« 雲の上団五郎一座 | トップページ | 春から失業中 »

2017/03/13

インザナイト

 つことで、もうなにがなんだかわからない状態なんですが、とりあえず東京2公演+横浜へ行って参りました。横浜が休みの土曜でよかった……。
 で、役人についてはちょっとおいておいて。初日は2階正面から、2日めは1階前方のA席でした。

 初演の「イン・ザ・ナイト」。何かのガラで見たような気もするんですが。
 沖+秋元、川島+ブラウリオ、上野+弾の3組のPDDが1曲ずつと、3組での踊りが1曲。ショパンのピアノ曲で、今回は生演奏でしたが、それほどいい演奏ではなかったかな……(特に最初の曲。あとはそれほどきにならなかったけど)。

 最初の沖さんと秋元さんの組。秋元さんは誰とでも合わせられる人だけど、沖さんとの相性もよいのではないかな〜。秋元さんはまさにシンフォニックで、クラシックまたはネオクラシックが本筋なんだな、と(実は秋元さんの由良之助は全然感心しなかったのだワタクシは)。沖さんも流れるようなムーブメントで、まさに今日この夜会で出会って恋に落ちたばかり、という幸せ溢れるPDD。欲を言えば、秋元さん側がもう少し、沖さんのドラマを受けられればなあ、とは思ったり。

 2曲め、川島さんとブラウリオの組もどんぴしゃな感じ。ブラウリオはさすがに東欧っぽい(チャルダッシュなんですかね?)衣装が似合うなー、と思ったけど、よく考えたらラテンの人だよな……。背景幕も1幕の星空から、上手の端にシャンデリアがついたのだけど、あれは幕にLEDか何かが仕込んであるのかな? ぐっと大人の雰囲気で、貴婦人とおつきの騎士のようでもあり、人目を忍ぶ恋人たちのようでもあった。

 3曲目は鉄板ペア。水香ちゃんがツンデレ( ̄▽ ̄)。勝ち気なお嬢さんに振り回されるちょっと気弱な青年、といった風情でしたが、2日めは近くから見たせいか、わがままを言って相手を試さずにはいられない、そういうお嬢さんのようでもありました。まあ弾くんは大概眉毛が困ってるし、水香ちゃんは基本ツンデレだしな……。スライディングを多用した難しい振りをぐいぐい見せていくのはこの二人ならでは。

 ……と思っていたのですが。

 神奈川では、沖+秋元組は据え置き。ブラッシュアップされているように思ったけれど、印象は同じ。
 2曲目はブラウリオと崔さん。崔さんはちょっとガムザッティ的な権高姫といった感じ。川島さんとの時ほどスムーズではなかったのがセカンドっぽいけども、キャリアも違うから仕方ないかな。ひと味違うイメージで、成る程これもアリだなー、と。

 そしてそして3曲目! 水香ちゃんがボレロなので別キャストだったんだろうけど、川島さんが2曲踊るなら他の人でもよかったのでわ? とかいう疑念と、前の2曲がぶっとびました! こ、これは川島さんだわ……、2曲どころかなんなら1曲目も踊って、どんなドラマが出てくるのか見せて欲しかったよ( ̄0 ̄)! 弾くんとのパートナーシップは、出だしはさすがに水香ちゃんとほどではなかったけれど、途中からもうぐいぐいでした。ドラマチックな許されざる恋。見ながらどんどんどんどん胸が締め付けられていって、もう半泣きでした。弾くんの身体をぽんぽんと触れて行きながらひざまずいて手を上に向けるあのシーンは、水香ちゃんは弾くんへの「ごめんなさい」のようだったけど、川島さんは離れられない想いに絶望してるようでもありました。その関係性は3組で踊る4曲目にもきちんと持ち越されていて、ある意味無邪気な2組と向き合っていたたまれないような、そんな雰囲気もありました。

 もうね、ここまでドラマチックダンサーになるとは思わなかったのだけども、こうなったら絶対にタチアーナを見せて欲しいですよ! イン・ザ・ナイトを見てタチアーナ踊れ、って、なんかそれだけでもえらいこっちゃな気がしますけどもね。

|

« 雲の上団五郎一座 | トップページ | 春から失業中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雲の上団五郎一座 | トップページ | 春から失業中 »