« 美佳姫の退団&ドリームタイム | トップページ | 新版白鳥初演 横須賀 »

2016/02/07

新版白鳥初演 い

 二月に入ってあっという間に一週間ですが、東バ白鳥の湖新版初演、3日通しで行って参りました。初日はこちらのテンションも低いということもありましたが、2日めになってようやく眼が新版に慣れたというか。正直、初日は旧版の残像との闘いでもあったなあ、と思います。ゴルスキー版、いろいろあるけど結構好きだったんですよねえ。グランアダージョの最後の扇が中から外へ向かって高くなっていく陣形とか、特に2幕のコーダはやはりいい版だと思うんですよ。最後の円形になったコールドがぱっと伏せて主役がばーんって眼に飛び込んでくるところとか、三羽のぴしっとしたポーズとかね。あれは今でも最高だと思います。4幕の、かなわないとわかっていても助太刀に飛び出してくる白鳥たちとか、団結の勝利ってあたりがいかにもソビエトっぽいじゃないですか( ̄▽ ̄)。

 まあそれはそれとして。

 初日、2日と2階サイドから見て、最終日の今日は祭典枠の1階正面激近で見ました。それもあるのでしょうが、今日が個人的にはいちばんよかったように思います。もっとも「よかった」の中身も人によってちがうけどな。ほら、川島応援団ですし。物語の完結度としてもよかったように思いますし、周囲のノリもいちばんよかったのではないかと。

 イワノフ版に戻した2幕は、初日はやっぱり「普通のものを普通に見た」感が強くて、なんかこう物足りないというか、気抜けした感じがありまして。揃ってるとかそろってないとかじゃなくて、「あ、普通だ」っていう(←特に「普通のもの」を見たいわけではないタイプ)。特に不満だったのは3羽で、歴代の3羽が強者揃いだったというのはありますが(ここ二代でもオデット3人、オディール1人、悪魔1人(!)輩出してるもんな……)、こう、キリッ! とした感じが欲しいんですよ。4羽は「ぽよぽよ〜」でいいんですけど、3羽はオデットの留守を預かるといいますか、お姫さまをがっちり守る親衛隊といいますか、お姫さまも頭が上がらない侍女軍団といいますか(笑)、そんなイメージもあったりして。いや、自分のイメージが間違ってるような気もしなくもないんだけど、ブルメイステルの4幕だとそういうとこありますしね(帰ってきたオデットが3羽に抱えられるような)。ちっちゃい4羽はぽよぽよで、大きな3羽はキリッという、そういう対比がいいんだよなー、という。
 それが初日になんというか、かなり弱々しいような印象があって、先頭が政本さんなのになぜーーΣ( ̄ロ ̄lll)1!! みたいな。2日めは崔さんが先頭で、キリッとした3羽になっていたし、花嫁候補を踊った政本さんも、いつもの政本さんのくっきりはっきりな踊りだったのでちょっと安心して、そして今日の3羽はちゃんと政本さんらしい大きな踊りでよかったーーー、と。コーダの辺りでちょっとぽよぽよした気はしますが、大柄な人なので、決まったときはすごくいいんですが、迷いがあったりすると大きく出ちゃうのかな。真ん中の二瓶さんも正確でマイペースで、すごくよかったです。カトルも含めてやっぱり上手いなあ、って。

 あとせっかくイワノフにしたんなら、ロットバルトを降ろしてくれても……(-_-X)と思わんでもないw。

 とりあえず。

|

« 美佳姫の退団&ドリームタイム | トップページ | 新版白鳥初演 横須賀 »

コメント

初日見ました。
二幕はコールドが「揃ってる」ことに感動した口で(笑)ぢ、三羽はやはり不満でした。真ん中の二瓶さんの位置取りが不安定で右に寄ったり左に寄ったりに見えたのですが。パドカトルは素敵でしたね

投稿: イヴ | 2016/02/08 10:55

イヴさんは初日でしたか。
初日の三羽、確かに位置取りはぶれてた感じですね。
3日めの方は1階だったのもあって、それほどは感じなかったですが。
中日のメンバーの方がいろいろ「ぴしっ」だった気がします。
カトルはどの日もみんなステキでした〜。

投稿: 綾瀬川 | 2016/02/09 02:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美佳姫の退団&ドリームタイム | トップページ | 新版白鳥初演 横須賀 »