« GWの子ドンキ 2 | トップページ | GWの子ドンキ 3 »

2017/05/27

松山こどもシェイクスピア劇場 その1

 GWに松山バレエ団のR&Jを見ました。通常バージョンは森下+刑部ペア。これは去年も見た取り合わせ。演出は2010年に森下+清水ペアで見たときとそんなには違わないかと思います(そんなに前だったのか!)。キャストはだいぶ変わったけどね。

 5日は毎年「こどもの日スペシャル」として、同じ作品の短縮版を、森下さんではないキャスト&オケなしテープ演奏で、低価格でやるのが通例。しかし今年は「こどもシェイクスピア劇場」と称して、やはり森下さんではないキャスト(午前が佐藤さん、午後が山川さん)でオケなしですが、去年とは演出を変え、台詞による説明が入るという形での上演でした。去年どうだったか忘れちゃったんだけど、今年は0歳児から入場可。2階ホワイエ(ビュッフェと反対側)には、よくデパートなんかにあるようなプレイサークル(ただしおもちゃはなかったみたい)があり、アナウンスによると、授乳やおむつ替えのできる休憩室があったようです。そしてクローク前がベビーカーの駐車場に( ̄▽ ̄)。

Ca3k22220009

 こんな貼り紙も。「お子様の喜びの声」ってところが松山の言い回しだよね( ̄▽ ̄)。幕間には(上演前にもあったのかも知れないけど忘れた)、「小さい子がおしゃべりしても、大声出したり泣いたりしても今日はオッケーな公演だから、親御さんもそのまま座って見ていていいからね! 外へ出てもいいし、ロビーのモニターでも見られるからね!」という趣旨のことがもっとお上品にアナウンスされておりました。これはよいことで、アナウンスでそのように知らされていれば、観る大人の客もそういうもんだと思って観てればよいからね。0歳児にバレエを見せるのが趣旨ではなくて、子どもを預けられないご両親や、小さい弟妹のいるお子さんがメインのお客さんなのだろうから、「この子のせいで楽しめなかったストレス」を減らすためにはそういう方がいいだろうし。でもそれなら保育がある方がいいんだろうけど、それはそれでコストも大変だしなあ……と、主催者が考えればよいようなことを考えてみたりして。まあうんと小さい子はそれでいいけど、中途半端に小さい子が、劇場はそういうもんだと思ってしまうとそれはそれで、よそでトラブルの元にはなるけども。ちなみに、子ども用クッションは足りなくなったのか、椅子にすっぽりはまる専用クッションの他に、赤の無地のものとタンタンのもの(両方マジックでオーチャードの名前が入ってる)が配られておりました。

 いったんここで。

|

« GWの子ドンキ 2 | トップページ | GWの子ドンキ 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GWの子ドンキ 2 | トップページ | GWの子ドンキ 3 »