« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018/06/28

ブルメイステル版白鳥1幕

 だらだらしてる間にブルメイステル版の東京公演が迫ってきたので、鎌倉で見たのを元におさらいなど。

 ブルメイステル版白鳥といえばまあ3幕なんですが、1幕も結構特徴的であると思うんですね。53年初演のソ連体制下の演出だなあ、ちうのが1幕で。マールイのボヤルチコフ復元版の1幕でも農民と貴族は区別して描かれてますが(というかゴルスキーが大雑把なのか)、「貴族のお戯れ」感(とそれに伴う王子のうんざり感と甘ちゃんぶり)があるのがブルメイステル。4幕の「許されると思ったら大間違い〜」っていうのも、慣れると癖になったりするんだけど( ̄▽ ̄)。

 1幕は王子一行のピクニック。幕開けは野郎ばっかりなのでちょっと淋しい感じですが、通りかかった村娘一行(何かの収穫の帰り)を囲い込んでナンパしちゃうのが最初のワルツですね。一度は「お許しを〜」っていう具合に逃げていった娘たちを道化を先頭に結構強引にピクニックに参加させるんですが、まあそこは若い娘さんたちで、踊っているうちにノってくるというか。なんとなく打ち解けた風になってきたところで王妃ご一行がいらっさるわけですよ。「先生キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」っていうお小姓さんたち(海田くんと誰だったかな……)が可愛いのよこれがまた( ̄▽ ̄)。それで貴族野郎たちが一列になって、後ろに娘さん方を隠すんだけど、まあ、ばれちゃいますよねそりゃ。王妃さまは露骨にイヤな顔をしてぷんぷんだし(矢島さんサイコー!)、ご一行のご婦人方もみんな不機嫌で、「何この卑しい女達と戯れてるの、ばかにしてるの? あんたたちばかなの死ぬの?」って勢いですよ。で、こそこそと娘さんたちを逃がして「いやいやそんなの本気なわけないじゃーん、ちょっと遊んでただけじゃーん」ってご婦人方とは仲直りするんですけどね。
 ちなみに途中で、道化が娘さんたちの収穫物をつまみ食いしようとして王子にたしなめられるという小芝居が入ってたりしましてね。井福くんの道化もキレキレでチャーミングでしたし、トロワの男性(王子の側近的な)の樋口くんと鳥海くんも若者らしい軽率な感じがたいへんよろしかったです。弾くんもおっとりさんの育ちの良い王子様で、最近、エージェントの関係であちこちのパーティなどに出席してるのが役に立ってるのかなーと思いました。侍従長の杉山くんが黒ヒゲで無駄にイケメンな感じでしたが、王妃についてきてついて帰るので、あまり出番がないw。

 ま、仲直りした貴族連中ですが、ここで通常のトロワがカトルに。吉川さんが1ヴァリ、金子さんが2ヴァリ。これは恋人2組の設定なんでしょうな。2人ともよかったですけど、吉川さんがもう本当に素晴らしい。3幕の悪のチャルダッシュとの踊り分けも素晴らしかったですよ。本当によかったなあ。
 このカトルの途中に王子のソロが入ります。道化からマンドリン的な(リュート?)楽器を受け取って弾きながら踊るんですが、もう全然気乗りしないで、途中で楽器返却しちゃう。さっき叱られたからっていうわけでもないんでしょうが、まあマリッジブルーというか、人生不可解なりというか。そこで、道化が「これならどうだ!」とばかりに出すのが謎のアダージョ姫( ̄▽ ̄)。ここで通常のブラックスワンのアダージョの曲が使われますが、本来的には1幕にある音楽らしいので、それはそれで。柿崎さんもよかったですよ〜。背の高い人だけどリフトされるのが上手い。ちょっとハツラツ感のある、結構好きなタイプです。
 しかしそれでも世をはかなんだ王子には、中空を飛ぶミルタが見えて(白鳥だって)、はしって湖に行ってしまうのですな。王子に去られてやさぐれる道化も可愛い♪

 主役がいなくなっちゃって、なんかもうぐだぐだというか、わりとどうでもいい気分になってきた貴族のみなさんが、酔っ払って寝ちゃった道化で遊び(ある意味では正しい道化の役割なのか)、カトルの女性vsアダージョ姫のビミョーな火花バチバチがあったり、でも最後はみんなやけくそで酒飲んで踊って帰るという、これだから貴族階級ってヤツはヨー、みたいな幕が閉まって、ああソ連だなあ、と思ったりもするので有りました。

| | コメント (0)

2018/06/22

明月院

 というわけで、主に紫陽花でない明月院の植物その他。

Kimg0717

 と言いつつ紫陽花もなw。

Kimg0721

 萩がちょっとだけ、花をつけてました。早いような気もするけど、そろそろなのかな。

Kimg0727

 出口近くにはいくつかの巣箱。もう少し空いてる時期なら鳥見もできるのかしらん。

Kimg0728

 こちらは決まった主がいるらしい( ̄▽ ̄)。ちなみにタローさん用もあり。

Kimg0735

 石材のストック……的な者ものもなにか趣あるようなないような。


Kimg0742

 随所にインスタスポット的にしつらえてあって、あざといようなおもてなしのような。

Kimg0744

 これなんかは昔から有るヤツ。

Kimg0745_2

Kimg0755_2


 いいのです、特に竹藪が(パパンダ的発言)。

Kimg0737


Kimg0752

 これは帰り道。

Kimg0760

 合歓。


Kimg0738

 お天気はよくはなかったけど、竹の音も気持ちよい日。

| | コメント (0)

2018/06/18

紫陽花寺

 東バの鎌倉公演に行ってきたので、ついでに寄った明月院など。チケットを取ったときは割と疲れていて、どこでもいいからちょっと遠目の所(でも泊まりではないくらいの場所)に行きたいなあ、鎌倉くらいならちょうどいいかなあと思ったのだけど、鎌倉芸術館は大船にあって、しかも14時開演とあってはたいしたところにも行けないのでありましたよ。さらに天気もよくないしな、ということで、いつも会社に行く時間に起きて、北鎌倉の明月院と円覚寺だけささっと回ってきたのですが、まあ雨は概ねやんでくれたし、ほどよく涼しかったし、明月院は案の定、くっそ混んでるし、というところで。

Kimg0706

 これはお寺へ行くまでの道の途中で。

Kimg0707

 ふちどりつきの紫陽花。

Kimg0712

 中に入ってからの行列の途中で撮ったのでブレてますが、お寺の中のカフェの庭になぜか岡本太郎のらしき椅子がありましてん。

Kimg0718

Kimg0715

Kimg0726

 ちょっとカチコミに行きそうなw。

Kimg0731

 とにかく人大杉で狙いもつけらんちうか。
 ほかの植物とかはまた。

| | コメント (0)

2018/06/05

BRB眠りつづき

 考えてみたら、コジョカルのオーロラは、少なくとも全幕では初めて見るのか。ガラでPDDだけとかは見たかどうか忘れてしまったのだけど。相変わらず脚の強い万全のお姫さまでありました。4人の弁護士ならぬ王子様はそんな衣装なのでサポートのみで踊りなし……コジョカルも大概自分で立っちゃうしなw。オーロラが倒れた後、3人で姫を抱え上げたので、1人ばっくれかよ! と思ったら、奥にある姫を寝かせるところ(寝台というより床)のクッションをぽんぽんしに行ったのでありました。

 まあ、そんなことはどうでもいい。

 フルバージョンなので、2幕冒頭の王子の狩りの場面も、おつきの人の目隠し鬼とかガボットだかメヌエットだかが入ってがっつりです。八百長ダーツがないけどな……(あれがあるのはボヤルチコフと松山くらいではないだろうかと疑い始めている……)。
 幻影の場面の音楽はとても好きなのですが、オーロラのソロの音楽は特に好き。森の精たちの群舞もとてもきれいで満足。パノラマは乗り物なしだったけど、スモークが多すぎたのか、オケピの最後列辺りの人たちは直撃くらったみたいでした。あの低く這う感じについつい「十戒」の「エジプト人の長子を殺す」の場面を思い出したりしてだな……(←集中力がない)。間奏曲はないけど、目覚めのPDDがありました。この構成は好きだな。なんとなくしっとりと終わるという。

 結婚式は、宝石(男女2組)、猫、青い鳥、赤頭巾。シンデレラとほか2組くらいが出席してるけど踊らない役。貴族のみなさんも1幕と同じく、みんなきちんとシルバーのかつら。赤頭巾まで正装用のかつらをかぶってましたよ( ̄▽ ̄)。頭巾もオレンジみたいな色だったかな。宝石と猫が今ひとつ面白くなかったな……。猫はなんやかんやで難しい役所だなあと改めて。というか、そもそも音楽が面白くないうえに長いので、きちんとキャラで立てないと難しいのかも。

 主役2人のGPDDについては言うことはないな……(というかもうあまり覚えてない)。フィッシュもさくさく決まるし、「おお!」といいながら見ていれば良いような安定した、美しいGPDD。しかし、全体を通じてライトが手を入れたところはあまり感心しなかったかも。あとあれだ、今に始まったことじゃないし、眠りに限ったことじゃないけど、自分、アラベスクのアテールで後ろに下がっていく振りが異様に好きだな( ̄▽ ̄)。
 指揮者は女性の方だったけども、割と個性的な解釈をするタイプの人なのかな。猫のところではちゃんと管が「ふにょぉ〜」っていう音程になるようにしてたり、いろいろと面白い工夫がありました。自分は嫌いではなかったな。毎回だとアレかもしれないけど、たまにはこんな感じの演奏もいいじゃん、くらいの。

 そしてとかく子ども向けのプログラムっぽく見られがちな「眠り」だけど、フルでやるとお子さんには大変長い( ̄▽ ̄)。今回、近くに小学生らしい坊ちゃんがいらっしゃって、それはそれはお行儀よく鑑賞してらっしゃいましたけど、2幕が限度だった模様。子どもが喜ぶであろう、着ぐるみの出番までもたなかったよ……。

 まあなにはともあれ「目の保養」と呼ぶにふさわしい(けど実際は結構目が疲れる)舞台でありました。オヘアさん、すてきだったな……(そこか)。
 

| | コメント (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »