« ブルメイステル版白鳥1幕 | トップページ | 夏休み子ども音楽会 »

2018/07/23

ブルメイステル版それぞれ

 時間経っちゃいましたけど(って7月全然更新してないじゃん!)、東バのブルメイステル版3キャスト4日( ̄▽ ̄)。それぞれによい味があって楽しかったですが、やっぱり一脚一脚にドラマを生み出す川島さんのオデット/オディールは最高でした! 

 水香ちゃんのオデットは何度か見ているけど、どんどんよくなってると思う。もしかしたらブルメイステル版が合ってるのかもしれないし、弾くんがどんどん面白くなってきてるので相乗効果もあるのかも。はかないというよりも意志的なオデットで、それはそれで悪くないなー、という。小悪魔系のオディールは本当に楽しそうだし。

 沖・宮川ペアはやはりフレッシュ! の一言。沖さんは若い「姫」だねえ。群れに守られてる感がある(川島さんは守ってる感があって、水香ちゃんは割とフリーダムw)。3人の中ではいちばんオデットとオディールの距離が短いので、その分「こりゃ騙されるかも」というのはあるかも(でもワルっぽさもちゃんとある)。宮川くんとは「若者同士のちょっとあぶなっかしいけどまっすぐな恋」みたいなところもあって、まあなんかロミジュリっぽいテイストもあったけど、それはそれでお話には合ってる気も。

 1幕のカトル、鎌倉で「吉川さんが進化してるーヽ(´▽`)/!」ってなったんですが、どの組もそれぞれによかったなあ。お気に入りは二瓶+政本組かも。今回は初演の時よりも、位置づけがしっかりしたというか。前のエントリで「王子のソロ」と書いたけども、リュート(?)持った踊りはカトルの面々がちょっと絡む。前にカトルの女性1人、後ろに男性2人、男性の肩にサポートされる感じで後ろに女性1人の菱形で、楽しくなさそうな王子に「どうしたの〜」という感じに(女性が前後交替で計2回)呼びかけるんだけど、前の女性が床に伏せてる間に王子が移動しちゃうもんだから、顔をあげて「あら王子は?」ってなるのに、政本さんだけ「何?何何何?!」って真顔になるのがすごいツボる( ̄▽ ̄)。政本さん、あんなにしっかりしてそうなのに、どっか天然なんだよな……。
 アダージョは吉川さんがピカイチ。もう「すでに悪魔の手先が偵察に……!」って思っちゃったよ( ̄▽ ̄)。三雲さんはそつなく上手いんだけど、もう少し三雲さんぽさがあるといいな。ちょっと前の吉川さんがそんな感じだったのに今はどんどん自分が出てきてるので、三雲さんも何かのきっかけで化けるかもしれない(フリッツをやるとか?)。

 永田くんと杉山くんが、侍従長と貴族の交替キャストだったんだけど、道化が寝ちゃった後に道化の持ってた棒付きの風船(なんかの内臓で作るんだろうなー)を持ってくるのも、鎌倉以外は二人の役。永田くんが「ふんふんふーん♪」って軽い感じで振り回しながら来たのに対し、杉山くんが女性たちに「これどう?」って差しだして「えー、いらなーい(引き)」「……そうかなあ、いいと思うけどなあ……君たちは?どう?」「え……いらない……(ドン引き)」「……(´・ω・`)ショボン……」ってなってたのが、いかにも杉山くんぽくてそっと腹抱えてました( ̄▽ ̄)。今回は永田くんのおっさんくささが随所で光ってたなあ。

 王子は、弾くんがメランコリック系だけど、基本的にはおっきなわんこ。愛され王子だな〜。秋元さんは正統派だけど、陽性というか。「リュート、いまいちなんだよな……」からの「弓だよ弓! オレ、こっちなんだよ、狩りだよ狩り!」でちょっと笑っちゃった( ̄▽ ̄)。まあオデットが来てからが本番だよね。宮川くんは折り目正しい騎士寄りの王子だけど、いろいろと「身分違い」を意識した工夫があったり。まだまだ伸びしろがあるな〜とか。

|

« ブルメイステル版白鳥1幕 | トップページ | 夏休み子ども音楽会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブルメイステル版白鳥1幕 | トップページ | 夏休み子ども音楽会 »