« 松山こどもシェイクスピア劇場 2 | トップページ | スプリームBの1 »

2017/07/28

ENB海賊 その1

 ふと気づけば1ヶ月近くこちらには何も書いてないという( ̄0 ̄)! このかん何をしておったかといえば、職業訓練校に通ってWordとExcelにまみれ、かつ通信教育で校正の勉強をしておりました。求職のために手札を増やさないとなー、ということなんですが、とりあえず、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリストという検定)のWord(2016版)は獲りました╭( ・ㅂ・)و グッ ! 8月中にはなんとかExcelの方も獲りたいなー。授業の方が面白くて、正直ずっと訓練生をやっていたい( ̄▽ ̄)。まあそういうわけにもいかず、8月末日が修了式です。通信の方は10月末が期限ですが、課題はあと2回分(2ヶ月分)を残すのみ。訓練校は、基本は月〜金の6時限(7時限目に自習or補講)という体勢で、求職活動日という平日の休みが何日かはありますが、遅刻も休みも原則不許可なので(申請がめんどくさいし、手当も引かれる)、割といっぱいいっぱいです。

 そんなわけで、舞台も映画もほとんど見てなかったんですが、バヤ3回と「子午線の祀り」、ENBの「海賊」だけは行きました。映画は「謀殺下山事件」1本切りだな。まあ失業者がそんだけ見りゃ充分だろ、と言われそうな気もするけど。

 で、「海賊」をちらっと。予定が立たないし、日曜以外はチケットを獲らないようにしていたので、16日のロホの主演の日を見ました。
 話がコンラッドたちの難破からではなくトルコの奴隷市場から始まり、捉えられ、売り飛ばされそうになるメドゥーラをコンラッドたちが助けにくるところからです。そんで、パシャに売られたメドゥーラを奪還するまでが1幕。洞窟の場面は割と普通に2幕。3幕はパシャの館で、こちらもストーリー的には割と普通。エピローグは、無事救出されたメドゥーラとギュリナーラ、コンラッドとアリが船出したものの、途中で嵐に遭い難破し(話が円環するかと思ったw)、アリがいきなりふっとばされ(びっくりした( ̄0 ̄)!)、ギュリナーラが行方不明になるものの、コンラッドとメドゥーラが助かってめでたしめでたし……というなんともビミョーな結末に( ̄▽ ̄)。

 自分のデフォルトの「海賊」は、マールイがかつて持っていたボヤルチコフ版。曲はそれやキーロフの版とはかなり入れ替わっていて、編曲も若干違うものがありました。1幕がいちばん違ったかな。なにしろ1場がまるまるないので、トルコの兵長さん(ブレグバーゼ父っつあんの鞭捌き!)も出ないし。市場でも、パレスチナの踊りといったキャラクター群舞はなし。3幕にあるオダリスクが、3人の売られる女の子達の踊りになっていて、ソロを踊って袖に捌けようとするところに必ず奴隷商人が待っていて連れて行くという、なかなかリアルな(?)演出になってました。オダリスクの最初の音楽は好きだな〜♪ 最初のソロを踊った金原さん、一人だけ日本人だとやはり幼く見えるな〜と思ったら、本当に19歳だそうで、そりゃ若いわ〜。

 2幕の洞窟での海賊踊りだのビルバントの鉄砲ぶっ放し踊りだのがないかわりに、1幕の最初の方にビルバントを中心にした海賊たちの踊りがありました。ビルバントのヨナ・アコスタはロイヤルのアコスタの甥っ子だそうですが、ぱっと見はむしろカレーニョっぽい感じ。腹回りとオデコかな……。ノーブルと言うよりはちょっと粗っぽいですが、勢いがあって気持ちのいい踊り。ビルバントだからノーブルな必要はないしな。好感度高かったです。アリのコラレスは一人だけ上着のないアリ仕様の衣装で、奴隷なのに一人だけ無駄にノーブルな身のこなしだったりしたので、奴隷だから上着ももらえないし、観賞用にどこぞの優男が買われてきたのだと脳内補完。

 奴隷のPDDは概ね普通(演出的に)。ランケデムを踊ったジンハオ・チャンは長身で、肝心なところでちょっとすぺっちゃったりしたのも含めて、今回の男性陣ではいちばん好みでした(何を含めてるんだ( ̄▽ ̄))。ギュルナーラのハニュコワはきれいだったけど、コーダの辺りで負傷したそうで、3幕は金原さんに交替になりました。残念。

 それから他の版だと売り物のメドゥーラが踊らされつつ助けを乞うソロが入るのですが(ペレンの悲しいんだか怒り心頭なんだかな踊りが好きだったなあ)、ここではメドゥーラのヴェールをコンラッドが取ると、その美しさにパシャが卒倒するという、なんだニキヤかガムザッティか、みたいな演出に(こないだ見たばっかりだからねぇ)。その後、メドゥーラの踊りになりますが、これがまた性悪( ̄▽ ̄)。パシャを煽って誘って突き放しながらコンラッドといちゃいちゃするという、キトリとガマーシュかって。ロホはフリーダムにやりたい放題だし、振り回されるパシャがすっごく可愛いんだこれが。もうホントに腹を抱えて大笑いしちゃった。

 でも、逃げ出せたと思ったメドゥーラはもう一度捉えられて、ギュリナーラともども連れて行かれちゃう。ここでコンラッドが情けないというか、メドゥーラを買おうとしてお金を集めようとするんだよな。いやあんた海賊だろ( ̄▽ ̄)。で、結局足りなくてしょんぼりすると、ビルバントが「オレにいい考えがある!」って、武力強奪しに行くというな( ̄▽ ̄)。おまいら、どこまでマヌケなの……。

 というところでまたいづれ。

 

|

« 松山こどもシェイクスピア劇場 2 | トップページ | スプリームBの1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松山こどもシェイクスピア劇場 2 | トップページ | スプリームBの1 »