« バレエホリデイのまとめ | トップページ | GWの子ドンキ 2 »

2017/05/08

GWの子ドンキ 1

 つことで、GWは「バレエホリデイ」、両日とも大変な賑わいでした。文化会館大ホールのホワイエの真ん中にどーんとピンクのランウェイ。これはレッスンウェアと舞台衣装のファッションショーのために作られたんだけど、その時間以外にはあちこちのバレエ団の舞台衣装が展示してありました。あんまりちゃんと見なかったけど、ロイヤルとかあったような。

Ca3k22300004

 こんな感じ。これは28日の公開リハの時に、近くには寄れなかったけど撮ってみた。このときはまだ設営中だったけど、ホワイエの、通常の入口から女子トイレ前の日頃は〆切になってる出口を直線通路に取って、両側に出店(主にバレエ用品)が並びました。ここの部分は入場無料なので、公演を見に来た人以外も通ってたみたい。公演前後も休憩中も賑わってました。チュチュ着て写真撮ってたお子さんもいたけど、その場で買ったのか、写真用レンタルサービスがあったのかは不明。
 ホワイエから客席に入る中央口(というか)の真ん中からランウェイが始まってて、その両脇(よくキャスト表が掲示されてる辺り)に二つ、チケットもぎり口を設営。左右の階段(クロークとビュッフェに降りるところ)は一応封鎖で、チケット半券を見せて出入りするようになってました。

 つことで本番ですよ!

 子ドンキもずいぶんあちこちでやって(あちこちで見て)練れてきましたが、文化会館でやるのは初めて。いつも下手中央通路から出るロシナンテとサンチョは上手から、2幕の最初に上手から出るガマーシュとロレンツォは下手からに変更。ロシナンテは上手ドアから入って、上手側のウィングとサブセンターの間(NBS的にはA席とS席の間)の通路を通って、最前列を通って、下手に作られたスロープへ出ました。さすがに、センターの通路を通るのはきつかったかな。サンチョの解説中に舞台にアゴ乗せてごにょごにょするのはなかったけど、みんな大喜びでロシナンテに触ったりしてたから、やっぱり話は聞いてなかった( ̄▽ ̄)。

 で、ロシナンテの声が「ピンポーン!」「ブブー!」から「ブフヒィィィ」に変わりました( ̄▽ ̄)。本番のキャスト表にはレジェンド・ワシリーエフの名がクレジットされておりました! けど、リハの時は声が違ったような気がするんだよな(クレジットもなかったし)。馬よりちょっと豚っぽかったし。単に声色を変えたのか……。レジェンドが「オレがやるうううう!!!」って言ったのか……。しかも2日めの方が増量されてたような気がするんだけど? いや、誰の声にせよ、ピンポンより全然いいですけどね。公開リハの話は前のエントリのリンク先(回りくどい)に書いたけど、レジェンドがロシナンテを気に入ってくれたみたいで、本当によかった。愛されてるよなあ、ロシナンテ。

 でまあ、繰り返しになるようだけど、去年の目黒での公開リハの時に、子ドンキの脚本を書いた立川技術監督(バヤで仏像を倒したり岩石落としをやったりする監督さん)のご挨拶っつうかお話がありまして。話の中身はなんかもう忘れちゃったんですけど(←ヒドイ)、立川監督のセンスなんだなあ、と。で、今回ワシリーエフがちょっと手を加えたのは(東バ公式によると)、バジルやキトリの登場場面で(それに限らずだけど)、声を出して盛り上げること。特に、1幕のキトリのソロの前に闘牛士たちが騒ぐのに、森川くんの「ヘーイ、キトリーーーーッ!!」って叫び声というかコールというか、大変良く響いて、今回いちばんの盛り上げ男でありましたよ(誉めてる)。あと、GPDDのキトリのヴァリの終わりの方、キトリが脚を組み替えながらというかなんというか、後ろに下がっていくところで、みんなが肩を、みーぎ、ひだり、って、前後に振るちうのもレジェンドの改訂だそうです。ファンダンゴの人たちが一斉に振るのも可愛いんだけど、木村キホーテが「しれっ」とした顔で肩を動かしてるのも可愛いんですよ。

 ほかのところはまたあとで。

|

« バレエホリデイのまとめ | トップページ | GWの子ドンキ 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バレエホリデイのまとめ | トップページ | GWの子ドンキ 2 »