« 露坐の大仏おわします | トップページ

2018/12/06

マリインスキーのすべて

 3日で5公演って、久しぶりに無理をしましたが、とりあえず2日のマリインカから。今回はこれ1公演だけでした。3階正面でA席……(NBSはまだBだよね?)。 
 指揮はアレクセイ・レプニコフ。さすがにマリインスキー管。のっけから「音が違うわあははは」って感じでしたが、時々妙な感じも。なんつうか、パートごとにタイミングがあってないというか。まあ席のせいかもしれないですけどね。

第1部「ショピニアーナ」
作曲:フレデリック・ショパン  振付:フォーキン  改訂振付:ワガノワ
アリーナ・ソーモワ、ザンダー・パリッシュ
 
 今回はこれがいちばん「マリインスキーらしい」満足感がありました。折角の3階席なので、ソリストよりも群舞をもっぱら堪能。ソリストの踊りだとワルツがよかったな。

第2部「マリインスキーの現在」
『眠れる森の美女』よりローズ・アダージョ
振付:プティパ/セルゲーエフ 音楽:チャイコフスキー
エカテリーナ・オスモールキナ、ロマン・ベリャコフ、コンスタンチン・ズヴェレフ 他

 クラシック演目には劇場の客席を舞台から見たような背景幕付き。オスモールキナは、目が覚めるような、というわけではないけれど、典雅なというか、アカデミックなオーロラ姫。王子たちは「各国の」というほど民族衣装的なものではないけど、おそろいでもない衣装。赤タイツの王子(にしてはちょっと薹立ちした感じの)が、サポート担当でもないのにばらを回収したりかいがいしく働いておった(演技も多分いちばん細かかった)。

『ソロ』
振付:ファン・マーネン 音楽:J. S. バッハ
フィリップ・スチョーピン、ヤロスラフ・バイボルディン、マキシム・ゼニン

 3人で「ソロ」? と思ったら、3人で入れ替わり立ち替わりにソロを踊り、最後にちょっとだけ全員で踊る。どんどん曲が速くなっていって、最後の方は本当に忙しそうで、体力だなーとは思うけど、そんなに面白くはない。

『海賊』第2幕のパ・ド・ドゥ
振付:プティパ 音楽:アダン
永久メイ&アンドレイ・エルマコフ

 うわさの永久さんは、失礼を承知で第一印象を言えば「なるほど西洋人好みの日本人だなー」という感じで、ああ本当に失礼だな、自分。海賊はどこからこんな子どもをさらってきちゃったんだ、という。大変華奢なんだけど、腕を開いたときに空間がすごく大きくて、この辺りが素質として評価されたんだろうなー、と思いました。むしろクララかオーロラを見たかったかな? エルマコフはお目付役の頼りになる先輩でありました。

『バレエ101』
振付:ゴーティエ 音楽:ペーター・アーベレ
ウラジーミル・シクリャローフ

 前に見た時も書いたけど、やっぱりオチが好きじゃないなあ。初見がいちばんで、何度も見て面白い演目でもないしな。最後暗転したあとに、ナレーターに一発くらわせて「101ポジション!」ってダンサーがドヤ顔して終わる、てのがいいな。若い頃のマラーホフがやったらどんなになるかはちょっと見たかったですね。

『フラッシュ・バック』より パ・ド・ドゥ
振付:イリヤ・ジヴォイ 音楽:アルヴォ・ペルト
エカテリーナ・コンダウーロワ&ロマン・ベリャコフ

 前のシクリャローフの上半身が残ってるのかと思ったら、コンダウーロワが向こう向いて座ってたという( ̄▽ ̄)よい出だしでした。コンダウーロワがすごいチリチリヘアでびっくりしたけど、かつらだよね?
 プログラムを買ってないのでシチュエーションが全然わかりませんが、腐れ縁の男と女の暴力的な駆け引きみたいな感じ。全幕が見たくなるようなものでもなかったですが(きっとろくな話じゃないな、という感じ)、今回のコンテの中ではいちばん見応えがありました。

『タリスマン』
振付:プティパ 音楽:ドリゴ
予定キャスト:レナータ・シャキロワ&キミン・キム

 噂のキミンを初めて見ましたが、まあ飛ぶわ回るわ、あんまりすごいんで途中で笑い出しちゃったよ( ̄▽ ̄)! 3階からみてもあれだけ高く跳んでるんだもんなあ。役にはまったらすごいだろうねえ。シャキロワは今回見た中では、好みのタイプのダンサーでした。

第3部「パキータ」より グラン・パ
作曲:ミンクス  振付:プティパ 改訂振付・構成:スメカロフ/ブルラーカ
予定キャスト:ヴィクトリア・テリョーシキナ/ティムール・アスケロフ

 待ってましたのテリョーシキナ。パキータはカンパニーによって構成が違うので、日頃見ないヴァリエーションが入っているのも楽しい。マリインカだったらトロワ入りでもよいのになー。ヴァリはエトワールの2人を除いて4人だか5人だか。個人的には3ヴァリの人(パープルのチュチュ)が好みでした〜。とはいうものの、前日兵庫のドンキからトンボ返りというのもあったかと思うけど、全体に精彩を欠いた感じは否めないかな……。テリョーシキナだったらもっと行くんじゃない? みたいな感じが残っちゃうのは期待値が高いからしょうがないのかだけども。ま、コーダの回転はもの凄い早さで回っていたのだけど、自分が求めるのはソコジャナイ感じでな……。あんまりガシガシ日程詰めて「……まあこの日程じゃね」というのもどうかと思うんだよな……折角のマリインスキーなんだしな。

|

« 露坐の大仏おわします | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 露坐の大仏おわします | トップページ