« Sasaki GALA とりあえず1部 | トップページ | 横浜のプティパ・レクチャー »

2018/09/23

バレエ劇・プティパの時代

 いろいろ積み残してますが、余りレポを見ないので、目黒バレエ祭りの「子どもがよくわかる!バレエ劇 プティパの時代」からいきましょうか。
 今年はプティパの生誕200年だかなんだかで、東バもプティパのガラを、演目違いで3種類(目黒・横浜・掛川)と行いましたが、子ども向けのプティパのレクチャー的なものとして、この「バレエ劇」が企画されたようです。まあ「バレエ劇」がどういうものとして命名されたのかわからないけど、あまり「バレエ劇」ふうでもなかったかな。

 演者は二人。バレエの舞台裏というか、衣装工房のような場所で、作業台やら衣装を着たトルソやらが置いてある部屋で、靴職人のおっさんと衣装を仕立てるお姉さんがお互いにウンチクを語り合うというもの。まずは後ろの壁にスライドショー的なものを映しながら、バレエにとって衣装や靴、小道具などの裏方の仕事がどれほど大切かということが、これはナレーションだったかと思うけど、語られて、その後二人の登場。ギリシャやローマのダンスはサンダルで踊られた、という辺りから始まって、バレエ衣装史のような話が、手仕事の合間のおしゃべりとして紹介されていきます。おしゃべりなので、あまり体系だってはなく、あっちいったりこっちいったり、「それで思い出したけどさあ」みたいな調子で、タリオーニが爪先で立ったのはほんの一瞬だっただぜいとか、ニジンスキーが半ズボンはかないだけで解雇されたのは酷いよねー、みたいな感じで、ゴシップ的な話も含めて。

 そんな調子なんでプティパにたどりつくまでがだいぶ長かったんだけど(笑)、スライドショー的なもので該当する写真や絵、話に出てくる人物の肖像と名前(←コレ大事!)が映し出されるのでたいへんわかりやすかったです。脚のテクニックが発達してくるとともに、それを見せるためにスカートが短くなっていくという場面で、トルソの来ているチュールを「くるぶしまで!」「ふくらはぎまで!」……って剥いでいくのとかも面白かったし。個人的に面白かった話としては、ギリシャからフランスに至るまで、ダンスは特に衣装といったものがあったわけではなく、普段着(貴族の「普段着」だったりもするけど)で踊られていたって辺りだろうかな。あと、トゥシューズのリボンは、ギリシャ・ローマ時代のサンダルの編み上げ(スパルタクスのアレみたいなヤツ)を模して、脱げないように付けたという話にぢぶんの「へえ」が5つくらい付きました(古いw)。最初の頃の照明は天井の巨大なシャンデリアにともされたろうそく(だからオペラ座の怪人で降ってくるシャンデリアはあんなに巨大なんだな)なので、上演中の客席もずっと明るかったとか、衣装に火が燃え移ってやけどで亡くなったリヴリーの話とか。

 で、プティパがロシアに行って、マリインスキーに雇用されまして。プティパと言う人はマイムに優れていたという話は横浜の方であったのですが、いわゆる演技派だったそうです。当時禁じられていた舞台上での接吻シーンで評判になったりしてね。対して、当時大人気のサン=レオンという人はとにかく器用で、踊りが上手くて、バイオリンが上手くて、多分(←ここ重要)イケメンであった、と。なので、踊りながらバイオリンを弾いちゃったりしてたらしいんですね。しかし、次第に飽きられていったのは何故でしょう、とここで客席のお友達に質問! 二人のお友達(小学生)がお答えしてましたけど、とってもよかったですよ! 「バレエは手や指の動きで気持ちを伝えないといけないのに、バイオリンを弾いてると手が使えないから」 すごいでしょ!

 でまあ、ようやっとプティパの時代の話になりまして。当時のバレリーナとそのファンの話題で、出待ちのファンの男性たちがバレリーナの馬車の馬をはずして自分たちが馬車を引いてホテルに送り届けた話やら、バレリーナたちがファンからもらった宝石をすべて(えこひいきのないように)衣装につけて舞台に出てプティパが怒ったようなはなしとか(この辺りでクシシェンスカヤdisがw)。

 最後に郵便屋さん(宅配?)が過去の名演の入ったテープだかを届けに来て、120年前からいくつかの演技を上映。最初の古い物はまさに「無声映画」の芝居のよう。その後だいぶ今のバレエに近くなり(80年前だったかなー)、さらにアクロバティックなリフトやダイブがばんばん入るようになり、ワシリーエフとマクシーモワが出てきたところで、「そういえば大ホールでワシリーエフの振り付けたドンキをやるのよね?」「それじゃ私たちも行かなくっちゃ!」「じゃね!」ってな感じで終わりました( ̄▽ ̄)。

 概ね予定通りの時間に終わったのですが、なにしろ順当に終わっても開演15分前。移動にたいした時間はかからないのがわかっていても、軽い遅刻恐怖のある自分にはちょっとストレスな時間割でした。前日は昼の回だけで終わりだったんだから、その後にやってくれればなー。話はちょっととっちらかってたけど、面白かったですです。

 

 

|

« Sasaki GALA とりあえず1部 | トップページ | 横浜のプティパ・レクチャー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Sasaki GALA とりあえず1部 | トップページ | 横浜のプティパ・レクチャー »