« ハンブルグ「真夏」2幕 | トップページ | ゆきやなぎ »

2016/04/09

子宮筋腫その後

 ご無沙汰をいたしております。4月に入りましたが会社は相変わらず修羅場です。まあ解消されるのはGW過ぎからですね。

 ええと、そんなこんなですが、会社の都合で今年度中にあらゆることの決着をつけなくてはならなくなったので、子宮筋腫の検査に行ってきました。とにかく健康保険や生命保険が払える間に取るなら取っちゃわないと。もはや様子見ということばは存在せんのださあ来い( ゚д゚ )クワッ!! !
 つことで入社以来お世話になったパートさんが定年で退職するのに便乗して、パートさんOBのつどいに混ぜてもらって、取った時の経験談から地元の病院情報から「受付でこう言われたらこう言うのよ」までがっつり教わって、会社の近く、筋腫治療で有名な総合病院へ。古いパートさんは地元のママ友ネットワークがベースだからほんとに強いんだよな……(その代わり学級閉鎖になると誰も来なかったりしたんだけどw)。

 結果。5年前には「全然取るほどの大きさじゃない」(確か1cmくらい?)と言われた筋腫ですが、7cmまでに肥育されておりました。前回、近くの個人クリニックで受診したときは、エコーの結果をプリントで見せてもらったんですが、今回は自分でも同時に見えるようにモニターがこちら側にもついていて、先生に「この黒いのね〜」と画面上のポインタで説明してもらえるという。筋腫に圧迫されて子宮口が下向いちゃってるのと、ついでに膀胱も圧迫されてるので頻尿になってると。トイレ近いのはトクホのお茶のせいだと思ってたのにΣ( ̄ロ ̄lll)! トクホ、効いてないじゃん(←しかもこのかん3キロ太った)。

 「これならFUSできるかもよ?」「取っちゃってください」「取っちゃっていいの」「ずばっと取っちゃいましょう」「取るだけだったらうちじゃなくてもできるよ? うちに来る人は大概取りたくないからくるんだよ?」「会社の人にここがいいって薦められたんですよう、会社から近くて通いやすいし(←と言えと指示された)、すっきり取ってくださいよう」という押し問答を若干やって( ̄▽ ̄)、無事に「子宮全摘、卵巣は残す方向」で話を終えることができましたヽ(´▽`)/。閉経前なので卵巣を取っちゃうとホルモンバランスが悪くなるということで。というか、子宮だけならホルモンについては関係ないらしい。筋腫だけ取った場合の再発率は2割、と読んだ記憶はありますが、小さい筋腫の取り残しやらなんやらを考えたらすっぱり取っちゃった方が確実だし、子宮がんの心配も(検査も)しなくてすむし。この先も手術だ通院だっていうお金があるとは限らない。

 これは以前全摘したパートさん(当時)から聞いたんですが、卵巣は取らないので排卵はあるんですね。で、その放り出された卵子はどうなるかというと、タンパク質として適当に吸収されるんだそうです。「適当に」ってどこに……( ̄▽ ̄)。先生から「そんなこと聞かれたの初めてです」って言われたらしいけど、気になるよねえ。うちの師匠は最初のがんの治療の時に、「治療で抜けた毛はちゃんと生えてくるから大丈夫ですよ」って言われて「なかったところの毛は……」って言って「それは無理」って叱られたらしいですが(頭髪のない師匠は見慣れてたけど、さすがに眉毛のない師匠は怖かった……)。

 ちなみにFUSてのは超音波で腫瘍を焼き切る治療。日帰りでもできるらしくて、病院の「ウリ」なんですが、ただでさえ高い上に保険が効かない。ほかにUAEという子宮動脈にモノを詰めて筋腫を壊死させる方法があって、これは最近保険が効くようになったらしいんですが、特に薦められなかったな。しかもね、入院して手術しないと生命保険がおりないんですよ( ̄▽ ̄)。

 正式には月末にMRIを撮って決めることになりますが、人気のある病院だと手術するのに1年待ち、との話も聞くので、とにかくさくさくと終わらせたいところ。できれば夏までに終わらせてしまいたい。秋の「カブキ」とだけは重ならないで〜 (*_ _)人。

|

« ハンブルグ「真夏」2幕 | トップページ | ゆきやなぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハンブルグ「真夏」2幕 | トップページ | ゆきやなぎ »