« アカデミーのガラ、最後まで。 | トップページ | 新版白鳥初演 い »

2016/01/31

美佳姫の退団&ドリームタイム

 美佳姫の退団のおしらせが出ました(こちら)。昨年の高岸さんの定年退団から勘定すれば、それぞれの(順調にいったとしての)退団時期はわかるので「スケジュール通り」ではあるのですが、それにしても淋しくはあります。退団後、今年いっぱいはBBLへということで、期間限定ゲストダンサーみたいな形なんだろうと思いますが、向こうで何を踊るのか、いろいろ情報が入ってくるとよいですね(特別団員だからさ、そこはよろしく!)。7日の終演後に退団式があるけど、白鳥の舞台でもちょっと姿を見せてくれないかなあ。今のところキャストには出てないけど、王妃とか貴族とか、踊らないまでも、7日に来れない人にもお別れできるようなところがあるといいのに、といいつつ、ご本人が「最後の出演作はドリームタイム」と書いてるので、それはないんだろうな……。
 これで名実ともに現役トップが木村さん(入団は美佳さんより先だけど年下)、女子の入団年度でいうと奈良さんと乾さん、となるんだな(年齢的には留学してる乾さんが上? あるいは水香ちゃん?)。

 つことで、最後の出演作品となった「ドリームタイム」。すごい前に通信のインタビューで木村さんと美佳姫がドリームタイムの話をしてたことがあったよなあ、と思ったら、2006年の白鳥のときだったよあはははは(←こういう記事の抜きはマメ)。二人の共演の中で思い出の作品は? という質問で、木村さんが「ドリームタイム」、美佳姫が「ドンキ」という答えだったのね。
 今号のの通信の乾さんのコメントによると、今回美佳姫の組は計8回の登板。「インザミドル」の水香ちゃん(9)と川島さん(7)を足すと全16回になるので、公演の半分、ということみたい。ドリームタイムはほかに、川島組・沖組と3組で回ってるのが公式TWで確認できるけど、自分は沖組は見られなかったです……orz。ちなみに「インザミドル」の伝田組は結局登板なかったみたい……(ノ_-。)。

 で、ドリームタイム。15年ぶりの再演とあって、さすがに初めて見ました。墨絵、というよりは和紙でできた照明用インテリアのような質感の巨大なスクリーンロール的なものが背景に。音楽は武満徹。女性3人は茶と黒の間のようなシンプルなドレス、男性2人は黒の長パンのみ。女性3人による無音の部分から始まって、最初の組でいうと、乾+梅澤→小川+木村→梅+木村+吉岡→女性3人による幕切れ、で、タイミングを忘れたけど梅ちゃんと美佳姫はソロが入る、と。先述のインタビューで木村さんが「スピードが速いし流れが止まるともう続かない」と言ってましたが、男性は運搬も多いし、こりゃ結構な重労働だわ( ̄▽ ̄)。ちなみに写真から見るに、美佳姫は15年前は小川さんのパートだったみたい(木村さんは前と同じ)。川島組は同様に、政本+岸本→吉川+松野→岸本+松野+川島、の流れ。

 木村さんと小川さんのPDDって初めてだと思うけど、雰囲気はすごく合っていた。小川さんはサイズ的にちょっと大きいかな……と思ったけど、あんまり気にならなかったな。最初の方の、片腕を頭の後ろに、もう片腕を外へ伸ばす独特のポーズ、乾さんがすごくはまっていて、その後の両手を水平にしながら「ひらひら〜」みたいに横走りに近い感じで走って行くのもすごくよくて、とにかく乾さん大好き〜、みたいな( ̄▽ ̄)。
 プログラムによると、日本語の「ドリーム」で思うところの「夢」というよりも、もっととらえどころのない、むしろ「逢魔が時」のまどろみみたいなイメージの作品ぽい。木村さんが出ると唐突に悪夢っぽくなる気はするけどな……。美佳姫のときは、夢に翻弄される美佳さんが本体で、女性二人がその影、のようなイメージも。美佳さんのちょっと悲劇的な趣のある透明感がよく出てた。川島さんの時は、男性二人が若いのもあって、むしろ本体である川島さんの方が夢を翻弄していたような気が。二人の男性の間を、液体にみたいに流れていく感じですごかった。松野くんと岸本くん、背がだいぶ違うから、三人で組むところはちょっと不安定だったかな。政本さんは、これも乾さんとは違う感じではまっていて、モダンがドラマチックに踊れるタイプかも。吉川さんもピュアな持ち味が出てて、作品世界にうまくはまってた感じ。

 で、美佳さん、木村さん、梅ちゃんと組むと、梅ちゃんのピュアさと木村さんの父性がガチで増幅されて(笑)、この二人で「時節の色」が見たいなあと思いましたん。「思い出」は誰でもいいというわけにはいかないけど、えーと、奈良さんでも乾さんでも渡辺さんでも面白いと思うけど、「時」と「思い出」の「父性」「母性」が前面に出た面白い舞台になると思うんだけど……。

 
 
 

|

« アカデミーのガラ、最後まで。 | トップページ | 新版白鳥初演 い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アカデミーのガラ、最後まで。 | トップページ | 新版白鳥初演 い »