« 春から失業中 | トップページ | 不忍のカモメ »

2017/04/13

2月のボレロ

 もう2ヶ月近く前になりますが、インザナイトについてはこちらに書いたので、ボレロの方をさくっと。

 オーレリのボレロ。初日は2階後方だったのもあって、ちょっと詰まった感じの体型に見えて。まあギエムとか水香ちゃんとかのフォルムを見過ぎたような気もするんですが……と思いつつ、なんか「あれ?」「あれ?」てな感じで誤差調整に忙しい感じで見てました。久しぶりに違う系統のメロディが台に乗ってる、っていう感じかな。水香ちゃんや弾くんだと、台の上下で掌の角度とかが「ぴっ!」って合うんだけど、上と下とでテンポそのものが微妙に違うような感じで。まあこの日は第1ソリスト以外のリズムはいろいろ配置転換もあったりして、出欠を取るのに忙しかったりもあったりしつつ。

 2日目はそれほど違和感なく。オーチャード前方のA席だったのでちょっと見上げる感じになりまして、ああ昨日体型が変に見えたのは上から見たのもあったんだなー、と思いました。オーレリのファンなんですけどもね、一応。
 で、前方上手のA席。オーチャードですから、ぼちぼちと前の人々の頭で視界が切れたりもします。その合間からすっげーばっちしかんかんで見えるのは杉山くんと中村(ゆ)くんで、これは誰得な……というか、ぢぶん以外に得なヤツおるんかいっ( ̄▽ ̄)! ちうわけで、がっつり2人を楽しませていただきましたです……。中村(ゆ)くん、何気に好きなんですよねえ……。めんどくさいからもう祐司くんでもいいですかねえ(しばらく前に中村(え)くんが増えたので。そういえば岡崎も2人になったんだった)。

 って、相変わらず何見てんだか、って話ですが。

 神奈川は安定の水香ちゃんボレロ。オーレリが割と「素」なイメージのボレロだったせいか、水香ちゃんも割に「等身大」なボレロでした。アグレッシブというか、挑戦的(チャレンジングじゃなくて挑発的に近い感じの)な本性が剥き出しになっていくOLさん、みたいな(なんじゃそりゃ)。でもまあやっぱり10年踊ってるだけのことはあるなあ、とも思いますです。10年でこちらも目が慣れたと言いますか(悪い意味でなく)、ワクワクというよりは安心感というか。まあ、誰がメロディの時でも、割とリズムの方を見ちゃってることの方が多かったりしますけども。

 つことで安定の第1ソリスト陣は前上手からぐるっと岸本・杉山・永田・森川。まだ4人のところで、移動距離の関係で永田くんに加速装置がつくところが毎回好きだったりしますが( ̄▽ ̄)、森川にも加速装置が必要なところがあったんだなー(←今更な発見)。あとこう、若手と混ざるときなんかに、杉山くんが以外とパイセンぶりを発揮してることがあって、いやーそうか杉山くんもパイセンだもんなあ、などと感慨しておりましたら、今年度安田くんが退団しちゃって 。・゚・(ノд`)・゚・。、現役男性は木村さんの次がいきなり杉山パイセンというオソロシイ事態になっちゃってどうすんのー、杉山くんはずっといてくれえええええええ 。・゚・(ノд`)・゚・。、ワシの老後の楽しみなんじゃーーーーーヽ(`Д´)ノウワァァァンとかええまあいろいろ。
 
 まあそれはそれでそれなんですけど、見慣れたリズムの第1ソリストの踊り。杉山くんも「ポジションが人を作る」的なところもさておき、第1ソリストを踊るようになってから踊りが強くなったな−、と。強さも出たし、身体もしまったし、ボレロの時は特に男っぽくというか大人っぽくというか、いつも気合いパンパンだし。で、今回、杉山くん見てて、「あ、リズムもメロディを踊ってるんだな」と感じるところが多かったんですね。一般に、「メロディ」が台上でメロディ(パート)を踊り、「リズム」が回りでリズム(パート)を踊る、とやや雑に解説されることのある「ボレロ」なんですが、リズムもまたメロディであるという、言われてみりゃ「そりゃそうだ」な話ですが、久しぶりにそういう杉山くんの踊りを見て、たいそう楽しかったんですよん。
 

|

« 春から失業中 | トップページ | 不忍のカモメ »

コメント

綾瀬川さん、こんばんは!
ご無沙汰しました。
いえ、私はちっともご無沙汰せず、ずっと拝見していました。でも、余りに忙しくて、口挟む余裕もなく、ただただ眺めて癒されてました。
ボレロ、あの二人の第一リズム、誰にも代えて欲しくない。踊りは違うのだけれど、双子のようで、リズムがピタッと合うところは、とても気持ちいいのです。
そして、私も杉山君には、木村さんのようにずっと残ってもらいたいです。
今回は、都合でドンキも創作も見られなくてとても残念で、暇さえあれば東バの情報チェックしていました。
そして、行きもしないのに29日のドンキの配役見たときに、一瞬うろたえました。杉山君の名が闘牛士の中にない、すわ退団?と焦りました。NBSに電話しようかと思ったりしましたが、したところで、ただの一ファンにはどうするすべもなく、2日目まで待とうと思い直し、30日の配役を見て、胸をなでおろしたという訳です。
笑ってやって下さい。プログラムをみていた方は、ご存じだったのですよね。
今日も、昨日クリエーションに出ていた中村(え)さんが退団。あの退団のお知らせは、ホントに心臓に悪い!
もっと早めに、次の講演で退団するとか何とかお知らせ出来ないものでしょうか。
杉山君と岡崎さんのベジャールのポーズが大好きなのです。秋のベジャールシリーズ、沢山踊るところ見たい!
ベジャールは独特の体遣いや雰囲気があって、ただバレエが上手いだけではちょっと違う。カブキも、私は綾瀬川さんと同じ感想です。
今日は、なんだか長々とお邪魔しました。
付き合って頂いて有難うございました。
また、感想楽しみに拝見いたします。

投稿: テス | 2017/05/02 02:26

テスさん、お久しぶりです!
退職したらもう少し書くようになるかと思ったら、
案外忙しかったりだらだらしたり(どっちだw)でした。

杉山くん、闘牛士は交替キャスト、ファンダンゴは両日出演で、
ジプシーは出演なしになっていました。
元々前にぐいぐい行くタイプではないところへ
若くて勢いのある人がどんどん入っているので大変でしょうが
長くいないとできない役回り(役、というのでなく)もあるので
ずーっとずーっといて欲しいです。
退団情報、本当に心臓に悪いので、
チラシがでるたびに「予定ソリスト」欄を
じっくり眺めてチェックしてます(笑)。
中村(え)くんも、もう少しいて欲しかったですね……。

ボレロの前二人、本当にそうですね!
いいバランスだと私も思います。
正面で二人重なってポーズ取るとことか、すごくいいですよね。
秋のプログラムで、
杉山くんのハルサイの「若い男」が見られるといいのですが。
岡ザッキーも、勅使川原さんとの経験で一皮剥けたのか、
今回のガマーシュは何か極めた感じでした!
海外では杉山くんとザッキーのダブルキャストで舞楽をやってるので、
ぜひ東京でも二人でやってほしいですよね。
そんで木村さんにはスタッフとしてでも残ってもらわないと
ベジャールだけでなく、初演ダンサーがいることの強みがなくなっちゃう……
と、今回の子ドンキを見ておもったのでした。

投稿: 綾瀬川 | 2017/05/03 11:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春から失業中 | トップページ | 不忍のカモメ »