« 法村友井バレエ「バヤデルカ」 | トップページ | 「あれぐろ・こん・ぶりお」が閉鎖になりました »

2016/10/28

手術当日(術後)

 いやー、光陰矢のごとしてかなんてか、術後8週目になろうとしています。もう膀胱回り以外は大体平常運転です。まだちょっと、傷そのものよりも傷の上(腹の出っ張ってる辺り)の硬くなってるところに何か当たると痛いですが、「すごく痛い」というほどではなく「いてっ(-゛-メ)」くらいのところです。硬い部分も小さくなったし。

 さて、2日のエントリに続き、術後当日のお話。

 「気がついた」時のことは全然覚えてないんですが(それは「気がついた」といえるのか)、ベッドに移し替えられた記憶はないので、すでに手術台から可動式ベッド(病室据え付け)に移動されていたのだと思います。ベッドに乗ったままゴロゴロと移動し、エレベータに乗ったのはなんとなく覚えてる。エレベータから出たところで、ツレアイ(エレベータ前の待合所にいた)と合流して、病室の定位置に戻されました。そこで、担当医の先生から取った子宮の写真を見せられつつ手術の経過も聞いたのですが、朦朧としてて、あ、輸血はしなかったんだな、というのだけしか覚えてないし、一緒に聞いていたはずのツレアイも、後できいたらほとんど覚えてなかったような( ̄▽ ̄)。仕方ないので、これは後日、検診の時にいろいろ聞き直しました。

 まあとにかく朦朧としてるんですが、13時に手術室に行って、帰ってきたのが16時頃。麻酔はガンガンに効いているので、下腹部全体がどんより痛い、みたいな感じでした。点滴はまだ入れっぱなし、硬膜外麻酔も背中に入りっぱなしです(テグスみたいな細い管で、背中にテープで留めてある)。あと尿道カテーテルが入ってましたが、翌日抜くまで存在すら気づいてなかったという( ̄▽ ̄)。痛くなったら背中の痛み止めが追加で入るボタンと、ナースコール用のボタンを手元にもらって、とにかく寝てました。あと、口がすごく渇くんです。口からの麻酔の副作用的なものらしいのですが、翌日まで飲み食いは厳禁。看護師さんが、水を飲み込まないように口に含んでみて、と紙コップに濡れたガーゼを入れて持ってきてくれましたが、絶対飲んじゃうなあ、と思って唇の周りや歯を拭くのに使いました。それだけでも冷たくてすごく気持ちよかった。その後、夜の看護師さんにうがいをさせてもらって、だいぶさっぱり。起き上がれないので、横向きに寝た口元に容器をあてがってもらってのうがいです。

 しかしなんといいますか、本当によく寝た(笑)。消灯前に看護師さんが「痛みで眠れなかったら痛み止めと睡眠剤を……」と言いにきたときに、すでにがあがあ寝てたという( ̄▽ ̄)。それでも夜中に吐き気で目が覚めて、看護師さんを呼んで吐かせてもらいました(うがい同様、容器をあてがってもらう。食べてないのでほぼ液体)。点滴で吐き気止めと睡眠剤を入れてもらって、あとは朝までぐっすり寝ました。

|

« 法村友井バレエ「バヤデルカ」 | トップページ | 「あれぐろ・こん・ぶりお」が閉鎖になりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 法村友井バレエ「バヤデルカ」 | トップページ | 「あれぐろ・こん・ぶりお」が閉鎖になりました »