« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015/11/22

神奈川ドンキ2

 Ca3k1813

 いやもう全然更新できてないんですが、とりあえずドンキ当日の山下公園など。この日は近くでカモメに餌やりをしてるじーさまがいらして、なかなかヒッチコックっぽい状況に。

 ええと。もう本当にいろいろなんですが、とにかく雑感だけ。

 個人的に印象に残ったのは、闘牛士のナイフのダンスの最初、海老ぞりジャンプの一瞬だけ「ヒャッハー!」になった安田くんとか、茶髪にしたのにイメチェンにはならなかった杉山くんとか。いや、ナガセみたいなキンキンではなくて、軽く色抜いたくらいだったんですけどね( ̄▽ ̄)。
 あと、バジルとキトリが金の算段をしている間中、「うん、うん、わかるよおやっさん、うんうん」とロレンツォのグチを聞いてやってた中村くんとかな。で、二幕の幕開けと同時に、下手から走ってきてキリモミジャンプで上手に抜ける役ですが、今回は、中村くんが下手からヨロヨロ……と出てきて、真ん中でふらふらーーと回って、そのまま倒れて大の字に寝てました( ̄▽ ̄)。どんだけ酔っ払いオヤジが似合うんだよ!

 そして「おつき」は上瀧くんでしたが、昨年の「立ってるだけで動けません」状態から、ザッキーのガマーシュとのコンビネーションもよくなり、小芝居もうまく動くようになりましたが、そうなってみると初役のあの全身から醸し出される悲壮感も、あれはあれで捨てがたかったなあと思って見たり。うっかり上瀧くんに気を取られてたらなにか回りで拍手がしたので「はっ!」と見たら、梅ちゃんが沖さんを片手でリフトしながら回転してたりしてな、もう見所を全然間違ってるよなー( ̄▽ ̄)、と。
 杉山闘牛士が、キトリの友人のどっちか(あるいは両方)にココロを奪われて振られて泣く、というのはデフォルトになったらしい。今回は入戸野くんがいなかったので、松野くんに泣きついてたんだったかな。そして杉山くんが女の子にココロを奪われている間に、キホーテ様がココロを奪われていたのはブドウだったような。

 木村さんのキホーテもすっかり安定したクオリティで、複雑な心持ち( ̄▽ ̄)。パドシスの最後はすっかり「人さらいのおじさん」になってましたよ。そして今回のヒムロックのキホーテ釣りはソーセージ(連結した長いの)でありました。
 でもやっぱり、夢の場の最後になるとどうしても馬が! 頭の中を馬がステップ踏んで通り抜けていくんだよう、目の前のキホーテは幸せいっぱいなのに、どうしても「馬?!」って振り向くキホーテが見たくなるんだよう、もうどうすればーーーー(馬の呪い)。

 沖さんはもともとキトリキャラだと思うけど(スワニルダとかも似合いそう)、梅ちゃんもすっかりバジルが板について楽しかったな。お客さんのノリもよくて、狂言自殺のところで拍手がきてたりしたような(笑いだっけ?)。テクニック的にもずいぶんよくなったよねえ。フィニッシュのフィッシュで、沖さんを乗せる位置がよくなかったらしく、片手で「よっ」って乗せ直してたりしたのも含めて(←いやあ、動じなくなったなー( ̄▽ ̄))。

 ま、そんなこんなでたいそう楽しうございました。来年もやらないかなー。

| | コメント (0)

2015/11/10

静岡子眠り 3

 さて、ラスボスです。全国公演最終日、最終公演ともなればそれはまさしくラスボス。「ラスボス」と「カラボス」って似て……てないですね、ええ。

 ギリシャ公演で、GPDDの白の衣装の方は写真が出てましたが、前半の紺の衣装はどうだろうなーと思っておりましたけども、というか全体に男性の衣装は素材が固い感じがどうなんだろうと(4人の王子のロンドンも固そうですよね)。いやー、それが思いの外なじんで似合っておりました( ̄▽ ̄)。多分、ベルト下の部分が他の人よりも短かったんじゃないかなー。そしてまあ、このラインですよヽ(´▽`)/! どこに内臓入ってるんだろう、ビールが主食だとこういう身体になるのかという(なりませんよ……)。久しぶりの白タイツが眼福です (*_ _)人。なにしろ、こう、出てきて立った瞬間にそれまでのものが全部すっとびましたからねぃ……はああああ。なんだこのエラソウ……じゃなくて、ええと、ってホントになんなんだろうな、という。まあ確かに「王子」にしちゃ若干アレですし、かといって「存在感」てなとこで納めるのもナンだし、「圧」はあるけど「威圧」じゃないし、「風格」でもいいけどむしろ「格違い」なのかなあ……などとぐるぐるしつつ、あれか「真打ち」かやっぱり、的な。まあ「王子」よりは「ご領主さま」になっちゃうのはしょうがないよな……。いいじゃないか、王様が長寿で存命なんだよ( ・`ω・´)キリッ!

 2幕の頭のところって、舞台の中程に森の背景幕(出入口つき)があるので、幕前芝居ってほどではないけど普通より奥行きがないんですね。で、静岡のホールって、目黒よりは大きいと思うんですが(目測なので実は違ったりするのかも)、木村さんが跳ぶとやっぱり狭いんだなあ、と思ったのがちょっとびっくりだったりして。
 そしてリラの精から剣を受け取ってからが強い強い( ̄▽ ̄)。弾くんの初役の時も「つよいなー(・_・)」と思ったけど(←今はそうでもないのは見慣れたからか)、本当につおかったです。久しぶりにココロの中で ♪強いぞデジレ、強いぞデジレ♪ を歌ってしまった(←本歌は「強いぞガメラ」)。チャンバラの振付も全部同じなので、何がどう違うんだと思いながらも、なんですかやっぱり「エラソウ」度の差なんでしょうか。笑っちゃうくらい強かったです。

 GPDDも、ベイサイドのドンキの時よりもぐっとよかったような気がします。止めがしっかりしてるのでポーズが美しいのはいうまでもないですが、なんかねえもう「コレが見たかったんだよコレがあああああっヤッタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!」っていう。

 というわけで、なんか単にコーフンして終わりましたが( ̄▽ ̄)、まだまだ古典も踊って欲しいなあ、みたいなあ、という気持ちでいっぱい。スタミナ的に全幕がっつりは大変なのかもしれないけど、こないだのベイサイドみたいに抜粋とか、「真夏」みたいに短いヤツとか、なんでもいいからまだまだ見たい……。本当は、ライト版の白鳥のベンノが見たいんですけどね(チーちゃんがやったヤツ)。チーちゃんのベンノと木村さんのロットバルトのタイマンが見たかったなあ(無理難題)。

| | コメント (0)

2015/11/01

神奈川ドンキ1

 かんじんの最強=ラスボス=デジレについて書いてないんですが、多分気になってる方も多かろうと少なかろうと「かろう」の意味がちがかろうと、とりあえず神奈川のドンキについての雑感だけ。

 で、多分いちばん気になるのはエスパーダで東バデビューを果たした新プリンシパルの秋元さんなんですが、もう「さん」なのか「くん」でいいのかよくわかんないんですけど……っていうか全部ホントは「さん」にしろよと思わなくもないんだがもういまさらなにをどうしろと、ということでええとなんだこりゃ。

 自分はとてもよかったと思います。さすがに落下傘してくるだけのことはある。初役でアレをアレだけ踊れれば充分じゃないでしょうか。中島くんがあれだけヤバかったことを考えれば……。ううむ。「踊れている」という点でいえば、木村・高岸に次ぐくらいだったと思いますですよ(首藤さんは生で見てないんだよな−)。最初のソロのとこでちょっとムレタに振られちゃったところはあったけど、それくらいかなあ。酒場のソロは膝回転ありで、これがかなりきちんと踊れてたのにちょっと驚いた。簡単そうに見えて意外と難しいんだよなあ、アレ。踊りながらところどころ、高岸さんを思い出させるようなところがあって、まあ髪型のせいもあるかなーと思いつつ。「目と身体の小さい高岸さん」と思って見たけど、そりゃ高岸さんじゃねぇよ( ̄▽ ̄)。芝居自体は木村路線を踏襲しつつ。1場のメルセデスの踊りの間に口説く場面では、ちょと色気のある立ち話。いやー、さすがにあそこで「手出し」が許されるのは木村さんだからだよな。あとはキホーテ登場まで舞台にいて「顔、びろーん」までやってくれればなおよろしいかと。

 身長は概ね、岸本くんくらいじゃないかな。あの衣装は木村ラインがデフォルトなので、その点は少々……(←特に秋元さんのガタイがいいとかではなくて、単に木村さんのラインが木村さん過ぎるだけで)。芝居のところで多少……なところはないではなかったけど、カンパニーになじんでいけばそういうのは解消するな、と。てか、むしろ初役デビューであれだけなじんでれば御の字という方だろうなあ。

 そういえば、梅ちゃんの(←こっちはプリンシパルなのに「ちゃん」呼ばわりだし)バジルも、キトリにガマーシュをからかわさせるとか、今まで梅ちゃんはやってなかったんじゃないかな? という辺りに木村さんの持ちネタがあちこち入っていて(「飲みにいこーっぜ!」もあったし)。木村さんがどの程度指導に関与してるのかはわからないけど、考えてみれば最後に残った初演オリジナルキャストなんだもんなあ。
 個人的には、女子を佐野さん、男子を木村さんが見つつ、友佳理さんが統括していくみたいな指導体制になっていくといいのかなあと思うんですけどね。あれほどのレパートリーを持ってる人はいないわけだし。

 新ソリストの宮川さんは闘牛士。なんかもうすっかりなじんで( ̄▽ ̄)、子眠りの時は人数が少ないのもあってか、「おおっ!」という感じだったんですが、もはやどこにいるかもよくわからない状態に。オーラの出し入れ自由の人が増えたなあ。杉山くんとふたりで、サンチョを捕まえてトランポリン(的なアレ)に投げ込む係をやってました。

 で、会場で4月の29・30のラシルのチラシをいただきました。おっつけ郵送で案内もくるんじゃないかな。29が渡辺+宮川&吉川&木村、30が沖+松野&河谷&森川。
 宮川さんのジェイムズは期待大(これはブルノンヴィルで、ジェイムズじゃなくてナポリだったみたいだけども)。そして来年も木村さんが見られて嬉しいのだ〜。杉山くんのガーンとかあると楽しそうだな……ないかな。前は和田くんだったっけかな。

| | コメント (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »