« 思い出めいたもの | トップページ | 佐多バレエシンデレラ2 »

2016/05/15

MRI撮りまして。

 どうもです。そんなわけで最近は、結構長い時間を使って子宮筋腫の経験談を読んでいます。たくさんの人がブログに記録として残してくれていて助かります。費用、術式、術式による社会復帰の具合、入院に便利だった物から手術の判断の理由、具体的な検査のやり方まで、あらかじめ知っていれば安心できますし、医師が何を言っているか、何を質問すればいいかもずっとわかるようになるし。

 というわけで、こちらでもぼちぼちに記録を残しておこうと思います。というのも、それだけいろいろなブログがあっても、年齢・家族構成・筋腫の大きさや術式など、ぴったりくるっていうわけにはいかないからね。その意味ではいくつあってもいいかもしれない、というわけで、カテゴリに「子宮筋腫」を作りました。

 ええと。エコーの時に同時にやったがん検査の結果は異常なし。6日にMRIを撮りました。CTの経験はあるけど、MRIは初めて。MRI室の手前にある準備室みたいなところの角が2箇所、アコーディオンカーテンで仕切ってあって、その中で術衣(ビジネスホテルのパジャマみたいな、紐で縛るセパレートタイプ)に着替え、荷物と眼鏡などはすべて仕切ってある中のロッカーへ。ロッカーの鍵はMRI室には持って入れないので、看護師さんに預けます。金属類は体内含めて一切不可。あとヒートテック類が不可なのが忘れやすい。ユニクロ製品はともかく、サミット辺りで買ったパンツとかだと、そういう加工がしてあるのかないのか、覚えちゃいないっすよ( ̄▽ ̄)。
 着替えたら問診票にいろいろチェック。以前手術で体内になにか埋めてないかとか。記入が終わったら看護師さんといっしょに問診票を見ながら、「ヘアピンよーし、下着よーし、ポケット内よーし」みたいな感じで金属チェックをして、いよいよMRIへ。

 今回は骨盤なので、仰向けに寝たら骨盤辺りを固定されます。あまりぎゅうぎゅうではなく、骨盤ベルトに比べると緩い感じ。入ったら動かずにじっとしているように(動くと画像がブレるので)、特に腹部の撮影なので深呼吸とかしないように注意を受け、何かあったら押してくださいという、ボタンというよりも「スコスコ」って握るヤツみたいな(わかりづらいなー。昔縁日で売ってた、カエルが跳ねるおもちゃのにぎりみたいなの)を持たされ、「音がうるさいですから」とヘッドホンをかぶせられて、いよいよMRIの中に入れられます。

 閉所恐怖症の人は受けられないといいますが、確かにこれはそうかもなあ。中は白いから、そんなに切迫した感じではなくて、自分は寝台車の3段ベッドの上段の感じに近いと思いました。あそこは一応寝返りが打てるけど、MRIは横向きに寝ると肩がつっかえそうなくらい。で、聞いていた通りにうるさい( ̄▽ ̄)。しかも途中で音がいろいろに切り替わるので、そのたびに、自分が何かやらかしたためにアラートが鳴ったんじゃないかと思ってビビる。ロッカーのところに「希望者には耳栓を貸し出します」とあったので、次回撮る時には(多分手術前にもう一度撮るんじゃないかな)、耳栓を借りた方がいいかもしれない。

 で、さすがに寝はしなかったけど、二度ほど盛大にジャーキング(寝堕ちするときの「びくーん!」ってヤツ)をやりました( ̄▽ ̄)。

 終了して起き上がったときはちょっとしたたちくらみかと思ったんだけど、寝ていた台から降りるとき(3段か4段の階段がついている)に、ふらふらして、「降りるときに支えますよ−」な体制で構えていた看護師さんに少し支えてもらいました。頭が軽いのに上に持ち上がらないような感じで、貧血かな? と思ったんだけど、あとでいろいろ見てみたら「磁場酔い」だったみたいです。終わって外来の病棟に帰る道でもまだちょっとふらふらしてました。

 終わったら看護師さんにロッカーの鍵をもらって、着替えて、婦人科外来の窓口へ申告して、エントランスの自動精算機で会計して終了。MRI室に入ってから会計の終了までで、45分くらいだったと思います。いつMRI室を出たかは見てなかったんだよな……。今行っている病院は大きいので、各科の外来窓口で精算手続きをすると、エントランスの自動精算機で会計ができるんですね(人のいる会計窓口もあることはある)。全部の科を会計窓口一本でやると時間かかるだろうし、呼ばれるまでイライラしそうな気がする。診察や検査も予約してあれば、自動受付機でチェックインすると、各科の外来窓口へ「誰々さん来ました」情報が届くという。一昨年、捻挫で通った近所の総合病院とはえらい違いだな(規模も全然違うけど)。

|

« 思い出めいたもの | トップページ | 佐多バレエシンデレラ2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思い出めいたもの | トップページ | 佐多バレエシンデレラ2 »