« バレエホリデイその1 | トップページ | BRB眠りつづき »

2018/05/28

BRBの眠り

 日曜のコジョカルの回を見たのでちょこっと。3回上手バルコニーから見たので、細かいことはあまりわからなかったけど、フルバージョンの眠りは久しぶり。チーちゃんがこないならまあ誰でもいいかな(←失礼)な感じでキャストは全然見てなかったのだけど、ホールに行ったらカタラビュットがマイケル・オヘアでいきなり気持ちが盛り上がり( ̄▽ ̄)。ピーター・ライト版。

 舞台は金と黒を基調としたシックなもの。以前の来日公演で見てたはずなんだけど、もうすっかり忘れてたなー。カタラビュットも王もスノーク風の正装のかつらだし、女性達も貴族はみんなシンプルなアントワネットみたいな(語義矛盾だな)かつら。真ん中にオーロラのベッドというか入れ物というかがしつらえてあって、下手に王の玉座とカタラビュット、上手に王妃の金の椅子。王とカタラビュットがいる一角が絵のように美しくてついついそちらを見てしまっただよ〜♪ でも、王様は案外するっとカラボスにカタラビュットを売っちゃうんだよな〜( ̄▽ ̄)。この場面で王様の器が知れるよね。でもカタラビュットもいちばん上にかぶってるのはかつらなのがわかってるので、カラボスにぽーんと持ってかれちゃってもあまりかわいそうな感じがしない( ̄▽ ̄)。その後少し毟られてたかなあ。かつらの下はオヘアさんの地毛だったのかしらん……。その後もずっと固唾を呑んで「ああああああ……」と事の次第を見守るオヘアさんが可愛すぎて、ずっとオヘアさん見てましたよ……。

 リラは踊らない役で(ちょっと由紀さおり)、代わりに「喜びの精」が入って妖精は6人。それぞれにおつきの男性がついて、さらに女性のコールド妖精というにぎやかさ。ちょっとずつ振付もアレンジがされているんだけど、カナリア(歌の精)のは余り良くなかったな。なんというか、ただの頭の悪い人みたいな感じの振付になってた。喜びの精はギッテンス。ちょうどWOWOWで録画してあったロイヤルの「くるみ」でクララを踊ったのを見たばかりだったので(あれは子役扱いなのかな)、成長したなー( ̄▽ ̄)と。ギッテンス、割と好きなので見られて幸いでした。

 4人の王子もみなさん、モーツァルト風というか、例のグレイのかつら。全体に衣装もシックといえば聞こえがいいけど、ビミョーに地味なので最初王子だとは思わなくて、なんというか、4人の弁護士のような。まあ、あの手のかつらをみると法曹か音楽家かと思ってしまう辺りが我ながらなんだかなー、なんだけど。3階からだし、誰が誰だかはあまりよくわからなかったけど、多分始めに来ていた王子がサポートだったのかな? 彼がいちばん「見た目はともかく信頼できそう」な感じで、なんとなくオススメであった。3人目の王子が入って来たときに「まだ来るの?!」みたいなリアクションだったのがおかしかったな。オーロラを寝かせた後、ちゃんと4人が捌けたあとでリラが魔法をかけていて、なかなかよろしいと思いました。100年の眠りにつきあわされたうえにお払い箱では気の毒だもんな。

 そうそう、プロローグのあと休憩で、1、2幕が通し上演(舞台転換3分)なので、「100年の休憩」はなかったのでありました。
 

|

« バレエホリデイその1 | トップページ | BRB眠りつづき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バレエホリデイその1 | トップページ | BRB眠りつづき »