« バレエフェスAプロ後半 | トップページ | バレエ劇・プティパの時代 »

2018/08/17

Sasaki GALA とりあえず1部

 つうことで、久方ぶりにバレエフェスのガラに行きました。多分、9年ぶり2回目w。若い頃(当社比)は、ガラにしろABプロにしろ「長いなー、疲れたなー」みたいに思ったものですが、年を取ったら両日ともなんとなくつるつると終わってしまって、「あれもう半分?」なんて思いながら観てました。プログラムの組み方もあるかもしれませんが、もしかしてこれは「年を取ったら1年があっという間」の短いバージョンなのでわ……(´・ω・`)。……ま、実際は、転職して勤務時間やらなんやらが変わったために、Aプロは半休を取って、会社近くの銭湯で一風呂浴びてゴロゴロダラダラしてからだったし、ガラは夏休み(職業訓練中を除けば四半世紀ぶり!)の終わりの方で、体力的にラクだったのかもしれません。
 そんなわけで、今日も今日とて4階センターでございますよ。センターだと格段に身体がラクだというのもあるなあ。

【第15回 世界バレエフェスティバル】ガラ - Sasaki GALA - 8/15(水)


「ドリーブ組曲」
振付:ジョゼ・マルティネス 音楽:レオ・ドリーブ
レオノール・ボラック ジェルマン・ルーヴェ

 ボラックもルーヴェもAプロよりずっとよいなあ。ルーヴェはジュテというより、両脚を開いて跳ね上がるようなジャンプがすごく気持ちよいな。アラベスクなんかでも、脚の出し方が気持ちよいような気がする。前にジョゼが着ていた衣装と違ったけれど、今回の方が「バレエらしい」感じではある(その分、前の方が洒落てたような気はする)。よい幕開け。

「ライムライト」
振付:カタジェナ・コジルスカ 音楽:ニュー・タンゴ・オルケスタ
エリサ・バデネス

 「ライムライト」といえばチャップリンのアレを思い出してしまうけど、これは舞台照明の意味でいいのかな。そう思うと「ああなるほど」という感じの、丸いスポットの組み合わせというシンプルな照明ながら、そこをバデネスが踊っていくことによって互いにエッジが効いてくるような作品。こういうのは嫌いじゃないな〜。


「白鳥の湖」より グラン・アダージオ
振付:レフ・イワーノフ 音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
オレシア・ノヴィコワ デヴィッド・ホールバーグ

 久しぶりにマリインカの白鳥を見た! の感。ちょっと音楽が遅めだったのかな。ノヴィコワの白鳥は水の中をたゆたっているような。そしてホールバーグは空気のような。いやいや、空気のようにサポートが出来るってのは、そりゃやっぱりたいしたもんですよ。背景幕は新調した方じゃないんだなー(そこはどっちでもいい)。

「アリシアのために―アリシア・アロンソに捧ぐ」
振付:タニア・ヴェルガラ 音楽:フランク・フェルナンデス
ヴィエングセイ・ヴァルデス

 手前に置かれた椅子がアロンソ。時折アロンソの映像が重なり(4階からだと上の方がカットされちゃうんだけどさー)、何気にえらいテクニックの振りが挟み込まれたりしながら師のために踊る……ああ、キューバは本当に偉大な人を亡くしたんだなあ……、とほろっと涙を流したりしながら観ておりまして、家に帰ってから「まだ死んでねぇよ!」と思い出しましたとさ……orz。だって捧げてるし!
 それはそれとして、舞台映像としては主にアロンソのジゼルが取り上げられておりましたが、キューババレエのジゼルとか呼んでもらえませんかのう……。ダンサー個人ではなくカンパニーを観る機会ってないからねえ。

「タイス (マ・パヴロワより)」
振付:ローラン・プティ 音楽:ジュール・マスネ
マリア・アイシュヴァルト ロベルト・ボッレ

 タイスの瞑想曲はひところシェスタコワがよく夏のガラで踊っていて(相手はシャドルーヒンだったかな)、それによると確か「娼婦の回心」的な物語だったと思う。今回は「マ・パヴロワ」からだし、もちろん振付家も違うのだから違う話なのかもしれないけど、アイシュヴァルトにはその物語を彷彿とさせるような聖性が感じられたな−。アイシュヴァルトはアブストラクトでも物語性をもって踊れるんじゃないだろうか。
 そしてボッレはまあ一流の「ロールスロイス」だな! 出すぎることのないなめらかな(完璧な)サポート。これはこれでやっぱり一流だねえ。


「グラン・パ・クラシック」
振付:ヴィクトル・グゾフスキー 音楽:フランソワ・オーベール
ドロテ・ジルベール マチアス・エイマン

 スーシャものが2本続いてしまった( ̄▽ ̄)。ドロテの踊り癖というよりも、ロシアとフランスとの違いかなー、と思う箇所もいくつか。振りではなくてアクセントの付け方、特に手の動かし方かな。それにしても脚が強くないと踊れない演目とはいえ、脚が強いねえ。やっぱりガラにはこういう演目が1本ないと。

|

« バレエフェスAプロ後半 | トップページ | バレエ劇・プティパの時代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バレエフェスAプロ後半 | トップページ | バレエ劇・プティパの時代 »