« ハンブルグ「真夏」1幕 | トップページ | 子宮筋腫その後 »

2016/03/27

ハンブルグ「真夏」2幕

 間が開きましたが、2幕です。2幕は「和解」から。アシュトン版だとタイターニアとオベロンの和解のPDDに使われる曲ですが、これを4人のバカップルの「和解」の場面に。
 これがじわじわとよい場面でした。本来的には、ライサンダーとハーミアはともかく、デミトリアスは「魔法」でヘレナとカップルになってるのでそんなにめでたいわけではない(と自分は思う)のですが、リアブコのデミトリアスはそういうことはもう関係ないといいますか、コメディの中から一歩抜けたところでのヘレナへの愛情というのが、すっと差しだした腕などに感じられて、こういうところがリアブコの真骨頂なんだろうなあ、と、しみじみしました。喧噪が終わってみれば、傍にいたヘレナのいじらしさが残った、みたいな感じね。まあヒポリタの部屋まで行くとまたコメディに戻るんだけど( ̄▽ ̄)。

 そしてヒポリタとシーシアスの方の「和解」。ここの場面がいちばん好きだったかなあ。とにかくブシェの美しいことといったらああた! ヤロシェンコはピンチヒッターだけあって、細部にちょっと「うにょ?」なところもなくはなかったですが、個人的にはたいへん好みのダンサーでした。また来ないかな。

 結婚式の場面はもりだくさん。デミトリアス・ペアと仕官たちの踊り、ライサンダー・ペアと庭師たちの踊りは両方アシュトン版だとボトムだなあ( ̄▽ ̄)とか。今回の体調だと、こういうディベルティスマンぽいのはかなり楽しい。最後の「ザ・グランパ」とでもいうべき大団円も含めて。

 で、職人さんたちの劇中劇。これは楽しかったなあ。1幕の「おけいこ」の場面でなんだかわからなかった白い袋を吊してる人は、あれ白いのが「月」で黄色いのが「太陽」なのね( ̄▽ ̄)。黄色いのが出てきて初めてわかったという……orz。RJの劇中劇プロデュースbyマキューシオで、虎ちゃんが書き割りを着て昼になったり夜になったりしてたけど、二人がかりで同じように書き割りを着たりするのも含めて、いたるところに「アレ」の原型をみるような(……って、どっちが先なんだっけ?)。ラストもまああんな話だし。しかし、めでたい結婚式の場で「RJ」的な恋人すれちがい心中話をやっちゃう、っていう、この気のきかなさというかツラの皮の厚さというか、そりゃ典礼官が邪険にするわ( ̄▽ ̄)。
 ライオン役の小柄な人が、1幕からすごくいい動きでしたねえ。あと2幕だったかな? オルガン弾きの人のパーカッションが超絶に忙しくて、プロ呼んできたのか? って思っちゃいました。そっちに目を取られて、忙しかったよう。

 最後は森のオベロンとタイターニアの和解がかぶさるように(そういえばインド人の子どもはいなかったんだな)。1幕で、森でのできごとはヒポリタの夢のような演出があるけども、2幕の始めが森での和解なので、1幕最後にベッドに乗ったヒポリタが出てくるのはおかしいんだよね。だけど最後に森に戻ることで、もしかしたらヒポリタの夢も含めて全部タイターニアの夢だったのかもしれない、というメタメタな構造に。こういうところは「若いなー」と逆に思ったりするわけですが(「上手く」はないです決して)。

 さて、典礼官=パックですが。彼は本当はヒポリタとシーシアス、どちらに恋してたんでしょうね? とケムに巻いて……って、まあそういうわけでもあったようななかったような( ̄ー ̄)ニヤリ。個人的には典礼官の時の方が好きでしたねえ。
 しかし「森の中」がヒポリタの夢だったとすると、ヒポリタの認識してる彼って「頭カラッポでヘマばっかりしやがる無能なシーシアスのペット」なんじゃね? 

|

« ハンブルグ「真夏」1幕 | トップページ | 子宮筋腫その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハンブルグ「真夏」1幕 | トップページ | 子宮筋腫その後 »