの理想郷から、一瞬にして悪夢のズンドコに叩っこまれ、夢と現実が交錯しまくって、完全に混乱して悶え苦しむキホーテが……いやあ、いくら悶え苦しむのは木村さんの十八番とはいえ、まさかここでそんな目に会うとわっヽ(´▽`)/。上手奥からのグランジュテのとこで、サンチョがジュテで出てきたらどうしよう(わくわく)と思ってたんだけど、さすがにそれはなかった。

 苦悩のうちに幕が降り、ぶっ倒れたキホーテに馬が付き添っているところにサンチョが戻って参ります。
「水は? なかった?」……っていうか、どうやって汲んでくるつもりだったんだそもそも( ̄▽ ̄)。そしてキホーテは相変わらず高熱(そりゃそうだ)。水はない、人はこない、せめて、せ、せめて、せめてせめてせめて……と、サンチョがリュックから巻物を取り出してパラリと垂らし、「15分の休憩を〜」で、ようやく1幕が終わるのでありました。

 なんかアレだな、巻物に「休憩一五分」とかなんとかあったわけだけど、今書きながら、ドナウの例の横断幕を思い出したりしてだな( ̄ー ̄)ニヤリ。
 んで、「お嫁さん馬(ば)」というのはもしかして「お嫁サンバ」にひっかけたのかΣ( ̄ロ ̄lll) と思ったのは、かなり後のことでございました。はい。そういえば「お嫁サンバ」もヒロミ・ゴー……。

| | コメント (2)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »