« リュープリン注射 | トップページ | 王子さまってば! »

2016/08/28

リュープリンてば

 さて、手術まであと1週間、入院までは5日という押し迫った時期にもかかわらず、風邪っぴきです。あと2日で治さねば、手術延期なんてばかな話になりかねないので必死です。鼻詰まりで麻酔とかいうわけにいかんのだろうなやっぱり……。

 リュープリンの話でしたな。
 看護師さんのお話だと、これは皮下組織(ほとんど脂肪)に打って、1ヶ月かけて徐々にじわじわと効くようにするのだそうです。なので「つまみやすいところに打つんですよー」というわけで、腹に( ̄▽ ̄)。「腕のここんところ(いわゆる「振り袖」部分)に打つ場合もあるんですけど、お腹がいちばんつまみやすいですからね〜」……ほっとけ……orz。そして、強い薬なので同じ部位に続けて打つことはせず、おへそを挟んで左右交互に打っていきます。

 初回は注射室というところで(←大きい病院なので注射だけする部屋がある)、看護師さんが丁寧な説明をしてくれました。「……で、まれにですけれども」、とすごい真顔で言われたのでドキドキしながら待っていたら「……内出血することがあります」って言われてつい「( ̄▽ ̄)プッ」してしまってですね。だって注射だもんよそりゃ。
 2回目と3回目は注射室が混んでたので、婦人科外来のベッドに注射室の看護師さんがやってきて打ってくれました。4回目はまた注射室で。毎回ちゃんと「前回はどっちに打ちましたか?」って確認されるので、覚えてないとならない。

 副作用については、すごくたくさんあって(こんなかんじ)、表を見てもなにがなんだか、って感じですが、要は「更年期障害」ぽくなるってことですね。だって疑似閉経状態だし。自分なんかはもともと「ほてり」持ちだったので(←自律神経失調といわれたけど貧血による代謝系ホルモンの異常とか諸説あり)、どれが本当に「リュープリンの副作用」だったのかはよくわからないんですが、ともあれ

 ★ほてり+発汗+熱感 はすごいです( ̄▽ ̄)。クールビズとやらのせいで社内の冷房も温度高め設定なんですが、それにしてもシャツ全体がじっとりするくらい汗をかく。おかげで熱中症になりかけたりしてます。最初の頃はめまいもしてましたが、2回目の頃には落ち着きました。
 ★肩こりは前からですが、明らかにひどくなった。リュープリンのせいかどうかはともかく。あといきなり四十肩になったのはどうなんだろうな。肩こりになるなら四十肩にもなるのかな(←多分年のせい)。
 ★頭痛も前からだけど……。でもやっぱりひどい。
 ★不眠にはならずに、逆にめちゃくちゃ眠いです。もう無理しないで寝るようにしてるんですけど(なのでブログも書けない……ってことで)。なんとなく常に「ぼー」っとしてる感はあります。あと倦怠感といいますか、「なんかやる気出ない」みたいなのはありますね。いや、いつもだろって言われても言い返しませんけども。一応、「肝機能障害」のところに「常に眠い状態」ってあるんですけど、あれ「肝機能障害」なんですかいね?
 ★不正出血 これはきつかった。「大概2回目の注射から生理が止まりますよ」とは言われてたんですが、2回目の注射の後、2週間(通常でいうと排卵期くらい)から通常量の生理が始まり、通常通りに終息すると見せかけて、だらだらと25日間出血し続けでした。10日めくらいからはナプキン1枚の量も出なかったのでたいした量ではないんだけど、しかし「いつ止まるんだこれ」ってのは不安ですからねえ。だって出血を止めるための薬なんだからさ( ̄▽ ̄)。人生最後の生理(予定)が25日間。
 ★体重増加もよく言われますが、これは以前ナサニールという、似たような薬で点鼻薬をやったときは劇的に増えましたが、今回はむしろ減ってます。まあ軽い糖質オフ(昼食の主食をおにぎりから胚芽クラッカーにしたりとかその程度)もしたりはしましたが。

 まあとにかく風邪を治さないとなー。

|

« リュープリン注射 | トップページ | 王子さまってば! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リュープリン注射 | トップページ | 王子さまってば! »