« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017/04/22

ふたりのイーダ その2

 まあそんな感じで。

 原作では確か、ゆう子の背中にほくろがないのを確認した椅子がばらばらに壊れ、東京に帰った直樹のところにりつ子から、実は自分がイーダだったという手紙が届いて終わったと記憶。つまり、椅子が広島に向かう後半が「つけたし」なわけですね。映画ではイーダは死んだことになっているけど、2歳で孤児になったりつ子=イーダを子どもを亡くした夫婦が育て、しかし2歳ではもう被爆前のことは(椅子のことも家のことも)覚えていなかった。そして白血病を発症したりつ子は病気と闘う宣言をして終わる。

 これが1969年から76年という「歳月」であるわけです。2歳だったりつ子は26歳から33歳になって、「近所のお姉さん」から「お母さん」の歳になる。時間は流れている。人も、人の記憶も、人の心持ちも動いている。人々は原爆から背を向け、明るく楽しい「瀬戸内の若者」の記事を読む。しかし例えばそれは62年の「その夜は忘れない」に現れるような、ひりひりした目の背け方とはまったく違う。

 とはいえ、美智をイーダにしてしまうと、祖父母があの廃屋に住んでいたことになってしまうので、そうもいかない。じゃあイーダは結局どこにいるの? ってことでああなったんだろうなあ。椅子はファンタジーの住人、直樹は現実の住人。同じ日の広島で椅子は死者と出会い、直樹は(子どもなりに)自分のルーツと祖母の悲しみを見る。そして河口という「広島の出口」で2人は再会し、自分たちの世界に帰っていく。

 美智はシングルマザーだけど、前夫というか、兄妹の父親については全然触れられてません。離婚なのか死別なのかも含めて。両親が再婚に反対するのは「被爆者だから」だけど、美智が自分が被爆者であることを認識したのは最近の健康診断の結果だから、それが理由で別れたのではないのかもしれない。りつ子の抱いた健康への不安は、二世である直樹への不安となって美智に引き継がれる。観る者は、直樹の発熱は椅子とのやりとりでのショックが原因だとわかっているけど、美智には自分の健康不安が払拭された直後の新たな不安となって淀んだままとなる。

 構成としてはそういうとこだけど、とにかく直樹役の上屋健一くんがすっごくいいんですよ( ̄▽ ̄)! 当時どれくらいなんだろうなあ。10歳より上には思えないんだけど。ちょっと「ケンちゃん」ぽいのは時代の流行りもあるんだろうと思うんですが、動きも表情もほんとにいいんだこれが。セリフは多少回りきらないところもあるけど、そりゃ「演技」じゃなくても普通に子どもはそんなくらいだよね、っていうくらい。椅子相手のとっくみあいみたいな難しい動きもがっつり。特に最後の海水浴の場面、流されてきた椅子の部品を見つけてから組み立てるまで、椅子を傷つけてしまったことへの深い後悔からくるテンションのバカ高さが好きだわー( ̄▽ ̄)。直樹はきっとあの時、椅子さえよければ、イーダじゃないけどゆう子の椅子として連れて帰るくらいのことは思ったんじゃないかな。
 ゆう子はもう可愛いからいいです( ̄▽ ̄)。あの年齢だからね。ほくろ確認のところ、原作の「背中にむしむしついてる」「いやあ」ってワンピース脱がすの好きだったから、そのやりとりがなくなっててちょっと残念。

 美智が広島でお坊さんに原爆の話を聞かせて欲しい、って頼むときに、坊さんが「天皇陛下だって戦争だからしょうがなかったっておっしゃってる」って言って振り払う場面が。もちろん坊さんの方は、若いモンが興味本位で聞きやがって、って思ってるからで「しょうがなかった」なんて全然思ってないわけで。その後自分でマッチを擦って、火の中に自分の指を突っ込んで、「お前もやってみろ。みんなこうやって焼かれたんだ」(大意)って言う。美智は坊さんの剣幕と火の恐ろしさに逃げ出してしまうけど、こんな風に天皇発言が出てくる。

 多くの子どもをトラウマに落とし込んだらしい椅子は宇野重吉。自分が原作を読んだときは、椅子ってこう、ナンバ歩きみたいに前後の脚をいっしょに右側、左側、ってカタカタ歩くと思ってたんですね。したら、座面を下にぐーっと下げる→前後に脚が開く→座面を上げる→脚がすぼまる力で前に進む、っていう、尺取り虫的な(ちょっと違うけど)歩き方でびっくらしましたよ。確かにその方がリアリティがあるような気がする( ̄▽ ̄)。
 
 祖父の森繁は農業試験場みたいなところで現役(嘱託?)勤務。小学生の孫がいるならそれくらいの年齢かな。仕事中だってのに、雨が降ったら気象台へ「孫が虫取りするのに雨止むのか」って難癖みたいな電話するし、虹が出たら家にかけて「外に出て見せろ」っていうし、ちょっとは仕事しろよ( ̄▽ ̄)っていう。高峰秀子の祖母がきれいでねえ。2人が孫のために年甲斐もなく捕虫網振り回してチョウを追い回す場面は、物語的には「むだ」かもしれないけど、すっごくいい場面なんだよなあ。こういう「むだ」をきちんと入れられたのが、この頃の日本映画でもあって。そういえば最初の「黒い水」だけは解決を忘れられてたみたいだな。

 でまた、ところどころが大林宣彦でねえ( ̄▽ ̄)。直樹が熱を出したときにみたコラージュによる悪夢とか、川底でイーダの横顔がどーーん!!っと出てくるとことか、そりゃ「ハウス」だろ、っていう。電気笠かぶったクンフーみたいなのも出てきたな。イーダが76年、ハウスが77年なのでハウスの方が後なんだけど、ある種時代の流行技術みたいなものもあるのかしらん。

 でね、映画や漫画や本による子どものトラウマってね。大概は「トラウマ」なんてもんじゃなくて「怖くてしかたなかった」くらいの意味だから。それはあった方がいいんです。断然いい、と自分は思います。

| | コメント (0)

2017/04/21

ふたりのイーダ その1

 映画「ふたりのイーダ」は1976年公開。公開時は小学生で、公民館で上映があって見たかったのだけどどういう具合か見られなかったので、ずっと気にはなっていた、という作品。昨年来何度か名画座の特集上映にかかっていて、昨年新文芸坐で観たのだけれど何か書いている暇もないままにしてしまって、今回、ラピュタにかかったのを失業中を幸い、観てきました。当日は客席にプロデューサーだった方がいらしていて挨拶をなさいました。山田洋次監督のお嬢さんが「映画にして」と監督にお願いして、一度は山田監督と松谷みよ子さんとにそういう約束があったとか。しかし松山善三監督からの申し込みがあって、ならばと山田監督が「脚本協力」という形で入ったとのことでありました。

 原作は自分も好きだったのだけど、そんで探せば文庫があるはずなんだけど、かなり忘れてました(笑)。原作の「現在」1969年から7年後の「現在」。幼い頃に被爆したのは「近所のりつ子おねえさん」ではなく、兄弟の母という年齢になり、椅子はさらに長く待たされたという。

 雑誌記者の美智(倍賞千恵子)は取材のため、子どもの直樹(上屋健一)とゆう子(原口祐子)を広島郊外に住む父母(森繁久弥・高峰秀子)に預けることに。早速チョウを追いかけて飛び出した直樹は歩く椅子(宇野重吉)を見かけ、後を追って廃屋にたどりつく。逃げ帰った直樹だが、翌日、いなくなったゆう子を探しに廃屋にいくと、椅子とゆう子が遊んでいる。椅子は「この子はうちのイーダ」だと言って直樹を追い払う。直樹は恐怖と不安からその夜熱を出す。

 一方、美智は広島で、「友達」のカメラマンの広岡(山口崇)とともに「瀬戸内の若者」の取材を続ける。途中、住職を訪ね、被爆経験について取材しようとするが、追い払われる。そんなことを取材してどうする、という広岡に、美智は自分が被爆者であり、今回の取材は原爆病院での検査を兼ねてのことだと打ち明ける。

 直樹が廃屋から持ち帰ったカレンダーを見た祖父は、直樹にその日付けが原爆が落とされた日であること、原爆の被害の様子などを写真集を見せながら語る。廃屋に住んでいたおじいさんとイーダも広島で亡くなったんだろう、と。
 椅子は相変わらず、ゆう子をイーダだと言ってきかない。苛立った直樹は椅子に写真集を見せながら、イーダは死んだ、あれは妹のゆう子だ、と言う。椅子は「イーダだという証拠に、背中に三つほくろがある」と言うが、直樹がゆう子のワンピースを脱がせると、そこにほくろはなかった。動かなくなった椅子に、直樹は後悔する。
 その夜、帰ってきた美智は、両親に広岡と再婚すると告げるが、両親からは被爆を理由に反対される。椅子はイーダを探しに広島に向かって歩き出す。

 8月6日。家族の名が刻まれた墓石をさすりながら泣き崩れる母。それを遠くから見守る広岡に、母が「あの人にもお線香をあげてもらいなさい」と言う。灯籠流しが始まり、母・美智・直樹は灯籠を流す。ゆう子を抱いた父がそれを眺めながら、広岡に家に来るように言うが、広岡はあらためて正式にプロポーズに伺うと答える。
 苦労の末に広島にたどりついた椅子は、イーダを見つけることができず、しかし何があったかを理解した。川に落ちた椅子は川底で死んだイーダと出会う。川底の死者たちは椅子に、自分がここにいる、骨を拾ってくれと家族に伝えてくれと口々に頼む。

 美智の検査結果は「異常なし」だった。親子3人は河口に近い砂浜で海水浴をする。美智はふと直樹が熱を出したことに不安を覚える。直樹は河口で打ち上げられた灯籠の中にバラバラになった椅子を見つける。直樹は椅子を組み立て直すが、椅子はそのまま海の向こうへ流れていくことを選ぶのだった。

 

| | コメント (0)

2017/04/14

不忍のカモメ

 4月13日に芸大美術館の「雪村展」を見に行ったので(すごく面白かった!)、その時の写真を少し。

Ca3k22290004

 桜は概ね散りつつある、くらいのところ。でも平日の日中なのに結構な人がいたりして。まあ海外からの観光客には、土日平日関係ないですもんね。4時すぎになると制服の高校生?くらいの子も結構いたりして。


Ca3k22310004

 新緑がきれい。桜との取り合わせも楽しめる時期です。

Ca3k22280004

 どこもかしこもシャガの花盛り。シャガって日陰に生えるような気がしてたよ……。

Ca3k22360002_2


 不忍の蓮池。カモ類もオオバンもまだちょっといるけど、概ねユリカモメ。あとカイツブリがちらほら。


Ca3k22510001

 換羽期の若鳥かな……。

Ca3k22490001

 こちらはほぼ夏仕様。不忍ではあんまり見なかったような気がするけど、そういう時期に自分が来てなかっただけかも。


Ca3k22380002

 換羽期ぽよぽよまつりかよ〜( ̄▽ ̄)。かわいいよう。


| | コメント (0)

2017/04/13

2月のボレロ

 もう2ヶ月近く前になりますが、インザナイトについてはこちらに書いたので、ボレロの方をさくっと。

 オーレリのボレロ。初日は2階後方だったのもあって、ちょっと詰まった感じの体型に見えて。まあギエムとか水香ちゃんとかのフォルムを見過ぎたような気もするんですが……と思いつつ、なんか「あれ?」「あれ?」てな感じで誤差調整に忙しい感じで見てました。久しぶりに違う系統のメロディが台に乗ってる、っていう感じかな。水香ちゃんや弾くんだと、台の上下で掌の角度とかが「ぴっ!」って合うんだけど、上と下とでテンポそのものが微妙に違うような感じで。まあこの日は第1ソリスト以外のリズムはいろいろ配置転換もあったりして、出欠を取るのに忙しかったりもあったりしつつ。

 2日目はそれほど違和感なく。オーチャード前方のA席だったのでちょっと見上げる感じになりまして、ああ昨日体型が変に見えたのは上から見たのもあったんだなー、と思いました。オーレリのファンなんですけどもね、一応。
 で、前方上手のA席。オーチャードですから、ぼちぼちと前の人々の頭で視界が切れたりもします。その合間からすっげーばっちしかんかんで見えるのは杉山くんと中村(ゆ)くんで、これは誰得な……というか、ぢぶん以外に得なヤツおるんかいっ( ̄▽ ̄)! ちうわけで、がっつり2人を楽しませていただきましたです……。中村(ゆ)くん、何気に好きなんですよねえ……。めんどくさいからもう祐司くんでもいいですかねえ(しばらく前に中村(え)くんが増えたので。そういえば岡崎も2人になったんだった)。

 って、相変わらず何見てんだか、って話ですが。

 神奈川は安定の水香ちゃんボレロ。オーレリが割と「素」なイメージのボレロだったせいか、水香ちゃんも割に「等身大」なボレロでした。アグレッシブというか、挑戦的(チャレンジングじゃなくて挑発的に近い感じの)な本性が剥き出しになっていくOLさん、みたいな(なんじゃそりゃ)。でもまあやっぱり10年踊ってるだけのことはあるなあ、とも思いますです。10年でこちらも目が慣れたと言いますか(悪い意味でなく)、ワクワクというよりは安心感というか。まあ、誰がメロディの時でも、割とリズムの方を見ちゃってることの方が多かったりしますけども。

 つことで安定の第1ソリスト陣は前上手からぐるっと岸本・杉山・永田・森川。まだ4人のところで、移動距離の関係で永田くんに加速装置がつくところが毎回好きだったりしますが( ̄▽ ̄)、森川にも加速装置が必要なところがあったんだなー(←今更な発見)。あとこう、若手と混ざるときなんかに、杉山くんが以外とパイセンぶりを発揮してることがあって、いやーそうか杉山くんもパイセンだもんなあ、などと感慨しておりましたら、今年度安田くんが退団しちゃって 。・゚・(ノд`)・゚・。、現役男性は木村さんの次がいきなり杉山パイセンというオソロシイ事態になっちゃってどうすんのー、杉山くんはずっといてくれえええええええ 。・゚・(ノд`)・゚・。、ワシの老後の楽しみなんじゃーーーーーヽ(`Д´)ノウワァァァンとかええまあいろいろ。
 
 まあそれはそれでそれなんですけど、見慣れたリズムの第1ソリストの踊り。杉山くんも「ポジションが人を作る」的なところもさておき、第1ソリストを踊るようになってから踊りが強くなったな−、と。強さも出たし、身体もしまったし、ボレロの時は特に男っぽくというか大人っぽくというか、いつも気合いパンパンだし。で、今回、杉山くん見てて、「あ、リズムもメロディを踊ってるんだな」と感じるところが多かったんですね。一般に、「メロディ」が台上でメロディ(パート)を踊り、「リズム」が回りでリズム(パート)を踊る、とやや雑に解説されることのある「ボレロ」なんですが、リズムもまたメロディであるという、言われてみりゃ「そりゃそうだ」な話ですが、久しぶりにそういう杉山くんの踊りを見て、たいそう楽しかったんですよん。
 

| | コメント (2)

2017/04/04

春から失業中

Img_5229

 ながらくご無沙汰になってしまってましたが、無事に失業いたしました( ̄▽ ̄)。23年勤めた会社がなくなるというのは不思議なものです。だって、そんなに長いことひとつのところに通うってことは、そうそうないじゃないですか(一度移転してるけど)。背景に出版不況があるのは確かですが、10数年前に親会社からの圧力で会社が分裂したときから、まあこんな風にいつかは切り捨てられるんだろうなあという感触はありました。その意味も込めて「よく今までもったな」という気はします。分裂した(というか追い出された人たちで作った)会社はまだありますし、そちらに移った人もいるのですが、そこもそこでいろいろあって、まあとにかく自分は失業しています。そして業界不況なのはやっぱり確かなので(笑)、もちろん今と同じ仕事で正社員にはつけませんし(大概派遣か契約社員の仕事になる)、それでなくても50過ぎての転職はきっついわー( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!! いやあ、つぶしがきかんきかん( ̄▽ ̄)。

 つことで、しばらくは時間ができるので、少し今までの分もアップできるのではないかとかとかとかと……(エコー)。
 公演は多分、東バ以外にはあまりいけないんじゃないかと思います。特に平日の公演は(万一就職できたときのことを考えて)ギリギリのチケット獲りになりそうです。自分が(なるべく近い業界で)見てる範囲の求人だと18:00終業のところが多く、上野18:30開演に間に合いそうな所、というわけには全然いかない感じ( ̄▽ ̄)。さすがにそこまで贅沢は言えないからねえ。

 まあそんなこんなですが、引き続きごひいきのほどを。写真は去年、浜離宮で。

| | コメント (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »