« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016/04/29

佐多バレエシンデレラ1

 さて、第3部はシンデレラ。本来の3幕ものを2幕に端折ってありますが、お話はきちんと完結してます。2幕だけだと「そこで終わっちゃうの?」みたいになるもんねえ。枝葉(ダンス教師とか、美容師の出張サービスとか、演出によっては入ってくる「お母さんの靴」エピとか、謎のナポレオンとか)はさっくり切って、普通に知られている骨格+αみたいな感じ。振付はスタジオの講師の斎藤隆子さん。

 シンデレラを踊ったのはやはりジュニアの生徒さんでしたが、出番も多く、2幕ものという長丁場をびっくりするほど堂々と、キラキラモードつきで立派に踊りきっていました。いやー、びっくりするわあ。王子は三木雄馬さんだから、難しいリフトのサポートもばっちり。

 義理の姉は、姉が樋田さん、妹が宇山さん。宇山さんはプログラムでは上級クラスになってますが、佐多さんのあいさつでは教師枠らしいことが書いてあったので、助教みたいな感じなのかな。樋田さんの方が頭一つくらい小さいけど、確かに姉っぽく見える( ̄▽ ̄)。この2人の息がぴったりと合って、ユニゾンなんかも完璧に合ってたりして、もうどの場面も腹抱えて笑いました。考えて見たら、佐多作品以外の樋田さんを見るのは初めてだな……。
 加えてなんと穴吹さんが継母ですよ( ̄0 ̄)! 確か茶色のドレスにアップのヅラだったと思いますが、もう「マダム」です。これこそが「マダム」です。シンデレラの継母にこんなに品があっていいんだろうか。というか、この3人がコメディにならず、下品すぎたりなんだったりで不愉快な感じだと本当につまらなくなっちゃうのが「シンデレラ」の難しいところでもあると思うんですが、もう今回の3人はその意味でも「完璧」だったかも。

 シンデレラの「お友達の子ネズミさん」たちは幼児からたぶん小学生低学年くらいのお子さんたちで、7,8人いたかな。1人は男の子だったけど、女の子たちはちっちゃな白いチュチュつきで可愛い(けど衛生的にその鼠の数はどうなのかw←クララのうちと同様な悩み)。こんくらいの子どもって、口を「へ」にしてアンオーしてるだけでほんとに可愛いからずるいよな〜( ̄▽ ̄)。すごく小っちゃい子もいて、さすがに左右の間合いとかは取れてないけど、振りはみんなきちんとしてて、選抜されてきてるなー、という。同じくらいの年の子が、客席で泣いてるんだもんねえ(いや、そっちが普通だという気もするけど)。シンデレラと踊るだけでなく、四季の精からシンデレラのドレスや靴やカボチャを受け取って運搬するなどのお仕事もしてました。

 仙女の役も先生なのかと思ったら、上級クラスの方でした。短めのロマンチックチュチュっぽい衣装で、踊る場面は多くはありませんが、しっかりとしたお芝居。老婆からの転換は上への引き抜き。老婆を怖がる2人の姉がまた面白くてさー( ̄▽ ̄)。樋田さんてちょっと昔の松金よね子っぽいかも。
 四季の精はコールドなしのソロ。1幕と2幕がダブルキャストになっていて、ジュニアと上級の生徒さんの混合だったようです。ほかに小さい生徒さん達が「星の精」として淡い水色のチュチュで踊り、もう少し大きい(小学生〜中学生くらい?)の生徒さんが12人、ウルトラマリンのチュチュで「時の精」になって、シンデレラの変身までの場面を盛り上げます。
 変身は、舞台奥の幕の向こうに馬車がしつらえてあって、影武者のシンデレラ(通常スタイル)が子ネズミさんたちと幕の向こうに入り、幕が左右に分かれると馬車の中に白いドレスのシンデレラが! という。単純だけど、やっぱりワクワクだよね。

 というところで1幕が終わりました。

| | コメント (0)

2016/04/24

久しぶりの佐多バレエ

 ようやく来週辺りから、残業なしで帰れそうです……。というわけで、なんとかこっちも復活させたいなと思いつつ、何遍それ言ってんだよ……という。

 さて、今日は中野ゼロの「佐多達枝・河内昭和バレエスタジオ」の第55回発表会へ。55回ですよ! 1957年創立。すげー。
 演目は「コッペリア3幕」「ダッタン人の踊り」「シンデレラ全2幕」。いや、これシンデレラも2幕の舞踏会だけなのかと思ったら、「全」2幕。都合4幕構成のがっつりした公演で、4時開演で終わったら7時回ってたんじゃないかな。

 洗濯槽の掃除なんかしてたら出るのがちょっと遅れちゃいまして、15分ほど遅刻。コッペリアの(これは3幕だけ)途中から見ました。でもおかげで2階席に行くことができて、「2階前列からOFCを観る」という念願が叶いましたよ〜。だっていつも2階席は一般販売に出ないんだもんよ……ヽ(`Д´)ノウワァァァン!

 つことで、コッペリアの途中から。振付は佐多スタジオ教師の樋田佳美さん。佐多公演には必ずといっていいくらい出演されていて、自分も実はファンです。「庭園」の「湖水」での娘役は衝撃だったなあ……。子役以外の出演者で多分いつもいちばん小さいので、わかりやすくもあったり。
 「発表会」ですので、出演者はほとんど女性。なので、それ用に振付されています。例えば「戦い」は「ディアナとアクティオン」のディアナみたいなデザインの真っ赤な衣装の女性4人。コッペリアはあまりよく観る演目ではないので(しかもいちばん覚えてるのが松山の清水版という変則すぎる版だったりするし)、どれくらいの改訂なのかはよくわからないけど。

 GPDDの前が、1幕の有名な曲に合わせて、スワニルダの友人2人と男性(井上バレエ団の荒井成也さん)のトロワ。荒井さんは多分初めて見るかと思いますが、「超絶というほどではないけどゆるやかに完璧」といいますか、ゲストで求められるのはこういうものだなーと、妙に感心したり。
 フランツはゲストの穴吹淳さん。スワニルダはちょっとおしゃま(死語だな)な感じがスワニルダっぽくていいなー、と思ったら、ジュニアの生徒さんでした。出演者のクラス分けを見るに、多分中学〜高校生がジュニアクラスなんだと思うんですが、みんな上手いわー。

 休憩をはさんで、OFCによる「だったん人の踊り」。振付はもちろん佐多さん。「だったん人」ではありますが、衣装はコロスが黒スラックスに色違いの長袖ハイネックTシャツ。バレエダンサーが、女性はピンクのスカートにええと……こんな感じです。照明でちょっと飛んじゃってるけど。

 OFCなのでもちろん生合唱団。「ふんふん、やっぱりここだけはオケが入るんだね〜」と思って、途中でふと下を見たら、オケピにはピアノ2台とティンパニ+打楽器(と合唱団)しかないじゃないですか! てっきりオケだと思い込んでてびっくりしましたよ。それくらいのエネルギーのある演奏だったし、やっぱり生の合唱ってすごいなあと思いましたです。

 こちらはゲストは荒井さん、穴吹さんに加えて谷の三木さん。女性12+男性3になるのかな? 合唱団とは別に、歌いながら踊る「コロス」という人たちが入るのですが、最近はもううっかり「コロス」ばっかり見てたりします( ̄▽ ̄)。今回は4人の男性コロス・おっさんカルテット(失礼な)が序盤にカプリオーレ(的なジャンプ)やピルエットを披露するというドキドキな場面も。

 衣装がいわゆるキャラクテール的でない、という視覚要素もありますが、「だったん人」というよりもむしろ「春の祭典」的な、根源から湧き上がってくる、あるいは原初的な、エネルギーを感じさせる舞台でした。佐多さんの作品、特にOFCのための作品は、基本的には生命や人間への「讃歌」なんだと思うんですね。佐多作品が好きなのは、つきつめればそこのような気がする。1曲じゃ足りないよう、もっと見たいよう。

 「シンデレラ」についてはまた。これも楽しかった! あと7月にも佐多作品を見られる機会がありますが(坂本登喜彦さんたちの公演)、とりいそぎTWの方に(こちら)。

| | コメント (0)

2016/04/10

ゆきやなぎ

 3月26日に浜離宮で撮影。

Img_5257

Img_5256

 小さい頃、花を根こそぎ「ぴーーーっ」って取って遊んだよねえ。これが咲くと春、という気がします。


Img_5258

Img_5259_2

Img_5261


| | コメント (0)

2016/04/09

子宮筋腫その後

 ご無沙汰をいたしております。4月に入りましたが会社は相変わらず修羅場です。まあ解消されるのはGW過ぎからですね。

 ええと、そんなこんなですが、会社の都合で今年度中にあらゆることの決着をつけなくてはならなくなったので、子宮筋腫の検査に行ってきました。とにかく健康保険や生命保険が払える間に取るなら取っちゃわないと。もはや様子見ということばは存在せんのださあ来い( ゚д゚ )クワッ!! !
 つことで入社以来お世話になったパートさんが定年で退職するのに便乗して、パートさんOBのつどいに混ぜてもらって、取った時の経験談から地元の病院情報から「受付でこう言われたらこう言うのよ」までがっつり教わって、会社の近く、筋腫治療で有名な総合病院へ。古いパートさんは地元のママ友ネットワークがベースだからほんとに強いんだよな……(その代わり学級閉鎖になると誰も来なかったりしたんだけどw)。

 結果。5年前には「全然取るほどの大きさじゃない」(確か1cmくらい?)と言われた筋腫ですが、7cmまでに肥育されておりました。前回、近くの個人クリニックで受診したときは、エコーの結果をプリントで見せてもらったんですが、今回は自分でも同時に見えるようにモニターがこちら側にもついていて、先生に「この黒いのね〜」と画面上のポインタで説明してもらえるという。筋腫に圧迫されて子宮口が下向いちゃってるのと、ついでに膀胱も圧迫されてるので頻尿になってると。トイレ近いのはトクホのお茶のせいだと思ってたのにΣ( ̄ロ ̄lll)! トクホ、効いてないじゃん(←しかもこのかん3キロ太った)。

 「これならFUSできるかもよ?」「取っちゃってください」「取っちゃっていいの」「ずばっと取っちゃいましょう」「取るだけだったらうちじゃなくてもできるよ? うちに来る人は大概取りたくないからくるんだよ?」「会社の人にここがいいって薦められたんですよう、会社から近くて通いやすいし(←と言えと指示された)、すっきり取ってくださいよう」という押し問答を若干やって( ̄▽ ̄)、無事に「子宮全摘、卵巣は残す方向」で話を終えることができましたヽ(´▽`)/。閉経前なので卵巣を取っちゃうとホルモンバランスが悪くなるということで。というか、子宮だけならホルモンについては関係ないらしい。筋腫だけ取った場合の再発率は2割、と読んだ記憶はありますが、小さい筋腫の取り残しやらなんやらを考えたらすっぱり取っちゃった方が確実だし、子宮がんの心配も(検査も)しなくてすむし。この先も手術だ通院だっていうお金があるとは限らない。

 これは以前全摘したパートさん(当時)から聞いたんですが、卵巣は取らないので排卵はあるんですね。で、その放り出された卵子はどうなるかというと、タンパク質として適当に吸収されるんだそうです。「適当に」ってどこに……( ̄▽ ̄)。先生から「そんなこと聞かれたの初めてです」って言われたらしいけど、気になるよねえ。うちの師匠は最初のがんの治療の時に、「治療で抜けた毛はちゃんと生えてくるから大丈夫ですよ」って言われて「なかったところの毛は……」って言って「それは無理」って叱られたらしいですが(頭髪のない師匠は見慣れてたけど、さすがに眉毛のない師匠は怖かった……)。

 ちなみにFUSてのは超音波で腫瘍を焼き切る治療。日帰りでもできるらしくて、病院の「ウリ」なんですが、ただでさえ高い上に保険が効かない。ほかにUAEという子宮動脈にモノを詰めて筋腫を壊死させる方法があって、これは最近保険が効くようになったらしいんですが、特に薦められなかったな。しかもね、入院して手術しないと生命保険がおりないんですよ( ̄▽ ̄)。

 正式には月末にMRIを撮って決めることになりますが、人気のある病院だと手術するのに1年待ち、との話も聞くので、とにかくさくさくと終わらせたいところ。できれば夏までに終わらせてしまいたい。秋の「カブキ」とだけは重ならないで〜 (*_ _)人。

| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »