« 久しぶりに1泊旅行 | トップページ | 法村友井バレエ「バヤデルカ」 »

2016/10/18

ザ・カブキ4連戦 プレミア

 木村さんが出る2回は見て、キャスト違いも1回観るよなあ、と思ったら、追善公演が1回追加になって、トークショーと飯田さんが付いてくるとなればやっぱりなあ、というわけで、結局コンプリートになりました。まあ理屈を並べなくてもコンプリートになるんだけどな( ̄ー ̄)ニヤリ。

 ちょこちょことTWの方には書いていましたが、ええと、とりあえずトークショーの辺りからでしょうか。オペラの田口道子氏が司会進行。はじめに佐々木さんの功績といいますか、若い頃の写真や、いろんな公演の際のスナップなどをまとめたスライドショーが上映されました。「団葬」(というのか)の時のものでしょうかねぃ。これがまた、時間の関係もあるんでしょうが、ペースが速くて、眼が落ち着かないというか( ̄▽ ̄)。えらい早回しな人生で。

 続いてのトークは、二代目花柳壽應氏、夏山周久さん、藤堂真子さん。初演時の話とて、佐々木さんの話と言うよりもベジャールの話になったりすることが多かったですが、まあそれはそれで。花柳氏の話は、概ね今回のプログラムに書いてあることとダブってたんじゃないかな。今回の指導にあたっては、踊りから内面を表現するように、みたいな話がありました。夏山さんの話だったかな。それまで何度も海外公演に行って評判もよかったけれど、カブキの最初のツアーの時の反応は段違いだったとか。藤堂さんが、手ぬぐいの扱いがどうしてもうまくいかなくて、玉三郎のビデオを見てがんばったけど、練習中いつもベジャールと佐々木さんに笑われてたとか。田口さんから、佐々木さんはやたらせっかちな人だったとか。まあいろいろと。

 この日の「目玉」は、飯田さんがベジャールに当て振りされた定九郎を踊る、というところでありました。まあ定九郎はそんなに踊るわけじゃないから大丈夫だよなあ……と思ってたら、オープニングはしっかり踊るんでしたよ! しかもオープニングはグレイのワイシャツとスラックス。隈取り風のメイクはしてても、どっから見てもおっさんだよ( ̄▽ ̄)! まあ当たり前といえば当たり前なんですが。ホワイエでお見かけするときよりも数倍おっさんに見える( ̄▽ ̄)。翌日の杉山くんもおっさんに見えたらどうしよう……、とか、わけのわからん心配をしてしまった(ちゃんと若く見えました)。いやあ、やっぱり一度舞台を降りると大変だな。見栄や六方はさすがにすごい決まってました〜。

|

« 久しぶりに1泊旅行 | トップページ | 法村友井バレエ「バヤデルカ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりに1泊旅行 | トップページ | 法村友井バレエ「バヤデルカ」 »