« 新版白鳥 ろ | トップページ | ハンブルグ「真夏」1幕 »

2016/03/20

まあグチですが。

 3月に1本しかエントリを上げてなかったという驚愕の事態Σ( ̄ロ ̄lll)。
 ツイッターの方にグチは垂れ流してますが、会社の方が完全な非常事態になってまして。まあ要は沈みかけた船から鼠が逃げ出していくように人が引く中で持ち場を死守せよみたいな状況です。ぢぶんはといえば、上半期の総括面接のときの課長の言に寄れば、上半期に「時間当たりのデータ登録件数」で社内記録を更新したりしてたらしいんですが、ここ3ヶ月、それを完璧に上回るペースでしごとしてるにもかかわらず、まるで追いつかないというオソロシサ……。オレだって、手は2本しかないし、頭なんて1コあるかどうかもわかんないんだよヽ(`Д´)ノウワァァァン!

 つことで、肉体的にも精神的にもぐっちゃんぐっちゃんの廃人状態。この状態でハンブルグバレエ、「リリオム」は絶対無理(←元になったミュージカルの映画版が大キライ)、へいじつのガラなにそれたべられるの、というわけで、楽日の「真夏」だけ見ました。それでもかなりツラかったです。精神的な不寛容さもさりながら、主症状が肩こりと疲れ目なので、帰宅した日曜の夜からげえげえ戻して、水分だろうが何だろうが入れれば入れるだけ上から出す、寝てる暇なし、からの月曜も定時出勤、さすがに定時でずらかって(←サブロク協定があるのでどうせ毎日は残業できないけど、残業しないと翌日が地獄w)、遠絡治療を受けたらだいぶしのげたものの、まだ相当肉体的にキツイ……。

 ま、そんな感じなんですが、明日はそのキツかったハンブルグの「真夏」について書こうかと思います。
京都の写真とか、白鳥とか、いろいろあきらめてはいないんですのよ。

Ca3k1972

 こちらは東福寺からすぐの芬陀院(ふんだいん)にて。雪舟庭(復元)があるとて、初めて入りました。こぢんまりとしてますが、ある意味オーソドックスな、いいお庭(とお寺)です。

|

« 新版白鳥 ろ | トップページ | ハンブルグ「真夏」1幕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新版白鳥 ろ | トップページ | ハンブルグ「真夏」1幕 »