« MRI撮りまして。 | トップページ | MRIから手術決定へ »

2016/05/22

佐多バレエシンデレラ2

 時間経っちゃったけど、さくっと行きます。

 2幕はセオリー通りに宮廷の場面から。ポアントをはいた若い生徒さんたちと、ポアント組とバレエシューズ組が混在した(衣装は同じ)大人生徒さんたちの踊り。シンデレラであれ、眠りであれ、くるみであれ、白鳥の3幕であれ、とにかく「舞踏会」(くるみは個人宅のパーティ)の場面というのは、「バレエシューズの大人生徒」のために必要なパートなんだな……(しみじみ)。「話がわかりやすい」以上に、演目選定の要というか……(逆に均一な能力が求められる「ジゼル」2幕はやりづらいよね……)。

 「王子の友人」や典礼官的な人物はいなくて、道化(荒井成也さん)が場の仕切り。随所で大技を炸裂させて場内を沸かせてました。メインキャスト(主に義姉妹)とのからみ芝居もよかったなあ。王子の三木さんは久しぶりに観たけど、ちょっと貫禄よくなりましたかね? 難しいリフトも万全のサポートで主役の生徒さんをフォロー。ある意味でゲスト慣れした手際の良さも感じたりして。

 そしてシンデレラの登場! すばらしかったです。ジュニアの生徒さんとは思えない、堂々としたプリマっぷり。衣装だけでなく、人目を引く「何か」がある人なんだなあ。しかもそれをこういう場で打ち出せるというのはすばらしいことですよ。「ガラスの靴」は、ポアントにたくさんスパンコールを貼ってキラキラするようにしてあるの。これはこれでいいな〜。

 1幕から引き続き、義姉妹と義母のトリオも完璧( ̄▽ ̄)。三人ともいやらしすぎず、不快にさせるようなあざとさがないところがいいんですよ。「場違い」感はあるんだけど、それは「卑しい」からじゃなくて、むしろ「奔放」だから、という感じ。「欲しい物は欲しい」「見たいものは見たい」「踊りたい人とは踊りたい」「気に入らないものは気に入らない」がストレートなんだな。だから「お行儀」は悪いけど、いやな感じがしない。特に義姉妹と道化のからみは、どの場面でも三人の息がぴったり。オレンジの場面の最後では、それまで上品なマダムだった義母の穴吹さんが、ドレスの裾をたくし上げて義姉妹を追いかけていって、場内爆笑( ̄▽ ̄)。

 演出的には、舞踏会の場面はオレンジのくだりも含めて割とオーソドックスだったような(多分、群舞が少し縮小。王子の友人の踊りとかのあたり)。幕前芝居で、王子と道化がシンデレラを探す旅に出る場面があり、各国を回る部分はカット。仙女と出会って啓示を受けるような、ちょっと眠りのパノラマぽい場面があって、そのままシンデレラの家に突入です。
 ……つか、衣装の具合もあると思うけど、「仙女」っつよりもリラの精みたいだな……(←途中から混同してた)。

 シンデレラの家。ここでもトリオのコントが映えますが、義妹だったかな、の方が靴を履こうとしたときの王子のおろおろっぷりと、履けなかったときの「ふうううう、よかった……」がなんかすごいツボった( ̄▽ ̄)。最後のPDDは、仙女をはじめ四季の精2組、1幕の最後に出てきた「星の精」や子ネズミさんたちも出てきての総踊りに近いフィナーレに。

 元々の3幕物を2幕に縮めてありましたが、物語的にも踊りの見せ場的にも過不足なく、楽しいプロダクションでした。

|

« MRI撮りまして。 | トップページ | MRIから手術決定へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MRI撮りまして。 | トップページ | MRIから手術決定へ »