« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016/06/23

時雨西行

 シャンブルのトリプルビル、目当ては「時雨西行」でした。以前は清里のフィールドバレエでもやっていたんだけど、その時は日程が合わず、最近はかからなくなっちゃったし、ようやく……だったんですが、まあいろいろと。

 西行(中村梅玉)が時雨の中、一軒の家に宿を乞う。二人の新造(橋本尚美、深沢祥子)からは「遊女の家だから」と断られるが、江口の君(川口ゆり子)に招き入れられ、互いの身の上を語り合う。やがて目を閉じた西行は、自分の心(逸見智彦)と踊る江口の君が普賢菩薩となるのを見る。夜が明け、西行は普賢菩薩に送られてまた旅に出る。

 梅玉さんの踊る日舞の部分を藤間蘭黄氏、バレエの部分を今村・川口両氏が振り付けたもので、日舞とバレエのからみもかなりあるのですが、そこに違和感はなく、うまく組み合わさって、踊り自体はとても面白いです。西行を導く笹の精のコールドが「カブキ」の竹の精っぽかったり、西行の身の上話で武将として斬り結ぶ四人の「影」がかぶり物のない忍者みたいだったり、まあいろいろと( ̄ー ̄)ニヤリとしなくはないけど、それも含めて面白い。

 前述のように今回は2階席から見たのですが、照明がなあ……。どこのホールでも持っている「地模様」なのかもしれませんが、例のテトラポッドみたいな模様が床一面に映し出されるヤツ。あれが多用されているのですが(多分、家の外と中との場面を示しているのだと思う)、踊りに全然合っていないというか、もうただ「うるさい」だけで、踊りを殺してしまってました。1場面だけとか、スポットみたいに部分的に当たるくらいならいいんだろうけどなあ……。前の「あやとり」とは逆に、1階で床に映る照明を気にせずに見られたらよかったかも。フィールドバレエだったら後ろの闇が借景になって、面白かったろうなあと思うのですよ。

 音楽が宗次郎の「大黄河」というのもまた( ̄▽ ̄)。オカリナだけなら、あるいは場面によってはとても合っているのですが、例えば梅玉さんの踊りに8ビートが乗るとすごく軽くなって(しかも「軽み」ではない)、なんか「勿体ないな……」という気持ちになっちゃうんですね。そしてメインテーマが来るんじゃないかとひやひやしながら聞くという……(←これは世代的にしょうがないのか)。

 メンバーを見ればわかるように、踊りは素晴らしかったです。4人の影たち(東バにいた宮本くんが混ざってました)は、着地でも全然足音のしない忍者だったし、新造さんたちのユニゾンも見事だったし、逸見さんは美しかったし(出番は少なかったけど)、川口さんの品のある(老いた)遊女は確かに菩薩だったし、梅玉さんは踊りも立ち居振る舞いも風格たっぷり、いうところはなかったんですよねえ。

 初演は98年で、写真では梅玉さんの髪も黒々としてましたが、作られたその頃だったらまた違ったのかといいますか。逸見さんのパートは今村さんからの引き継ぎなので違和感がないですが、梅玉さんの風格が宗次郎の音楽や柄物の照明に合わなくなっちゃったし、川口さんは遊女の姿のままで菩薩を体現してるので、(ちょっと小林幸子的な)菩薩の拵えが逆に邪魔になるし、思うに年が経って、ダンサーが作品のつくりを超えちゃったんじゃないかな……。
 でも清里でやるなら、やっぱり見てみたいとは思いますね。

 
 

| | コメント (0)

2016/06/20

シャンブルのトリプルビル「あやとり」

 えー、ロイヤルのRJは、ムンタギロフとラムの回に行きましたが、とりあえず19日のシャンブル・ウエストのトリプルビルの方から。もうネタはたまりにたまっているので、書きやすいところから行かないと。
 場所は八王子のオリンパスホール。初めて行くホールでしたが、2階のサブセンターの中よりの席、例によって「通路の前だけ高い手すり」が設置してあって、これがギリギリ舞台にかぶるというやや悲しい席でした……orz。行ったことのないホールはこれがなあ。まあ、前方にほんとギリギリという感じだったので、「あやとり」や「時雨西行」といった、部分照明の多い作品では気にならなかったんですが、オープニングの総踊りと最後のライモンダの3幕という、舞台全体が明るい作品ではやはり気になりました。安全のためだというのはわかってるけど、なんとかならないのかなあ。設置するときにちゃんとあちこちに座って検証するとか。

 ま、それはさておいて。トリプルビルですが、前述のようにオープニングの総踊り(とはいっても後の演目に出る人は出てないわけですが)が別についていて、事実上4演目。ビゼーの「シンフォニーインC」を使って、男性3人と女性たくさんによる……ええと、振付は書いてないけど今村氏かな。黒のビスチェに緑のベル型の衣装。特に何か特徴的な感じはしないけども、いきなり「あやとり」から始まっても困惑するような気もするし、これはこれで、という。男性(正木さんほか2名)の脚がすらっときれいだったなあ。
 男性は、シャンブルの団員リストに載っていない人が何名かいたけど(宮本くんも出てた!)、キャスト紹介が載っていたのはジョン・ヘンリー・リード(と別扱いの中村梅玉氏)だけで、あとは群舞要員としての出演だったようです。

 休憩なしで田中祐子さん振付の「あやとり」。タイトルがぴんと来なかったのであまり期待はしていなかったのですが(失礼な)、振付もダンサーも舞台装置や照明、選曲など、どれもがとてもよくて、これは嬉しい誤算でした(失礼な)。自分は、牧はたまにしか見なかったのですが(しかも民代さんがいた頃……)、女性ダンサーでは田中さんがいちばん好きだったので、その意味でも嬉しい。
 事前に見た記事では「認知症の母と介護のために結婚をあきらめる長女」がテーマだとのことでしたが、プログラムにあるインタビューでは、八王子出身の作家である篠田節子の「長女たち」がモチーフだそう。

 真っ暗な中に、白の糸(実際はテープのような)があやとりを思わせるように何本か張られ、それが落とされる。中央に白のワンピースで、カーニバルで使うような、鼻から上を覆う仮面の「母」(吉本真由美)と紫のワンピースの「長女」(斉藤菜々美)。上手には観葉植物をあしらった大きなカゴ(庭を模している)に、天井から砂時計のように砂が落ち続けている。下手の奥には透明アクリル(多分)の箱があり、そこで眠っていた子どもの頃の長女と次女(黄色のワンピース)が出てきて、母と3人になりながら思い出を踊る。途中から男の子が姉妹の踊りに加わり、やがて妹の方とPDD。男の子が妹をだっこしてくるくる回りながら上手袖に入ると、そのままぐるっと回って出てきたかのように、大人になった妹をフィアンセがだっこしてくるくると出てくる。二人は結婚して家を離れ、いつか長女もその場を去って母がひとり残される。

 一人になった母の前に3人の白いドレスの女性(「コロス」プログラムによると「痴呆になっていく過程を示す旅先案内人」)が現れ、母の仮面をはずす。4人の踊り。いわゆる「空の巣症候群」を思わせるような場面。母が3人と一緒に捌けるんだったかな。長女とフィアンセ(土方一生)のPDD。触れるような触れないような繊細な踊りで、この場面がとても好きでした。そして戻って来た母は認知症になっており、長女とフィアンセは母をなだめようとするが、母は二人のこともわからずに暴れるばかり。長い格闘の末に、フィアンセは母を抱いて、子どもたちが入っていたアクリルの箱の向こうに横たえ(施設に入れたことを暗示?)、長女は舞台中央でうつろに座り込む。

 子どもの年齢がわからないのでアレですが、子ども時代の姉妹が小学生、男の子が中学生くらいでしょうか。すごく上手い子役さんたちでまずはびっくり。ユニゾンもぴったり決まってますが、次女と男の子のPDDはマクミラン的な結構難しいリフトやキャッチもあったのに、「しっかり確実に」といった感じにこなしていました。それにも増して、場や流れを途切れさせずに、きちんと作品世界の一部になっていることに感心しました。
 全体にユニゾンが多いのですが、それがどのダンサーの組み合わせでもぴったりときれいに合っていて、特に最終場面での長女・フィアンセ・母のトロワでは、母がほかの二人と同じ振りを踊りながらも壊れてしまっているのが荒々しくも痛ましくて見事でした。女性は全員裸足だったかな。それから長女のフィアンセを踊った土方さん。初めて見た時は「わー、ヤンキー」みたいな印象だったのに、いいダンサーになったなあと(たまにしか見てないので申し訳ない)。話の流れからいくと、母の介護に明け暮れる長女を捨ててしまうのかと思ったけど、最後まで献身的にと積極的にというか、長女を支えてというよりもむしろ同等くらいに母と「格闘」し続ける、いいダンナ(フィアンセだけど)でありましたよ〜。

 壊れてしまった母も、好きな人と結婚した妹も、格闘の末に施設に入れる決断をする(多分)フィアンセも長女も誰も悪くないんだよな。悪くないんだけど、「幸せ」はこない。

 こういう創作ものをあまり見ないので語彙が少ないんだけど、自分の引き出し的にいうと、佐多さんの(OFCでない)作品にイメージが近いかな? 音楽はピアノを主体としたあまり強すぎないもので、母のパートのところだけボーカル入り。時折、あやとりの糸を思わせるような細長い長方形が交錯するのが照明で床に描き出され、ほかにもセットは少ないけれど照明がそれを補いつつ、上手後方の砂が落ち続ける庭(を模した一角)が印象的で、全体に過不足なく調和した「世界」でした。 
 

| | コメント (0)

2016/06/12

シルフィード! 2

 だいぶ遅くなっちゃいましたが、4月末のシルフィードの続き的なもの。

 2日めは3年前と同じ、松野+沖+河谷トリオ。3人とも安定してきましたね〜。
 沖さんのシルフはまさにファム・ファタール。意識/無意識に関わりなく男を破滅に導く、運命の女というよりも、そういう運命を背負い込んだ女、という感じ。渡辺さんのピュアなシルフとは対極に見えるけど、両方「シルフそのもの」なんだよね、面白いな。1幕の真ん中より手前くらいのとこで、ジェームズに拒否られて泣きながらちらっとジェームズの方を見やるところなんかもうね、うそ泣きかなちゃんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!っっていう(笑)。

 吉川さんのエフィが一歩下がったつつましい少女なら、河谷さんは一歩前へ!の元気少女。オンブルのヴァリでも、吉川さんが悲しみと不安の中でもジェームズに自分を見てもらおうとする健気な踊り、河谷さんのは「私を見て━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!」くらいの勢いといいますか、沖VS河谷の闘いはもはや「お前らニキヤとガムザッティかよ……」の域に。まあ、考えようによっちゃそういう話ですけども(永遠の三角関係)。もう勝った方でいいです、的な。

 間に入っちゃった松野くんが、いちばんピュアで乙女だったわ……(*゚ー゚)。

 ええと、松野くんは後半ちょっとガス欠ぽかったとは思いますが、出てくるたびに全力→失速を繰り返し、そういやK村さんの時もそんなんだったなK村さんは35過ぎてと思うけどな、というか、まああの2幕はホントに体力だーまったくだー(なんのネタだ)といいますか、ラコットはミルタだよな……とて。「ドナウ」も最後はホントに体力勝負になってましたが、ロマンチックバレエの系譜がラシル→ドナウ→ジゼルと続いたことを思うと、ラシルからドナウへの「男性踊り殺し」がのちのジゼルへとつながっていったのかと……(でまかせです)。

 技の精度では宮川くんがきっちりしてましたが、踊りから伝わってくるものは松野くんの方が多かったように思います。その辺は2度目の強みかも。

 マッジは初役の森川くん。森川くんなりの工夫みたいなものも見えるし、単体で見る分には悪くないんだよなー、毎度のことながら。
 ガーンは3年前に引き続き和田くん。こちらも単体で見る分には十二分といいますか、もう少し押しが強くてもいいかなーというのは毎度のところだけど、その押しの弱さがガーンらしくていいような気もしなくもない。ていうか、杉山くんが面白すぎた(しかも押しが強い)。

 群舞は1幕2幕それぞれに素晴らしかったです。1幕の女性群舞は、青のお姉様達が並ぶとホントに「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」という興奮がついw。
 2幕の美しさは格別だけど、時折(特に終盤)の群舞の使い方にちょっとジゼルの2幕を思い出させる部分もあって、「成る程なあ」と。3シルフは2日ともよかったけれど、小川さん、崔さん、政本さんとそれぞれ違う個性で好き。

 シルフが死んだあとの仲間たちの処理が実に淡々としてるんだけど、今回はそれが逆に「いつ、どんな弾みで死んでもおかしくない存在」であることを思わせて、そういうはかない存在だから、シルフにとっては「今」ジェームズと楽しく踊ることだけが大事なのであって、「未来」はそもそも存在してないんだな、と思ったのでありました。だから、1幕の最後で婚約指輪を持って行ってしまうときも、「これを持って逃げたら追いかけてくる」くらいのことは思っても、そのことの意味なんかわかってなかったのかも。

 それにしても、「無双のマッジ」(公式TW)とか「比類なき不吉さ」(ダンマガ)とか、K村さんの形容になにか勝負かかってるような( ̄▽ ̄)。
 
 

| | コメント (0)

2016/06/04

MRIから手術決定へ

 こちらではごぶさたです。毎日毎日すごい眠いです。リュープリンの副作用でふらふらです。

 ええと。5月6日にMRIを受け、12日に結果を聞きました。
 エコーでは7センチということでしたが、思ったよりも全然大きくて、下腹ほとんど筋腫じゃね? みたいな。つか、こりゃ腹出るよね? ていうw。「普通の子宮はこれくらいの大きさですよー」と言われたサイズの3〜4倍あったんじゃないかな。「これ、全部筋腫ですか?」って聞いちゃいましたよ。「そう、この白と黒のとこね」(←筋状の柄というか、もやもやした感じに映ってる)。割と画像検索すると出てくる感じの筋層内筋腫でした。子宮の下に膀胱があるんだけど、これが完全に圧迫されてて三日月ですよ、三日月。こりゃトイレ近いわけだわ……。早くどかしてあげないと膀胱かわいそう……。

 先生は「根治なら開腹ですね」と一言ばっさりw。元々、子宮筋腫は取っちゃう以外に「根治」はないので、開腹か腹腔鏡か膣式か、と言う選択肢しかないんですけども。薬は「症状を抑える」「大きくしない」ことはできても筋腫自体がなくなるというものではないし、集束超音波治療(FUS)も筋腫核を超音波で焼くけど小さくなる(症状は緩和される)ものだし、子宮動脈塞栓術(UAE)は子宮動脈を詰めて栄養が筋腫に行かなくさせることでやっぱり小さくする(症状は緩和される)もので、どれも筋腫自体がなくなる(根治)わけじゃない。再発させないなら手術で取っちゃうしかないんですな。
 取る方法として、開腹か腹腔鏡か膣式か。膣式というのは、膣から器具を入れて子宮ないし筋腫核を取るんですが、これは経産婦でないとできない(サイズ的に)ので不可。腹腔鏡はお腹に3〜4箇所穴を空けて、そこから腹腔鏡と器具を突っ込んでモニターで見ながら取るんですが、ある程度筋腫が小さくないとできないし、技術的に難しいので認定医のいる病院でないとできない(ちなみに自分がかかってる病院にはいますのん)。そこへいくと開腹は万能だけど、術後の回復が遅く(開腹だけにw)、癒着も起きやすい、と。社会復帰までに腹腔鏡だと2〜3週間、開腹だと1ヶ月ちょっと(術後1ヶ月検診で判断)。

 で、腹腔鏡の「ふ」の時もなく、いきなり開腹一択、と( ̄▽ ̄)。まあ見るからに「こりゃ開腹だなー」という大きさでありましたよ。
 前回の時もちらっと言われた通り、筋腫を小さくするためにリュープリンという薬を月に一度、4回投与したあとに手術ということで、最短で8月の3週目。入院日が東バの目黒祭とまるかぶりです。念のためまだチケットを獲ってなかったとはいえ、「パキータ」も「スプリング」もまだ見ぬキャスト、しかも子ドンキだって木村キホーテかもしれないし、でもこのタイミングなら9月の棚卸しまでにギリギリ会社に戻れるし、8月内に退院できれば高額医療費限度額めいっぱいで保険降りるし、でも8月中に退院できる保障はなし、ひと思いに10月初めにするとカブキにひっかかるし……とぐずぐずと悩んで悩んで、「とりゃー!」と「もう1週後にしてください」。

 棚卸しより東バを取ったよ、オレ( ̄0 ̄)!

 結果的には高額医療費の関係でもう一回病院に行って、9月1週目の手術に変更してもらったんですけどね……えへ。一応上司には、9月まるまるいなくて、復帰は10月頭ですけどいいッスね( ̄▽ ̄)? と許可は得たので。

 高額医療費限度額てのはこちらのちょっと下、「平成27年1月診療分から」の表になります。わかりやすく固定額になってる「区分エ」を例に取ると、月額収入が26万以下の人だと、いくら医療費がかかっても自己負担は月に57,600円ぽっきりで、あとは健保が代わりに払ってくれる、というシステムですね。日本の健保って、ホントにすごいシステムだわ……( ̄0 ̄)。
 ただしこれには穴もあり、月ごとの請求になるので、例えば8月末に手術して9月初めに退院したとすると、8月末までの分(手術+入院費)で57600円払い、9月に入ってからの分(入院費)はもう一度最大57600円(あるいはかかった分)払わないとなんないわけですね。ところが9月初めに入院してその月の内に退院してしまえば、同じ日数入院しても57600円ですむ、ということのようです。ネットで散々「月をまたぐな!」と言われているのはこういうことらしい。退院時に一括で払ったら、月をまたいでも「窓口支払いは1度」にならないのかな……(体験談を見てるとならないぽいんだけど)。

 長くなったので、リュープリン投与についてはまた。

 ここまでかかった医療費。確定申告もしないとならないので、領収書はとっておくこと。しかし「領収証」はいつから「領収書」になったんだろ。ちなみに「初診選定〜」てのは、紹介状なしの初診の割増料金で、3000円でした。5000円くらいのところが多いみたいです。金額はすべて健保適用で3割負担の分。
 4/6 初診+エコー+血液検査(ホルモン)+細胞診(がん検査)+初診選定療養費=8240円
 4/30 再診 220円
 5/6 MRI検査(骨盤腔・造影剤なし) 6240円
 5/12 再診+リュープリン注射 8270円
 5/21 再診 220円
 
 
 

| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »