« 新版白鳥初演 西宮 | トップページ | 新版白鳥 ろ »

2016/02/28

いんざみどる

 いやもう仕事の愚痴ならいくらでも書けるんですが、つかもうマジあり得ねえなんだそりゃがあと1年続くわけでもう死ぬ死ぬってなんか昔の松本零士かよみたいな状況なんですが。

 そんなわけでお久しぶりです。もう何をどう書けばいいのかわからない( ̄▽ ̄)。ブルメイステル版の前にインザミドルもあったし、映画も何本も書きたい話があったのに、人間、食欲と物欲だって抑えがたいのに、睡眠欲に勝てる人なんてホントどこにいるのあーなーたーーーーっていう。

 ええと、ちょこっとだけ、インザミドルの話。

 プログラムによるとキャストは3組あったはずなんですが、実際には水香ちゃん組と川島さん組の2通りで、伝田さん組の登板はなかったみたいです。メンバーに入っていた河谷さんと宮川くんが、前半でオーストラリア出張(コッペリア主演)があったので、後半に投入なのかと思っていたんですが。こちらの組に杉山くんが入っていたので(プログラムの記載では入戸野くんのパートと思われ)楽しみにしてたし、伝田さんも今自分的にはすごい推しなので見たかったんだけどな……。

 というのはさておき。

 初日の水香ちゃん組では、とにかく奈良さんに圧倒されましてん。すごいな、本当に。なんというか、こちらに挑みかかってくるようなね。今もうとにかく絶頂期というか、何をやらせてもハズレがないんじゃないかな。初日はその奈良さんを受け止めきれてなかった弾くんが、日を追うに連れてどんどん対等に近づいていくのもなかなかのものでした。
 奈良さんと同様に、ステップひとつひとつに意味なり感情なりセリフなり、自分の役柄を乗せていくのが川島さん。近くの席だったのもあるかもだけど、こちらも気迫に満ちた踊りで、目を見張りました。奈良さんのパートが渡辺さんだったので、水香ちゃん組とは攻守が逆、みたいな印象。

 入戸野くんもはずさないなあ、というか、テクニックの上にひと味盛ってくる感じ。同じパートを踊った高橋くんはなんかよくわかんないけどすごい面白い。面白いとしかいいようがないというか( ̄▽ ̄)。白鳥では子道化(青)でしたねん。ほかの脇では、伝田さんが川島さんと並んでひけをとらない迫力。崔さん、吉川さんもよかったなあ。

 公演通して多分いちばん成長したのは弾くんではないかと思うんですが、2日め辺りだとソロがこう、
「由良之助になってるよ、おい( ̄▽ ̄)」という。松野くんもときどき勘平だったし、河合さんもたまにギリシャになってたりして、やっぱり身体は慣れた方にいっちゃうのかしらん、とも。
 秋元さんは、さすがのプリンシパル入団。テクニック的には弱めの渡辺さんはぐいぐい支えて(←日本語的には変だけど)、川島さんとはガチ。ソロを見ながら、近々に由良之助がくるだろうなー、とそれもそれで思ったりしました。

|

« 新版白鳥初演 西宮 | トップページ | 新版白鳥 ろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新版白鳥初演 西宮 | トップページ | 新版白鳥 ろ »