« 小さな死 | トップページ | 王希奇「一九四六」 »

2017/09/29

アルルの女(竹)

 中日のアルルは川島×弾の竹組。流れや振りは初日に見ていたので「昨日ツボった所を見よう」的な感じプラス川島さんがドラマチックなのは予想がつくけど、弾くんがどこまでついてくるかな……という。

 いや、素晴らしかったですよ! 振りがこなれてないところもちょっとあったし、多分「正しく」踊ってるのは水香ちゃんとボッレなんだろうなあ、何よりプティっぽい(よくわからんけど)のは水香ちゃんとボッレだよね? と思いつつ、そんで、もしかしたら「正しいアルル」じゃないような気もせんでもないな……と思いつつ、やっぱりこういうドラマが見たいんだようヽ(`Д´)ノウワァァァン! っていう。

 弾くんも、ジェイムズ、ソロル、アルブレヒトと、ヒドイ男をやってきた積み重ねが活きてですね、本当にヒドイ男だなあ( ̄▽ ̄)! ボッレはマリッジブルーというか、倦怠期というか、だったけども、弾くんは牡丹灯籠……じゃなくて、なんだったかな。「アルルの女」って別に亡霊譚じゃないはずなんだけども(笑)、ファムファタールではあるわけで、弾くんのは本当に思い詰めて破滅しちゃったからね。こういう思い詰め方ができるのも、ある意味若さかもしれないよねえ。ほかのものが何も目に入らなくなっちゃって、もうそれしか考えられなくなっちゃって暴走するというか、もう「メルトダウン」っていうのがひしひしと伝わってきて、ラストはむしろ「弾くんもここまで来たんだーーーーつД`)・゚・。・゚゚・*:.。って感無量になってしまって、思わずどばっと涙が出ましたよ。ソロルの友人なんてやってた頃は「立ってるだけで動けません」みたいな子だったのになあ(ノ_-。)。よくぞここまで。時々「むしろベジャール」「むしろ由良之助」みたくなってたけど、いいんだそれは(笑)。これまでの積み上げがちゃんと見えて、無駄なくキャリアを積んできたなあ、って。

 川島さんは今のところ、弾くんとがいちばんいいような気がするな……というか、弾くんが川島さんとがいちばんいいのかな。川島さんはいつも振付の「咀嚼力」がすごくて、この踊りはこういう風にも踊れるんだ! という発見があって、毎回感心してしまう。何も疑ってない無邪気なお嬢さんがどんどん壊れていくのが怖くてですね。中程、フレデリのソロの後で、弾くんが床にころんと胎児のように転がってるところへヴィヴェットがポワントの爪先から現れるんだけど、そこの最初の和音が「大僧正のテーマ」と同じ音らしくてですね( ̄▽ ̄)、もうその和音が響いて爪先が見えた瞬間に「ガムザッティだ( ̄0 ̄)!!」って、なっちゃいましてん(笑)。メヌエットの上着を脱いでいくところの「かくんかくん」っていう振りが、水香ちゃんだとちょっと屈辱的というか、何かに耐える感じもするんだけど、川島さんだと本当に壊れちゃってる感じ。ちょっとジゼルの狂乱の前半のようでもあったよ。ジゼルも見たいなあ。

 まあ群舞入れると構造がラシルっぽいとかジゼルっぽいとかいうのはしょうがなくて、フレデリを止めた時の和田くんに「ほらガーン、そこで行けぇ!」とか思っちゃったりしてですね( ̄▽ ̄)。そいえばガーン2人あそこにいたなあ、と(笑)。シルフのいない(ついでにガーンもマッジもいない)ラシルなのかもねえ。シルフがいないから、フレデリが死んじゃうけども。

9/9
フレデリ:柄本 弾ヴィヴェット:川島麻実子
女性:加藤くるみ、秋山 瑛、安西くるみ、最上奈々、足立真里亜、菊池彩美、柿崎佑奈、瓜生遥花
男性:永田雄大、後藤健太朗、宮崎大樹、竹本悠一郎、山田眞央、鳥海 創、岡本壮太、岡﨑 司

 

|

« 小さな死 | トップページ | 王希奇「一九四六」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小さな死 | トップページ | 王希奇「一九四六」 »